ドゥセ&アンサンブル・コレスポンダンス/ドラランド:グラン・モテ集

2022年01月26日 (水) 13:00 - HMV&BOOKS online - クラシック


フランス宮廷の寵愛を受けた天才作曲家ドラランド
ルイ14世の葬儀でも演奏された『ディエス・イレ』ほか至高の作品集


鍵盤奏者、指揮者のセバスティアン・ドゥセのもとに2008年にリヨンで創設されたアンサンブル・コレスポンダンス。17世紀のフランス宗教音楽を中心レパートリーとし、著名な作曲家の作品を再発見するなど、その精力的な演奏・録音活動で定評のあるアンサンブルとしてフランスの古楽界を牽引する存在となっております。
 このたび彼らが収録したのは40年以上にわたって宮廷に仕えた作曲家ドラランドの作品。ドラランドはサン=ジェルマン・ロクセロワ教会の聖歌隊で学び、才能あるオルガン・チェンバロ奏者だった彼は同時代の人々から「ラテンのリュリ」と呼ばれ、1683年春、王の音楽団体(ミュジク・ド・ロワ)に入ります。すぐに王に才能を認められ、礼拝堂の副室長、音楽監督(1689)、作曲家(1690)、そして楽長(1709)という4つの主要ポストを歴任し、礼拝および室内の音楽団の長を40年以上にわたって務め、王の日々の礼拝の音楽から夕餐の音楽など、主要な音楽の一切を取り仕切っていました。ここに収録されたのは、ドラランドが主要ポストを務めて間もないころに作曲された3つのモテットと、夕餐のための音楽からの抜粋。
 『ディエス・イレ』は1690年5月5にサン=ドニ教会で執り行われたバイエルン王妃マリー=アンヌ=クリスティーネの葬儀のために作曲されたものですが、のちにルイ14世の葬儀(1715年10月23日、同じサン=ドニ教会)でも演奏されたと考えられています。『四重奏』は器楽曲ですが、これがまた実に雄弁な演奏。王がドラランドを重用したのも納得の充実の楽曲です。『ミゼレーレ』は、聖週間の最後の3日間におこなわれたテネブレの礼拝で演奏されたと考えられています。ドラランドの、そして17世紀フランス音楽の最高傑作のひとつともいえる作品で、気高い美しさに満ちています。(輸入元情報)

【収録情報】
ドラランド:グラン・モテ集


● ディエス・イレ(怒りの日) S31(1690)
● 四重奏〜王の夕餐のためのシンフォニーの第3のカプリスより S162/5
● ミゼレーレ S27(1687)
● 来たれ、創造主よ S14(1684)

 アンサンブル・コレスポンダンス
 セバスティアン・ドゥセ(指揮)

 録音時期:2021年2月
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
グラン・モテ集 セバスティアン・ドゥセ&アンサンブル・コレスポンダンス

CD輸入盤

グラン・モテ集 セバスティアン・ドゥセ&アンサンブル・コレスポンダンス

ドラランド、 ミシェル=リシャール(1657-1726)

価格(税込) : ¥2,959

会員価格(税込) : ¥2,317

まとめ買い価格(税込) : ¥1,924

発売日: 2022年02月19日

16件中1-16件を表示
表示順:
※表示のポイント倍率は、ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

チェックした商品をまとめて

チェックした商品をまとめて