CD 輸入盤

ピアノ作品全集 アシュケナージ(13CD)

ショパン (1810-1849)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4782282
組み枚数
:
14
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ショパン:ピアノ作品全集(13CD)
ウラディーミル・アシュケナージ

1974-85年ステレオ&デジタル録音。ピアニスト、アシュケナージの最高傑作とされ、世界で高い評価を獲得したのがこの「ショパン:ピアノ作品全集」です。
 ここでは、ショパンの演奏に不可欠な繊細な抒情・感傷性から、ダイナミックで鋭利な激しさに至るまで、デッカの誇る録音技術によって、たいへん優れた音質で収録されており、耳なじんだ有名曲の数々が、純度の高い美しいタッチによって、鮮烈に再現されているのです。現代におけるショパン演奏の模範としても安心してお薦めできる内容です。
 また、この全集の重要なポイントとして、レコーディングの順序が作曲年代順に決定されていたということが挙げられます。この方法は、曲種別にまとめられる全集化を意識しなければできない、アルバム個別としてみれば、商業的なリスクを伴う方法でしたが、音楽的には理にかなった方法といえるのではないでしょうか(ちなみに最初に発売された全集は、それらのアルバムを単にセットにしただけだったため作曲年代順の収録でしたが、廉価再発売に当たって、曲種別に組みなおし便利な体裁となりました。)。
 また、収録作品の数が非常に多く、「フーガ」など、知名度の低い作品まで網羅されているのも嬉しいところで、このセットがショパンの全集として、演奏・音質・選曲とも高度に練り上げられた優秀なものであることはまず間違いのないところでしょう。

【収録情報】
DISC-1
・24の前奏曲 op.28
・前奏曲第25番嬰ハ短調 op.45
・前奏曲第26番変イ長調(遺作)
・即興曲

DISC-2
・4つのバラード
・4つのスケルツォ

DISC-3
・夜想曲第1番−第12番

DISC-4
・夜想曲第13番−第21番

DISC-5
・12の練習曲 op.10
・12の練習曲 op.25
・3つの新練習曲(遺作)

DISC-6
・ポロネーズ第1番−第7番

DISC-7
・ポロネーズ第8番−第16番

DISC-8
・19のワルツ

DISC-9
・マズルカ第1番−第29番

DISC-10
・マズルカ第30番−第58番

DISC-11
・ピアノ・ソナタ第2番変ロ短調 op.35『葬送行進曲付き』
・ピアノ・ソナタ第3番ロ短調 op.58
・幻想曲ヘ短調 op.49

DISC-12
・ピアノ・ソナタ第1番ハ短調 op.4
・『スイスの少年』(ドイツ民謡)による変奏曲ホ長調(遺作)
・ロンド ハ短調 op.1
・3つのエコセーズ op.72-3
・ロオンド・ア・ラ・マズール(マズルカ風ロンド)ヘ長調 op.5
・葬送行進曲ハ短調 op.72-2
・コントルダンス変ト長調
・ロンド ハ長調 op.73
・4手のための変奏曲ニ長調(「ヴェネツィアの謝肉祭」による)

DISC-13
・変奏曲イ長調『パガニーニの思い出』(「ヴェネツィアの謝肉祭」による)
・華麗なる変奏曲変ロ長調 op.12(エロールの歌劇「リュドヴィグ」のロンド主題による)
・ロンド変ホ長調 op.16
・ボレロ ハ長調 op.19
・カンタービレ変ロ長調
・『ヘクサメロン』変奏曲ホ長調
・ラルゴ変ホ長調
・アレグロ・ド・コンセール(演奏会用アレグロ)イ長調 op.46
・タランテラ変イ長調 op.43
・フーガ イ短調
・『アルバムの一葉』ホ長調
・『春』ト短調(同名歌曲 op.74-2の編曲)
・2つのブーレ
・ギャロップ・マルキ変イ長調
・子守歌変ニ長調 op.57
・舟歌嬰ヘ長調 op.60

 ウラディーミル・アシュケナージ(ピアノ)
 ヴォフカ・アシュケナージ(第2ピアノ)

 録音時期:1974-1985年
 録音方式:ステレオ&デジタル

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 1 in C major
  • 02. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 2 in A minor
  • 03. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 3 in G major
  • 04. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 4 in E minor
  • 05. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 5 in D major
  • 06. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 6 in B minor
  • 07. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 7 in A major
  • 08. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 8 in F sharp minor
  • 09. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 9 in E major
  • 10. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 10 in C sharp minor
  • 11. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 11 in B major
  • 12. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 12 in G sharp minor
  • 13. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 13 in F sharp minor
  • 14. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 14 in E flat minor
  • 15. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 15 in D flat major 'Raindrop'
  • 16. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 16 in B flat minor
  • 17. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 17 in A flat major
  • 18. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 18 in F minor
  • 19. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 19 in E flat major
  • 20. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 20 in C minor
  • 21. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 21 in B flat major
  • 22. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 22 in G minor
  • 23. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 23 in F major
  • 24. Preludes (24) for piano, Op. 28, CT. 166-189: No. 24 in D minor
  • 25. Prelude for piano No. 25 in C sharp minor, Op. 45, CT. 190
  • 26. Prelude for piano No. 26 in A flat major ('Presto con leggierezza'), KK IVb/7, CT. 191 (B. 86)
  • 27. Impromptu for piano in A flat major, Op. 29, CT. 43
  • 28. Impromptu for piano in F sharp major, Op. 36, CT. 44
  • 29. Impromptu for piano in G flat major, Op. 51, CT. 45
  • 30. Fantasy-Impromptu for piano in C sharp minor, Op. 66, CT. 46

ディスク   2

  • 01. Ballade for piano No. 1 in G minor, Op. 23, CT. 2
  • 02. Ballade for piano No. 2 in F major, Op. 38, CT. 3
  • 03. Ballade for piano No. 3 in A flat major, Op. 47, CT. 4
  • 04. Ballade for piano No. 4 in F minor, Op. 52, CT. 5
  • 05. Scherzo for piano No. 1 in B minor, Op. 20, CT. 197
  • 06. Scherzo for piano No. 2 in B flat minor, Op. 31, CT. 198
  • 07. Scherzo for piano No. 3 in C sharp minor, Op. 39, CT. 199
  • 08. Scherzo for piano No. 4 in E major, Op. 54, CT. 200

すべての収録曲を見る >

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショパン生誕200年に贈る、ショパン演奏史...

投稿日:2010/07/13 (火)

ショパン生誕200年に贈る、ショパン演奏史に輝き続ける金字塔。とくにショパンを学習されるお子さんがいらっしゃる家庭にはぜひ家宝としてお持ちいただきたいセット。聴こえ方に若干違いがあるのは、アナログとデジタルの録音の違いではなく、11年間に使用された様々な録音場所の違いによるピアノや音響の違いによるものと思われます。アナログとデジタルの境目を感じさせないのはすばらしいことではないでしょうか? 誰もが評価する英DECCAの優秀録音は、バックで鳥の声(24の前奏曲)やクラクション(ロンドop.73)が聞こえるほどクリアです。 さて、内容についてですが、ときに力強く、ときに繊細なタッチでドラマチックかつロマンチックなショパンの世界を描き出すピアニズムに我を忘れます。そしてアシュケナージというピアニストの真骨頂であり、その人柄を象徴するのは、ディスク12,13に収録されているような演奏機会に恵まれない作品でも、丁寧な解釈と演奏でショパンならではの世界を描き出していることです。

CHOPINIST さん | 大阪府 | 不明

5
★
★
★
★
☆
全集としては、これほどまとまりが良く、演...

投稿日:2009/11/11 (水)

全集としては、これほどまとまりが良く、演奏の質の高いものはなかろう。音質にバラつきはあるが、表現・技巧ともにまさに定番の名に恥じぬもので、申し分ない。一定の節度を守りながら自己主張するアシュケナージらしいロシア的ピアニズムを堪能できる。ショパン作品を本腰入れて聴きたい人にもピアノを習う人にお手本やリファレンスとして聞いてもらうにも、まずこれから入るべしと薦められるものだ。欲を言えば、協奏曲などオケつきの曲も加えてもらえればいいのだが。さらに、これを足がかりに、ポリーニなりアルゲリッチなりフランソワなりコルトーなりとの比較に手を染めていけば、ショパン演奏史という大海原を楽しく回遊できるだろう。

eroicka さん | 不明 | 不明

6
★
★
★
★
☆
テンポが速く激しい曲など指の移行が激しや...

投稿日:2008/07/11 (金)

テンポが速く激しい曲など指の移行が激しやすく、音が濁ったり、籠ったりで小喧しい箇所も見受けられるが、バラードやノクターン等、長い音のニュアンスやフィーブルな表現では波頭の置き方がとても丁寧で、響きが中空を伸縮しながら浮遊しているようで、暫しトランス状態に陥り旋律をも忘れてしまう。これは曲自身が持つ美しさを演奏が超えてしまった瞬間かも知れない。マズルカやポロネーズ等、曲によってはルービンシュタインやアルゲリッチ、ミケランジェリ、フランソワ等の方が一枚上だが、演奏の質量、特に録音状態を考慮すれば完成度が高く、全集として最もショパンの『美心像』に近いのは、このアシュケナージかも知れない。

レエル さん | 不明

4

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショパン (1810-1849)

。39年の短い生涯を、作曲とピアノ演奏で駆け抜けた「ピアノの詩人」の素晴らしい音楽が世界中で鳴り響きます。世界各国でさまざまなコンサートやイベントがおこなわれ、CDやDVDなど、数多くの音楽ソフトもリリースされ、ショパンの音楽が過去最高の注目を集めるにぎやかな年になりそうです。

プロフィール詳細へ

ショパン (1810-1849)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト