トップ > 音楽CD・DVD > クラシック > シベリウス(1865-1957) > シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、シュニトケ:合奏協奏曲 クレーメル、ロジェストヴェンスキー&ロンドン響、グリンデンコ

シベリウス(1865-1957)

Blu-spec CD シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、シュニトケ:合奏協奏曲 クレーメル、ロジェストヴェンスキー&ロンドン響、グリンデンコ

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、シュニトケ:合奏協奏曲 クレーメル、ロジェストヴェンスキー&ロンドン響、グリンデンコ

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (4 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:4件中1件から4件まで表示

  • ★★★★★ 

    ルシータ  |  東京都  |  不明  |  2017年12月21日

    この頃のクレーメルは技術的には最高です。録音も素晴らしいです。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    つよしくん  |  東京都  |  不明  |  2012年08月19日

    現在では押しも押されぬ巨匠ヴァイオリニストとして世界的な活躍をしているクレーメルによる若き日の名演だ。クレーメルは、現在でもそうした評価がなされているが、超絶的な技巧をベースにしつつ、現代的なセンスに持ち溢れた鋭さを感じさせる演奏を行うことで世に馳せている。本盤におさめられたシベリウスのヴァイオリン協奏曲、そしてシュニトケの合奏協奏曲ともに、そうしたクレーメルの個性が溢れた演奏に仕上がっていると言える。クレーメルのヴァイオリン演奏の引き立て役は、これまた現在ではロシアを代表する大指揮者に成長したロジェストヴェンスキーであるが、ロジェストヴェンスキーはロシア音楽を得意とはしていたが、シベリウスについても得意としていた。現在では入手難となっているが、かつての手兵であるモスクワ放送交響楽団とともにシベリウスの交響曲全集をスタジオ録音している。当該演奏は、オーケストラがいかにもロシア色濃厚な演奏を行っていることもあって、必ずしもシベリウスに相応しい演奏とは言い難いものがあったが、それでも総体としては考え抜かれた立派な演奏であり、交響曲第3番や第7番の録音を遺したムラヴィンスキーや、近年のマリス・ヤンソンスなどと並んで、ロシア系の指揮者としては希少なシベリウス指揮者と言えるところだ。本盤の演奏は、オーケストラがシベリウスの名演を様々な指揮者と行うなど、定評のあるロンドン交響楽団であり、ロジェストヴェンスキーとしても、オーケストラのロシア的な色合いに邪魔されることなく、正に水を得た魚の如き演奏を行っていると言える。その演奏は、若干ロマンティシズムに傾斜しつつあるきらいもあるところであるが、クレーメルの一切の甘さを排した鋭角的で霧味鋭いアプローチが、演奏全体を引き締まったものとするのに大きく貢献しており、こうした指揮者とヴァイオリニストがお互いに足りないものを補い合った結果が、本演奏を名演たらしめるのに繋がったとも言えるところだ。シュニトケの合奏協奏曲は、ロシアの現代作曲家による作品だけに、ロジェストヴェンスキー、クレーメルともに、お互いの才気が迸るような見事な名演に仕上がっていると高く評価したいと考える。第2ヴァイオリンを担当したタチアナ・グリンデンコによるヴァイオリン演奏も見事であると言える。いずれにしても、本盤の演奏は、ロジェストヴェンスキーとクレーメル、そしてグリンデンコというロシア系の音楽家がお互いの才能をぶつけ合うとともに、足りないものを補うなど相乗効果を発揮させた素晴らしい名演と評価したい。音質については、従来CD盤でも1977年のスタジオ録音ではあるものの、比較的満足できる音質であったと言えるが、これだけの名演だけに、長らくの間、高音質化が望まれてきた。そのような中で、今般、かかる名演が待望のBlu-spec-CD化がなされたということは、本演奏の価値を再認識させるという意味においても大きな意義があると言える。とりわけ、クレーメルのヴァイオリンの弓使いが鮮明に再現されるのは殆ど驚異的であり、あらためてBlu-spec-CD盤の潜在能力の高さを思い知った次第だ。いずれにしても、クレーメル、そしてロジェストヴェンスキー&ロンドン交響楽団による素晴らしい名演をBlu-spec-CDで味わうことができるのを大いに喜びたい。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    CB  |  山梨県  |  不明  |  2011年05月23日

    クレーメルは現代のヴァイオリニストの中でも傑出した鬼才といわれている人ですが、このシベリウスは数多ある演奏の中でも最高の部類に入ると思います。技巧は無論のこと、気迫のこもった熱のある演奏で、名器を名人が演奏することによる美しい音色と豊かな音楽性は他の追随を許しません。 シュニトケなどは、まさにクレーメルの真骨頂とも言うべきもので、何も言うことはありません。 LSOの美しい響きが更にこのCDの価値を高めています。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    金太  |  滋賀県  |  不明  |  2010年10月22日

    クレーメルのこのシベリウスは、とにかく上手い。 第一楽章のワクワクするソロ。第二楽章の、果しなく続く針葉樹の見える丘。第三楽章の完璧なフラジョレット。 ロジェストヴェンスキーの指揮も大変いい。何度聴いても感動させてくれるCDだ。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:4件中1件から4件まで表示