日本の犬猫は幸せか 動物保護施設アークの25年 集英社新書

エリザベス・オリバー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087208054
ISBN 10 : 4087208052
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
170p;18

内容詳細

現在、日本全国で年間約19万頭もの犬や猫が自治体施設に収容されているが、そのうち13万頭近くが殺処分されている。昨今、犬猫の殺処分が社会問題となっているが、いまだ日本ではペットの入手先として人々がまず思い浮かべるのはペットショップで、保護施設から動物を譲り受けるケースは一般的でない。日本在住45年、動物保護施設「アーク」として組織的に活動を始めて25年になる著者が、自身の経験をもとに日本の動物保護の現状や問題点を明らかにする。また、母国である英国の動物保護の実態や日本の行政の課題、災害時のペットの安全対策なども論じる。

目次 : 第1章 アニマルシェルターとは(シェルター運営は現実と向きあう/ アニマルシェルターとは ほか)/ 第2章 捨て犬・捨て猫を作らない(日本の行政には動物福祉専門の部署がない/ 飼い主に見放されたペット ほか)/ 第3章 犬猫の里親になろう(日本人は「子犬」が大好き/ 無節操な繁殖で燃え尽きる犬たち ほか)/ 第4章 震災からペットを守る(連携を欠いた支援者たち/ 災害時の動物救援に関する提言 ほか)/ 第5章 ペットの未来―ベストパートナー(敬遠される動物愛護活動/ 感傷で動物は救えない ほか)

【著者紹介】
エリザベス・オリバー : アニマルシェルター「アニマルレフュージ関西(通称アーク)」代表。アークは1990年設立。1999年NPO団体となる。2008年RSPCA(英国王立動物虐待防止協会)の協会員として日本で初めて認定される。2012年日本での長年の動物愛護への貢献を認められ、英国エリザベス女王より大英帝国五等勲爵士を受勲。現在、大阪・能勢、兵庫・篠山で保護施設を運営、東京に連絡事務所を置く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 宇宙猫 さん

    ★★★ イギリスの動物保護のことも書いてあるとのことで読んだけど、少し触れられてる程度だったのが残念。

  • 緋莢 さん

    日本で飼われている犬・猫は約2000万。それは15歳未満の子どもの数・約1649万よりも多い。しかし、一方で年間19万もの犬や猫が自治体の施設に収容され、13万頭近くが殺処分されている。ペットを飼う際に、保護施設から譲り受けるのではなく、ペットショップで買うというのが多い日本。動物保護の現状や問題点は何か。動物保護施設「アーク」を設立して25年の著者が論じる。

  • にがうり さん

    猫を多頭飼いしています。半分は元野良猫。これ以上面倒見れないので、近所で野良猫を見かけても、殺処分の現状にも、「ごめん」と見て見ぬふりをするしかなく、ときどき苦しくなります。本書を読む限り、日本は動物保護に関しては後進国です。著者のように果てしない問題に正面から立ち向かえる勇気ある人はごくわずかで、自分を守るために見てみぬふりをしている人が大半ではないでしょうか。動物の命に無関心な社会で人だけが幸せになれるとは思えない。本書のタイトルは、日本人は幸せか、と突きつけられているようにも思えます。

  • Sayaka Sasaki さん

    臨床も行政も経験してるのでこの本に思うことは色々あります。 先進国では新しくペットを求める際訪れるのは保護施設。日本人はペットショップで0歳の純血種。その裏には繁殖マシンと化した犬たちの存在。 日本の制度を責めても仕方ない。寄付をはじめ英国とは文化が違う。動物に関わる人の不勉強とモラルの低さが多くの不幸を招いていると思う。 動物もだけど、人間の里親制度も日本でもっと進んでほしいと思います。

  • mick さん

    日本の現状と、英国の動物保護活動を知ることができる。動物に関するニュースにはアンテナをはっているが、こうして昔からの流れを読むと一歩一歩進みつつあること、遅々とした歩みであることの両面を感じさせられる。日本の法律、行政のあり方など腹立たしくなってしまう。安楽死など、個々の動物の命とどう対するか、考えれば考えるほど難しい問題だ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品