トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > 「ヴァントとベルティーニ」(許光俊)

「ヴァントとベルティーニ」(許光俊) 許光俊の言いたい放題へ戻る

%%header%%閉じる

%%message%%

2006年7月11日 (火)

連載 許光俊の言いたい放題 第57回

「ヴァントとベルティーニ」

 ヴァントの映像が一気にDVD化される。NHK交響楽団などとは違って、北ドイツ放送交響楽団のコンサートはすべてがテレビで放送されるわけではない。が、幸いにも、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭における貴重なブルックナーやシューベルトは、好ましい音質で記録されていたのだ。
 実はかつて私は、ハンブルクで知り合った人からヴァントのテレビ録画が存在すると聞き、ビデオデッキを委ねて、コピーを作ってもらっていた。ヨーロッパと日本ではテレビの規格が違うので、日本向きに変換すると画質は劣化してしまうのだが、その演奏がどれもこれも非常にすばらしかったので、ひそかに楽しんでいたのである。だが、ヴァントの死後も映像化の予定がないと聞き、残念に思っていただけに、今度、突如として複数タイトルが発表されたのは、なんともありがたいのである。
 まず初回に出る2点だが、これはもうどちらも最高。第5番は、確かヴァントが最後にこの曲を振ったときの記録で、ヴァントならではの正確で透明で端正で高貴なブルックナー解釈の極致。ベルリン・フィルを指揮した第5番も圧倒的だったが、真にヴァントらしい演奏というなら、こちらだ。久しぶりにヴァントのブルックナーを聴いて、うわあ、本当にすごい、めちゃくちゃすごいと大感激した。詳細は解説を見てください。
 で、やっぱりヴァントのブルックナーは第5番に尽きるなあなどと思ったのだが、第6番を聴いたら、いやはやこちらもすごいと、一瞬にして感想が変わった。第1楽章頭のリズムの刻みだけで、演奏のクオリティがわかる。完璧な透視画法のようだ。第2楽章も熟成の最高地点に到達している。それに、ハイドンがまたすばらしいこと。特にフィナーレの絶妙の響きの変化、表情の変化、呼吸や間を聴いてください、見てください。こういうのを至芸と言うのだ。こんな指揮者が、数年前まで生きていたのだという事実にあらためて打ちのめされた。こちらでは、私は会ったことがないが、舩木篤也さんという人が、いい解説を書いている。
 そして、画質、音質とも文句なし。会場はどちらもリューベックの新しいホールで、きわめて明晰な音響を誇る。ハンブルクのムジークハレ以上である。これでこそ、ヴァントの細かな音楽作りがバッチリ楽しめるのだ。
 さらに今後の発売では、私個人の趣味では、シューベルトの第5番をもっともほめ称えたい。これはもう、完璧に磨き上げられた宝飾品のように美しい演奏で、溺愛している演奏である。

 それと、先頃物故したベルティーニのマーラー交響曲全集が再発される。これはベルティーニの代表作だ。ケルン放送響とともに、彼にとっても最高の仕事をしてのけた。改めて聴いて、フランス音楽のような妖しいまでの音響の美しさ、耽美的でいて、奥深い感情を秘めた音楽のゆらめきに感銘を受けた。音色は明るく、リズムもくっきりしているが軽薄ではない。グロテスクではない、洗練された音響美が示され、妙なる調和の世界が描かれる、きわめてユニークなマーラー解釈である。第7番の中間楽章なんか、ちょっと驚きの美しさだし、第8番、「大地の歌」あたりは超絶の名演奏。私はインバルという指揮者も好きだが、こと録音に話を限れば、インバルの全集よりこっちのほうが好きだし、クーベリックよりもずっといいと思う。バーンスタインも好きだけど、荒れ狂うだけがマーラーではないことを教えてくれるこの演奏はもっと注目されるべきだ。
 こちらの解説も依頼されたのだが、「今度出したら、次はいつ出せるかわかりません。書きたいことはみんな書いてください」というものすごい原稿依頼だった(ちなみに、私にとってはこういうのが、書き手冥利につきる依頼のやり方)。聴きどころはそちらで書いたので、参考にしてください。
 なんだか、すごい、すごいとばかり書いたが、仕方がない。本当にすごいんだもの。

(きょみつとし 音楽評論家、慶応大学教授) 


⇒評論家エッセイ情報
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第5番 ヴァント&NDR交響楽団(1998)

DVD

交響曲第5番 ヴァント&NDR交響楽団(1998)

ブルックナー (1824-1896)

ユーザー評価 : 5点 (7件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥4,180
まとめ買い価格(税込) : ¥3,595

発売日:2005年07月21日

%%header%%閉じる

%%message%%

フィーチャー商品

洋楽3点で最大30%オフ このアイコンの商品は、 洋楽3点で最大30%オフ 対象商品です

フィーチャー商品

  • オレのクラシック

    本

    オレのクラシック

    許光俊

    ユーザー評価 : 3.5点 (6件のレビュー)
    ★★★★☆

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:2005年07月


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 絶対!クラシックのキモ

    本

    絶対!クラシックのキモ

    許光俊

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:2004年05月


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 世界最高のクラシック 光文社新書

    本

    世界最高のクラシック 光文社新書

    許光俊

    ユーザー評価 : 4.5点 (3件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥792

    発行年月:2002年10月


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • オペラに連れてって!完全版

    本

    オペラに連れてって!完全版

    許光俊

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:2003年03月


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • クラシック批評という運命

    本

    クラシック批評という運命

    許光俊

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥2,200

    発行年月:2002年06月


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • 究極!クラシックのツボ

    本

    究極!クラシックのツボ

    許光俊

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:2002年01月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • クラシック、マジでやばい話 クラシック恐怖の審判

    本

    クラシック、マジでやばい話 クラシック恐怖の審判

    許光俊

    ユーザー評価 : 4.5点 (3件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:2000年11月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%


    • 欲しい物リストに入れる
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • こんな名盤はいらない

    本

    こんな名盤はいらない

    許光俊

    ユーザー評価 : 2.5点 (3件のレビュー)
    ★★★☆☆

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:1999年12月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%

  • クラシックを聴け! お気楽極楽入門書

    本

    クラシックを聴け! お気楽極楽入門書

    許光俊

    ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー)
    ★★★★★

    価格(税込) : ¥1,760

    発行年月:1998年09月


    • 品切れ
  • %%header%%閉じる

    %%message%%