人物・団体(アーティスト) My ページにブックマーク登録する

ページで絞り込む

人物・団体名(アーティスト)で
絞り込む

表示順:

Bill Evans (piano)

Bill Evans (piano) ( ビル・エヴァンス ) アーティストTOP 商品一覧

William John Evans こと Bill Evansは、大恐慌が勃発した1929年8月16日、ニュージャージー州、プレインフィールドに生まれている。長じてビルは奨学金で南ルイジアナ大学に入学している。 続きを読む

登録  

Miles Davis

Miles Davis ( マイルス・デイヴィス ) アーティストTOP 商品一覧

 Miles Dewey Davis Vは、1926年5月26日、イリノイ州アルトンに生まれている。歯科医の父と音楽教師の母の元、生後移住したセントルイスの黒人中流階級の家庭でマイルスは育っていった。 高校卒業後、すぐに当時のビバップ俊英たちが集まっていたセントルイスの名門バンド、Billy Eckstine’s big bandに加入、。ここでCharlie parker とDizzy Gill 続きを読む

登録  

Norah Jones

Norah Jones ( ノラ・ジョーンズ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

John Coltrane

John Coltrane ( ジョン・コルトレーン ) アーティストTOP 商品一覧

 1926年9月23日に生まれたジョン・コルトレーンは、1950年代初頭Dizzy Gillespieのバンドから本格的なジャズ活動を開始、1955年、心機一転を狙ったMiles Davis Quintetに入団、初めのころの非難轟々の時期を乗り切って、1956年の「マラソン・セッション」のころには個性を確立しつつあった。 この歴史に残る4枚の作品に参加しえたことが、ジャズファンにとってはコルトレ 続きを読む

登録  

Wes Montgomery

Wes Montgomery ( ウエス・モンゴメリー ) アーティストTOP 商品一覧

ウエス・モンゴメリーはオクターブ奏法を完成させ、ジャズギターを大衆化した人気ギタリスト。しかし、経済的にはなかなか恵まれなかった。近年、ウエスの大衆路線の作品が若い新しいファンに聴かれ、ウエスの人気は復活しつつある。その根底にあるのはウエスの演奏が持つ「歌心」と「暖かい音色」だろう。心をほっとさせる“カリフォルニア・ドリーミング”の演奏は永遠に不滅だ。 続きを読む

登録  

Diana Krall

Diana Krall ( ダイアナ・クラール ) アーティストTOP 商品一覧

1981年、ダイアナに転機が訪れる。「ヴァンクーヴァー・ジャズ・フェスティヴァル」の奨学金を得て、バークリー音楽院に入学することになったのだ。一年半の猛勉強の後、ダイアナは故郷へ戻った。ここで、今度は現在にまで繋がる大きな出会いがあった。地元ナナイモで演奏していたダイアナを、当地に来ていたベーシストのレイ・ブラウンが耳にしダイアナを協力にバックアップすることになる。 続きを読む

登録  

Karen Souza

Karen Souza ( カレン・ソウサ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Chet Baker

Chet Baker ( チェット・ベイカー ) アーティストTOP 商品一覧

チェットはドイツのベルリンに派遣され、ここでVディスクなどで初めて本格的にジャズに触れることになる。ディジー・ギレスピーこそがはじめてのアイドルであり、やがてハリー・ジェームスが加わった。ハリー・ジェームスを好むあたりにも、ビバップの香りだけでない、オシャレな音楽家チェットの面影が浮かんでくる。 続きを読む

登録  

Thelonious Monk

Thelonious Monk ( セロニアス・モンク ) アーティストTOP 商品一覧

 Thelonious Sphere Monkことセロニアス・モンクは、1917年10月10日に生まれ、ニューヨークに移住した後、このジャズのメッカで育ち、5歳にはピアノを始めていたという。 モンクにおける最大の素晴らしさは、演奏だけでなく、ライヴ映像が物語る、他の追随を許さない“カリスマ性”を持った姿、「ジャズのプリースト−高僧」と呼ばれる孤高の姿。そして、現代に至るまでジャズというジャ 続きを読む

登録  

Keith Jarrett

Keith Jarrett ( キース・ジャレット ) アーティストTOP 商品一覧

1990年代中盤過ぎ、精神的なプレッシャーから、立ち止まったキースだが、『Melody At Night With You』で見事復活、さらに2000年にはパリでのスタンダード・トリオによるライブ盤『Whisper Not』を発表する。確かに、かつての氷を凍らせるようなハイテンションと、鼓膜を緊張させる美しいピアニズムにはまだ遠いが、キースの持ち味を十分に発揮した演奏は、21世紀に向かって彼の新し 続きを読む

登録  

Brad Mehldau

Brad Mehldau ( ブラッド・メルドー ) アーティストTOP 商品一覧

 メルドーの出世のきっかけになったのは,いまをときめくジョシュア・レッドマンのグループへの参加以降だろう。ブライアン・ブレイドとともに参加した1994年発表の『Mood Swing』はメロドーの名前を一躍高めることになり、ワーナー・ブラザースと契約、1995年には『Introducing Brad Mehldau』でデビューした。二つのトリオで録音されたこの作品はプロ受けする内容からいまだ名声には 続きを読む

登録  

Herbie Hancock

Herbie Hancock ( ハービー・ハンコック ) アーティストTOP 商品一覧

 1940年シカゴに生まれたハービー・ハンコック。1963年マイルス・デイヴィス・クインテットに加入しその後はメインストリームの中で最も先行した動きの中で活動してきた。 60年代後期から電気楽器、エクイップメントに通じ、アルバム『ヘッドハンターズ』で個性を確立、さらに『フィーチャー・ショック』は音楽的にも、そして、PV(プロモーション・ヴィデオ)という存在を世間に知らしめたという意味でも記 続きを読む

登録  

渡辺貞夫 (Sadao Watanabe)

渡辺貞夫 (Sadao Watanabe) ( ワタナベサダオ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Sonny Rollins

Sonny Rollins ( ソニー・ロリンズ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Melody Gardot (メロディ・ガルドー)

Melody Gardot (メロディ・ガルドー) ( メロディー・ガルドー ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Oscar Peterson

Oscar Peterson ( オスカー・ピーターソン ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Miles Davis  /  John Coltrane

Miles Davis / John Coltrane ( マイルス・デイヴィス/ジョン・コルトレーン ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Ella Fitzgerald

Ella Fitzgerald ( エラ・フィッツジェラルド ) アーティストTOP 商品一覧

 エラ・フィッツジェラルドの声の魅力は、張りのある高音とスキャットになったときに、搾り出すように歌う独特のグルーヴ感、そして、何よりステージでの清々しいまでの爽やかさである。どこか隣のお店のオバチャンが歌う、そんな安心感と、歌い始めたときの素晴らしくスピードに乗ったスイング感は御三家随一だ。若くしてビッグバンドの女性リーダーとして責任を持ったエラは、どこか安定感では一番だった。ヴォーカル御三家の中 続きを読む

登録  

大西順子

大西順子 ( オオニシジュンコ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

Stan Getz

Stan Getz ( スタン・ゲッツ ) アーティストTOP 商品一覧

登録  

%%header%%閉じる

%%message%%