【映像】マンゼ&カメラータ・ザルツブルク/モーツァルト:大ミサ曲

2020年06月05日 (金) 16:25 - HMV&BOOKS online - クラシック


最新校訂譜の温故知新をあざやかに伝えるマンゼ。
18世紀装飾の会場でのライヴ映像


バロック・ヴァイオリンのソリストとして世界を魅了してきたアンドルー・マンゼ。近年ではピリオド・モダン両方を振り分ける指揮者としての敏腕ぶりでも知られるようになってきました。そのマンゼが、ザルツブルクの国際モーツァルト財団に招かれ、この作曲家の『ミサ曲ハ短調』最新校訂版を指揮した映像が「Belvedere」からリリースされます。カップリングは父レオポルトによる、ザルツブルク大聖堂での礼拝を前提として書かれた『連祷(リタニア)』。
 ミサ曲ハ短調は、モーツァルトがウィーンで活躍しはじめて間もない1783年に書かれ、妻コンスタンツェとの結婚後ザルツブルクに一時帰省した際、初披露された大作。しかしモーツァルトは「クレド」の後半と「アニュス・デイ」の章の音楽を全て書いてはおらず、中途の楽譜をもとに後世の音楽家や音楽学者たちが試みてきた補筆版の数々で知られてきました。ここでは徹底した音楽学研究にもとづく原典版で知られるベーレンライター社が2019年に刊行した最新校訂版が使われていますが、解説書には校訂を手掛けたウルリヒ・ライジンガーによる詳細な説明も添えられています。作曲家自身の音使いに可能な限り忠実に、かつザルツブルク大聖堂での当時の演奏習慣を強く意識しながら自然な仕上がりを目指したとのことで、古楽器演奏で数々の実績をあげてきたマンゼのタクトが楽譜の真価を鮮やかに浮かび上がらせます。
 カップリングの『連祷』は父レオポルト1769年作曲の作品を息子ヴォルフガングがアップデートした版での演奏。こちらもみずみずしい作品美がきわだつ演奏で作品本来の魅力に迫ります。トランペット、トロンボーン、ティンパニに古楽器を使用。(輸入元情報)

【収録情報】
● モーツァルト:ミサ曲ハ短調 K.427(ウルリヒ・ライジンガーによる最新校訂版)
● L.モーツァルト:聖母マリアの祝日のための連祷(モーツァルトによる改稿版)


 キャロリン・サンプソン(ソプラノ)
 マリアンネ・ベアーテ・シェラン(メゾ・ソプラノ)
 ベンヤミン・ブルンス(テノール)
 ダグラス・ウィリアムズ(バス)
 ザルツブルク・バッハ合唱団
 ミヒャエラ・アイクナー(オルガン)
 カメラータ・ザルツブルク(一部古楽器使用)
 アンドルー・マンゼ(指揮)

 収録時期:2019年8月5日
 収録場所:ザルツブルク、モーツァルテウム大ホール(ライヴ)

 収録時間:79分
 画面:カラー、16:9