エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ

人物・団体ページへ

ゴーストタウン チェルノブイリを走る 集英社新書ノンフィクション

エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206081
ISBN 10 : 4087206084
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
池田紫 ,  
追加情報
:
18cm,254p

内容詳細

写真と文で伝える、事故から25年後のチェルノブイリ。放射能汚染で移住を余儀なくされた人々の、かつての生活のぬくもりの残骸を求める孤独なバイクの旅。原発事故に揺らぐ日本人必読の詩的文明批評。

【著者紹介】
エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ : 1974年ウクライナ、キエフ生まれ。モーターサイクリスト。写真家。チェルノブイルの証人として撮影を続けている

池田紫 : 1975年神奈川県生まれ。翻訳家。慶應義塾大学にて博士号を取得。エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワのウェブサイトの邦訳を行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ふろんた さん

    自己を境に時が止まってしまったチェルノブイリ。静謐で美しさも感じるが、同じことが起こってはならない。

  • どんぐり さん

    キエフから北に向かったいわゆるチェルノブイリの「死のゾーン」。だれもいない道をバイクで走るエレナ・フィラトワが、膨大な数の写真とともに記したレポート。「今でも、人間はいろいろなところに暮らしている。けれど、幸せそうで、若くて、裕福な人は見つからないだろう。多くは年寄りで、残りの人生をふるさとで送りたいと願っているのだ・・・。暮らせる程度の汚染で済んでいて、安全な場所もあるが、この地域のインフラはめちゃめちゃだし、仕事もないし、若い人をひきつけるものは何もない。この地域は死んでいく」。チェルノブイリのことを

  • wisteria さん

    震災後にチェルノブイリに関心を持った方は多いのではないでしょうか?私もその一人です。人の気配のない、かつて人のいた町のシンとした風景の中、エレナさんはどんな気持ちでここに立ったのかなと考えました。不思議と美しい写真が多かったので。自分がたった一人でこの景色の中に立っている様な気持ちになりました。「リクビダートルたち」、この章が一番のショックでした。悲しいです。人間は恐ろしい。

  • kubottar さん

    バイクはカワサキニンジャが好きというモーターサイクリストによる写真集。チェルノブイリは人間の手が入ってないお陰で動物たちの楽園になっているようですね。廃墟になっている建物も不謹慎ながら美しく感じてしまいます。

  • yooou さん

    ☆☆☆☆★ 既にブログで読んでいた部分もあったけど、今この時期改めて読み返す意味は大きい。こんな悲劇、こんな場所をこれ以上増やしてはならない。また都市の生活を優先して地方を犠牲にしてはならない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

エレナ・ウラジーミロヴナ・フィラトワ

1974年ウクライナ、キエフ生まれ。モーターサイクリスト。写真家。チェルノブイルの証人として撮影を続けている

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品