アレックス バナヤン

人物・団体ページへ

サードドア 精神的資産のふやし方

アレックス バナヤン

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492046531
ISBN 10 : 4492046534
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
456p;20

内容詳細

「あなたはどうやってキャリアを踏み出したのか――」
18歳の大学生が、ビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなど、
米国各界の著名人に次々と突撃インタビュー!

いつだって、そこにある「成功への抜け道」
何者でもない自分の、何者かになる物語。

★セレブ珠玉の名言が満載! 20歳のときに知っておきたい「連敗の必勝法」
★自分の小さな殻を破りたい人のための、「第1歩の踏み出し方」
★全米話題! 「自分らしい人生のはじめ方」をめぐる大学生の冒険成長物語!
★ジェットコースター級の超エンタテインメント、笑いあり涙ありのドタバタ劇!
★年齢や立場を超えて訴えかけてくる、現代人の普遍的な生きる姿が描かれる!

ビル・ゲイツ、マヤ・アンジェロウ、スティーブ・ウォズニアック、
ジェシカ・アルバ、ピットブル、ティム・フェリス、クインシー・ジョーンズ、
ジェーン・グドール、ラリー・キングなど、そうそうたる面々にインタビューをした著者は、
彼らの人生の始まりには、共通のカギがあることに気づく。

彼らはみな、サードドアをくぐりぬけて成功を収めたのだ。

【サードドアとは】

人生、ビジネス、成功。

どれもナイトクラブみたいなものだ。
つねに3つの入り口が用意されている。

ファーストドア:
正面入り口だ。長い行列が弧を描いて続き、入れるかどうか
気をもみながら、99%の人がそこに並ぶ。

セカンドドア:
VIP専用入り口だ。億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが
利用できる。

それから、いつだってそこにあるのに、
誰も教えてくれないドアがある。
サードドアだ。

行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして
窓を乗り越え、キッチンをこっそり通り抜けたその先に─―
必ずある。

ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、
スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで
史上最年少の監督になれたのも、……みんな、
サードドアをこじ開けたからなんだ。

【推薦の言葉】

冒険、ドラマ、すばらしい教訓が詰まっている。企業幹部も、大学を出たばかり
の人も、きっとインスピレーションと知恵を得られるはずだ。
─アリアナ・ハフィントン

笑って、泣いて、まるで感情のジェットコースターに乗っているよう。とにかく
興奮しっぱなしだった。

─エリアンナ・ムリリョ

どんなビジネス書とも違う。希望、喜び、野心、自己発見が詰まった、笑えてゾ
クゾクする本だ。時には著者に声援を送り、時には涙が滴り落ちる。この本を読
んで私は、人生を謳歌したくなった。
─マヤ・ワトソン・バンクス

【著者紹介】
アレックス バナヤン : 1992年8月10日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。作家。19歳でシリコンバレーの投資家になった大学生。世界最年少ベンチャーキャピタリスト、米国クラウン・パブリッシャーズ史上最年少契約。フォーブス誌「30歳未満の最も優れた30人」、ビジネス・インサイダー誌「30歳未満の最もパワフルな人物」として選出、紹介。キーノート・スピーカーとして各地で講演。アップル、グーグル、ナイキ、IBM、ディズニーなどの著名企業で講演を行う

大田黒奉之 : 京都大学法学部卒業。洋楽好きが高じ、主にミュージシャンの伝記の翻訳を手掛けるようになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tonkotsu さん

    表紙の帯にはビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなどの錚々たるメンツが並ぶ。18歳の大学生(アレックス・バナヤン)がこれらの著名人に突撃インタビューをするノンフィクション。読んで半分くらいで、これは人によって評価が二分するなと思ってレビューを見ると5点満点で1点と5点が交互に並んでいた(個人的には5点)。現在のVUCAな不安定時代に求められるビジネスの神髄を学ぶことができる、今の大学生や新卒の人に読んでもらいたい一冊。非常に読みやすいので450ページがあっという間に感じられる。

  • Takeya さん

    人生、ビジネス、成功。どれも入り口は3つ。1stドア: 長い行列が弧を描いて続き入れるかどうか気をもみながら99%の人がそこに並ぶ。2ndドア: VIP専用入り口。億万長者、セレブ、名家に生まれた人だけが利用できる。また誰も教えてくれないのが3rdドア。行列から飛び出し、裏道を駆け抜け、何百回もノックして窓を乗り越え、キッチンを通り抜けたその先に必ずある。ビル・ゲイツが初めてソフトウェアを販売できたのも、スティーヴン・スピルバーグがハリウッドで史上最年少の監督になれたのも、3rdドアをこじ開けたから。

  • よっち さん

    18歳の大学生がビル・ゲイツ、レディー・ガガ、スピルバーグなど、米国各界の著名人に次々と突撃インタビュー。正面入口でもVIP専用入口でもないもうひとつの入口を提示した一冊。平凡だった一人の大学生が、成功者した偉人たちにインタビューするために試行錯誤しながら敢行してゆく成長の物語で、迂闊で至らない部分があっても失敗を恐れない前向きな気持ちがあって、真面目に無難にという方向に意識が向きがちな世の中にあって、コネクションを作って人との繋がりを活かしつつ、正しい方向にチャレンジし続ける大切さを改めて実感しました。

  • 香菜子(かなこ・Kanako) さん

    サードドア: 精神的資産のふやし方。アレックスバナヤン先生の著書。ファーストドアやセカンドドアではなくて、サードドアを目指す。簡単にできることではないけれど、それが人生をより豊かにするための近道なのかも。そのためには経済的成功や経済的資産をふやすことではなくて、精神的資産のふやし方を学ばないと。

  • mattu さん

    裏口から近づく方法ではない気がする・・・失敗も成功も行動の結果でしかない。そこから学び次に進んでいく。そして、自分のことではなく、相手の事を考えることで歩みが加速するのかな

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

アレックス バナヤン

1992年8月10日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。作家。19歳でシリコンバレーの投資家になった大学生。世界最年少ベンチャーキャピタリスト、米国クラウン・パブリッシャーズ史上最年少契約。フォーブス誌「30歳未満の最も優れた30人」、ビジネス・インサイダー誌「30歳未満の最もパワフルな人物」とし

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品