新体制 ACCEPT 3年ぶりのニューアルバム 絶賛発売中!

2021年01月29日 (金) 14:00

|

HMV&BOOKS online - ロック , HMV&BOOKS online - 洋楽




※発売日が当初予定されていた1/15(金)から、1/29(金)に変更になりました(世界同時発売)。

ドイツの重鎮ヘヴィメタル・バンド、アクセプトが3年ぶり、16枚目となるニュー・アルバムをリリース。ハードでヘヴィ。フックたっぷりのリフに重低音コーラス。再びプロデューサーにアンディ・スニープを迎え、驚きのトリプル・ギター体制で制作された本作でもアクセプト節が大爆発!ヘヴィメタルを聴きたければ、アクセプトを聴け!


ドイツを代表するヘヴィメタル・バンド、アクセプト。79年にバンド名を冠したアルバムでデビュー。82年にリリースされた『Restless and Wild』のオープニング・ナンバー、「Fast as a Shark」は、当時としては革新的なスピード・ナンバーであり、スラッシュ・メタル誕生の1つのきっかけとなった、つまりメタルの歴史を変えた楽曲の1つである。翌83年の『Balls to the Wall』はビルボードTOP100にランクイン、アメリカでゴールド・ディスク認定されるなど、世界的なヒットとなった。ベートーヴェンの「エリーゼのために」をギターソロに取り込むなど、クラシック的要素も強調された85年の『Metal Heart』は、リリースから35年経った今でもメタル・ファンの愛聴盤であり続けている。

89年にバンドは一旦解散。その後何度か復活、再解散を繰り返すが、大きく風向きが変わったのが09年のこと。この年T.T.クイックのマーク・トーニロをヴォーカリストに迎え、完全復活を宣言したアクセプトは、翌年14年ぶりとなる新作『ブラッド・オブ・ザ・ネイションズ』をリリース。ファンの期待をはるかに超える快作となったこのアルバムは、ドイツのチャートで4位を記録するなど、大成功を収めた。勢いに乗ったアクセプトは、『スターリングラード』(12年)、『ブラインド・レイジ』(14年)、『ザ・ライズ・オブ・ケイオス』(17年)と強力なアルバムを立て続けにリリース。18年にはオーケストラを伴ったライヴ映像作品、『シンフォニック・テラー〜ライヴ・アット・ヴァッケン2017』を発表。その存在感は増す一方であった。

前作から3年、この度リリースとなる16枚目のアルバムが『トゥー・ミーン・トゥ・ダイ』である。本作はバンド史上初、ピーター・バルテス(Ba)がいないアルバム、かつ何とトリプル・ギター体制!しかし、今のアクセプトがブレることなどあるはずもない。今回も限りなくハードでヘヴィ。次々と繰り出されるフックたっぷりのリフ、そしてお馴染みの重低音コーラスに、頭を振らずにいられるヘヴィメタル・ファンなどいるはずもない。マーク・トーニロのヴォーカルによるアルバムも、これでもう5作目。今や彼もすっかりバンドの顔だ。プロデュースは今回もアンディ・スニープ。これこそヘヴィメタル。不純物など一切無し。ヘヴィメタルを聴きたければ、アクセプトを聴け!

【メンバー】
ウルフ・ホフマン(ギター)
マーク・トーニロ(ヴォーカル)
ウヴェ・ルイス(ギター)
フィリップ・ショウズ(ギター)
マルティン・モイック(ベース)
クリストファー・ウィリアムズ(ドラムス)

【CD収録予定曲】
01. ゾンビ・アポカリプス
02. トゥー・ミーン・トゥ・ダイ
03. オーヴァーナイト・センセーション
04. ノー・ワンズ・マスター
05. ジ・アンダーテイカー
06. サックス・トゥ・ビー・ユー
07. シンフォニー・オブ・ペイン
08. ザ・ベスト・イズ・イェット・トゥ・カム
09. ハウ・ドゥ・ウィ・スリープ
10. ノット・マイ・プロブレム
11. サムソン・アンド・デライラ(インストゥルメンタル)

※メーカーインフォメーションより
※商品仕様・収録内容等は変更になる場合がございます。

日本盤 ニューアルバム

Too Mean To Die

CD

Too Mean To Die

Accept

価格(税込) : ¥2,750

発売日: 2021年01月29日

日本盤 ライヴ映像作品

Symphonic Terror: Live At Wacken 2017

Blu-ray Disc

Symphonic Terror: Live At Wacken 2017

Accept

価格(税込) : ¥8,250

まとめ買い価格(税込) : ¥7,012

発売日: 2018年11月23日

1000円盤シリーズ

%%message%%

最新ニュース・情報を受け取る


Acceptに関連するトピックス

HMV&BOOKS online最新トピックス

最新トピックス一覧を見る