オーリック、ジョルジュ(1899-1983)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

心象の産物 ジャン=フィリップ・コラール、ミシェル・デボスト、クロード・デスュルモン、ミシェル・コマン、ジャック・カゾーラン、他

オーリック、ジョルジュ(1899-1983)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029553459
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ジャン=フィリップ・コラール/オーリック:心象の産物 第1-6集

ジョルジュ・オーリックは、1899年マルセイユ近郊のロデーウ生まれ。幼い頃から優れた楽才を示し、パリ音楽院を経て、1914年からスコラ・カントルムでダンディに師事。この間にサティ、ミヨーらとも知り合い、「六人組」として、フランスの音楽シーンの活性化に努めました。1924年から、ディアギレフ率いるロシア・バレエ団のために幾つかの作品を書き、1930年からはジャン・コクトーの革新的な映画「詩人の血」を初めとし、その後40年間に渡って150近い数の映画音楽を作曲。『美女と野獣』『ローマの休日』『恐怖の報酬』などの名画が含まれています。
 この『心象の産物』は、1968年から作曲を始めた作品で、彼より若い作曲家の仲間たちの影響を受けたより現代的なスタイルで、さまざまな楽器の組み合わせのための書かれた、重要な作品のひとつです。コラール、デボストなど1970年代のフランスの名アーティストらが演奏した貴重な音源が、初CD化で登場です。
 オリジナル・マスタテープより、2018年24bit/96kHzリマスターが施されています。(輸入元情報)

【収録情報】
オーリック:
● 心象の産物 第1集(フルートとピアノのための)
● 心象の産物 第2集(チェロとピアノのための)
● 心象の産物 第3集(クラリネットとピアノのための)
● 心象の産物 第4集(歌とピアノのための)
● 心象の産物 第5集(ピアノのための)
● 心象の産物 第6集(器楽アンサンブルとピアノのための)


 ミシェル・デボスト(フルート)
 クロード・デスュルモン(クラリネット)
 フレデリック・ロデオン(チェロ)
 ミシェル・コマン(ソプラノ)
 ジャック・カゾーラン(コントラバス)
 パレナン四重奏団
 ジャン=フィリップ・コラール(ピアノ)

 録音時期:1978年3月
 録音場所:パリ
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)
 初CD化

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
”想像”と題された室内楽六題をオーリック...

投稿日:2019/03/15 (金)

”想像”と題された室内楽六題をオーリックが書いている その凡てに使われているピアノをコラールが弾いている これが素晴らしい これとDuoを組むフルートのデボスト クラリネットのデスュルモン チェロのロデオンがまた素晴らしい 名手たちが挑むオーリックの小品は難曲である イメージを喚起するような表題もなく 音符から何を想像するかは演奏者と聴衆に委ねられている ピアノ・ソロ曲もあるが ソプラノが登場する第IV曲では想像の手がかりになる”ことば”が登場するのかと思えば A(ア)の発声だけで意味を持たない 第VI曲は弦楽五重奏にピアノとこれまでに出たFl, Cl, Sop.が入って賑やかな曲になる 6曲別の曲だが 続けて聴くと不思議に流れを感じる たくさんの映画音楽を書いたオーリックだが 純音楽作品に毅然とした意思の芯が通っている 音楽の生成と展開に一部の隙も弛みもない 筋肉質の強靭さと迸る生命力を感じずにいられない 六人組の牽引車足らんとした気概の片鱗が見える あなたも如何 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

2

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品