マーラー(1860-1911)

CD Sym.5: Mehta / Lapo

Sym.5: Mehta / Lapo

商品ユーザレビュー

  • ★★★★★ 
    (10 件)
  • ★★★★☆ 
    (0 件)
  • ★★★☆☆ 
    (0 件)
  • ★★☆☆☆ 
    (0 件)
  • ★☆☆☆☆ 
    (0 件)

レビューを書いてみませんか?

レビューを書く

検索結果:10件中1件から10件まで表示

  • ★★★★★ 

    eroicka  |  不明  |  不明  |  2012年10月15日

    メータはロスフィルの明るいながらも品位のあるサウンドを生かしながら、若々しい高揚感ある演奏をしている。テンポは速めで動く。オケの(特に金管)の巧さが印象的だ。このメータのマーラーチクルスは、ウィーンフィルと共演した復活は別格だが、いずれも彼のキャリアを飾る名演奏で、全曲録音にならなかったのは残念だ。メータは再録音もしており、そちらのほうが造形的な完成度は高いが、この若さ溢れる演奏の方が一筆書きの勢いがあり、圧倒的に聴いていて面白い。メータは年輪を重ねるにつれて演奏が慎重になり、オペラ以外は、若手時代の覇気に溢れた演奏の方が素晴らしいことが多いが、この曲もその例に漏れない。昔、2500円だったLPの音源が、いまやこんなランチか弁当代のような値段で買えるのだから、一度聴いてみても損はなかろう。

    5人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    たか  |  長野県  |  不明  |  2012年06月13日

    高校時代に初めて買ったマラ5がこれでした。 いわゆるスリコミってやつですが、久しぶりに聴いたところその素晴らしさに感心してしまいました。 皆さんが書かれてる通り、実に音楽的で良い意味で健全なマーラーですよね。歌心もあり、出るべきところ十分に出る、至れり尽くせりのサービス満点の演奏だと思います。 ロスフィルも十分に検討していて、何より音に潤いとボリューム感があるのが素晴らしいです。 これを機にメータ/ロスフィルを聞き直すことにします。しかし、1980年前後は小澤/BSOの巨人(旧録)、アバド/CSOの復活、レヴァインの一連の録音など、新時代のマーラー演奏が次々と出て来て楽しかったですね。 

    4人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    NAKAKO  |  長崎県  |  不明  |  2011年08月05日

    流麗、瀟洒、洒脱、逸品です。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    まこと  |  大阪府  |  不明  |  2010年02月03日

    最近また以前のようにスマートな姿に戻ってちょっとビックリしたメータだが、デッカと入れたマーラーの交響曲録音が5番まででストップしてしまったのは残念でならない。1〜5番のいずれも名演であるが、世評の高い2番ももちろん、この5番も素晴らしい演奏だ。オケはVPOではなくロスフィルなのはちょっと残念だが、この時期のこのコンビはデッカの明快な録音とも相まって実に魅力的な演奏を展開している。ロザンゼルスという名前から来るイメージとは違って、VPOを目指していたのか?とも思わせるほどに落ち着いた音色と、やはりアメリカのオケだなと思わせるような恰幅のよさを兼ね備えた独特の魅力をこの時期のロスフィルは有している。メータの指揮は曲にまっすぐに対峙した姿勢で、なおかつスター指揮者特有の華やかさもあり、クライマックスの盛り上げ方も実に堂に入っている。このコンビで6番以降も聴いてみたかった。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    猫助  |  福岡県  |  不明  |  2010年01月09日

    メータのマーラー5番は当盤を含め3種聴いたがいずれも厭味が無く好印象。5番に限らずメータのマーラーは案外良いというのが小生の持論。

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    七海耀  |  埼玉県  |  不明  |  2009年12月09日

    これは、隠れ名盤なのではあるまいか。要するに、欠点が少ない。全体に早めのテンポがとられているが、ショルティの最初の録音のような、突撃式マーラーではない。しかし、最初の2つの楽章など、音楽が停滞しないし、スケルツォも17分そこそこで、流れが良い。ティンパニが明瞭に聞こえるのも良い。アダージェットも耽溺しないが、美しい。フィナーレのコーダも、うまくまとめている。録音も非常によく、スタンダードな好演として、広く勧められる。私なら、インバルのデンオン盤より、こちらをとる。

    3人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    桐嶋屋勝造  |  愛知県  |  不明  |  2009年04月25日

    健康的で美しいマーラーです。デッカのスターだった時代の演奏です。 小澤征爾さん、アバドとともに将来どんな巨匠になってくれるだろうという期待を持っていました。 残念ながらその後伸び悩んでしまい、この時代の演奏が最も良かったと言わざるを得ないですね。 第二番復活の名演とこの演奏とあと第一番、三番は一度は聴かれると良いと思います。

    2人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    のらくろ  |  札幌  |  不明  |  2007年03月06日

    1976年録音なのでアナログ時代の時間制限を考慮した録音を思えばこの時代の演奏としては素晴らしいと思えます。65分位の早めのテンポ設定ですが、当時はLP一枚に収めたのでしょうか、この時代のメータの造形力のしっかりした演奏が聴いて取れます。マーラーに対する共感という点においては、ユダヤ人でもなければ直接関わりがあったわけでもないので、それほど深くは無く、ややあっさりした演奏に聴こえますが、そこは正直でむしろ純粋に音楽的で好ましく聴かせ所も心得、もしかすると作曲された当時の演奏に近い形かもしれません。

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    blue no water  |  tokyo,suginami  |  不明  |  2006年07月23日

    聴いててわくわくします。 オーケストラも気持ちよくやっている感じがするし。 録音もいいし。 当時、メータ氏は40歳 そこそこでした。 今、その年代の指揮者で これだけ楽しめるマーラーを 聞かせてくれる人がいるでしょうか?

    0人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

  • ★★★★★ 

    温泉パパ  |  函館市  |  不明  |  2006年06月05日

     メータ/LAPO時代後期を代表する名演だと思います。オケは超一流とは言えないもののメータの意を良く受け止めて全力を振り絞っていますし,メータもしばしば見られるテンポの違和感を感じさせず,この曲にふさわしいすがすがしい解釈。同時期に相前後して出たカラヤン盤やアバド旧盤に挟まれ,陰に隠れてしまった感があり,やや残念。隠れた名盤と言うべきでしょうか?録音も優秀!

    1人の方が、このレビューに「共感」しています。

    このレビューに 共感する

検索結果:10件中1件から10件まで表示