ショスタコーヴィチ(1906-1975)

人物・団体ページへ

CD

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番『革命』(1959)、プロコフィエフ:古典交響曲 バーンスタイン&ニューヨーク・フィル

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC1791
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ソニー・クラシカル名盤コレクション1000
バーンスタイン/ショスタコーヴィチ:交響曲第5番(1959年録音)、他

期間生産限定盤

バーンスタインは1959年、手兵であるニューヨーク・フィルを率いてモスクワ公演を行い、作曲者自身が来場したショスタコーヴィチの交響曲第5番を演奏、終演後にショスタコーヴィチから絶賛され、握手を求められたというエピソードは有名。そのツアーの凱旋公演の直後にボストンのシンフォニー・ホールでのセッション収録されたこの「第5番」は、再録音もあるものの、余計な思い入れを排してストレートに取り組んだ爽快感が格別です。(SONY)

【収録情報】
● ショスタコーヴィチ:交響曲第5番ニ短調 op.47『革命』

 録音時期:1959年10月20日
 録音場所:ボストン、シンフォニー・ホール

● プロコフィエフ:交響曲第1番ニ長調 op.25『古典交響曲』

 録音時期:1968年3月5,19日
 録音場所:ニューヨーク、フィルハーモニック・ホール

 ニューヨーク・フィルハーモニック
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

【ソニー・クラシカル名盤コレクション1000】
これが全世界を100年間感動させてきたクラシックの名盤だ! ラフマニノフから五嶋みどりまで、2大クラシック・レーベル、ソニー・クラシカルとRCA RED SEALを中心にソニー・ミュージックが所有する多彩なクラシックの名盤・銘盤・超盤・定盤・迷盤・奇盤・珍盤・お宝盤を、新規ライナーノーツ、一部世界・日本初CD化も含む驚愕の価格1,000円+税(2枚組は¥1,500+税)で100タイトルを2ヶ月にわたってリリース。(SONY)

内容詳細

ショスタコーヴィチはモスクワ公演で作曲者から絶賛された、ツアー後に録音された記念すべきバーンスタイン最初の第5番。パッションあふれる快演が聴ける。語り口の巧妙な古典交響曲も聴きごたえあり。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショスタコーヴィチは古い録音ですが、歪み...

投稿日:2017/04/12 (水)

ショスタコーヴィチは古い録音ですが、歪み感も少なく聴きやすい音質です。ただステレオ感の広がりは大きいのですが、やや中央部が薄いように思われます。演奏は素晴らしいです。ジャケット写真も印象的です。

ルシータ さん | 東京都 | 不明

0
★
★
★
★
★
私たちの年代では、昔慣れ親しんだ懐かしい...

投稿日:2016/02/05 (金)

私たちの年代では、昔慣れ親しんだ懐かしいジャケットにしびれる。もうすでに3枚程別バージョンの同盤を持っているがまー、とにかく買おう。 これは、こうゆうジャケットを採用する人のセンスが光る。とにかく、これだけ、内容解説書ジャケットと良いのは、珍しい後年の東京のライブより相当良いと思う。セッシオンながら、音と音のあいだから汗が飛んできそうな演奏だ。新世界、春の祭典(NYP)なども出して欲しい。

laki さん | 愛知県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)

「わたしの交響曲は墓碑である」という“証言”の中の言葉によって象徴されるショスタコーヴィチの音楽と生涯への価値観の変質は、今もって盛んな議論と研究、演奏解釈によって再認識過程の最中にあるとも言えますが、作品によってはすでに演奏年数も75年に及び、伝統と新たな解釈の対照がごく自然におこなわれてきているとも言えそうです。 圧政と戦争の象徴でもあったソビエト共産主義社会の中に生き、そして逝ったショスタコ

プロフィール詳細へ

ショスタコーヴィチ(1906-1975)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品