トップ > 音楽CD・DVD > 商品情報 > クラシック > 交響曲 > ヴァインベルグ:交響曲第18番、トランペット協奏曲

ヴァインベルグ:交響曲第18番、トランペット協奏曲

2014年5月12日 (月)


ヴァインベルグ:交響曲第18番、トランペット協奏曲
ヴラディーミル・ランデ&サンクト・ペテルブルク交響楽団


ヴァインベルグの晩年の最も重要なプロジェクトの中に「第二次世界大戦を振り返る」というものがあります。これで生まれたのが、交響曲第17番『記憶』とこの第18番、そして第19番『輝かしき五月』という3つの交響曲です。この第18番も、タイトル通りの反戦意識に彩られたもので、ソ連の詩人セルゲイ・オルロフとアレクサンドル・トアルドフスキーの詩、そして民謡に由来するテキストが用いられた、声楽付きの一種のオラトリオとなっています。各々の詩は強い悲しみと怒りを孕みますが、どこか希望が持てる音楽となっているところに救いがあるのかもしれません。
 トランペット協奏曲はもっと早い時期に書かれたもので、初演は名手ティモフェイ・ドクシツェルと、キリル・コンドラシンが指揮するモスクワ・フィルによって1968年1月6日に行われました。ショスタコーヴィチの影響が強く感じられる、冷笑やグロテスクなパッセージが至るところに散りばめられた興味深い作品です。(NAXOS)

【収録情報】
ヴァインベルグ:
1. トランペット協奏曲第1番変ロ長調 Op.94 (1966-1967)
 第1楽章:エチュード
 第2楽章:エピソード
 第3楽章:ファンファーレ

2. 交響曲第18番『戦争、これより残酷な言葉はない』 Op.138 (1982-1984)
 第1楽章:Adagio. Allegro-
 第2楽章:彼は大地に埋葬された
 第3楽章:私の小さなベリー、あなたは私の心の痛みを知らない
 第4楽章:戦争、これより残酷な言葉はない

 アンドリュー・バリオ(トランペット:1)
 タティアナ・ペレヴヤズキナ(ソプラノ:2)
 エカテリーナ・シクノヴァ(アルト:2)
 ヴラディーミル・ドブロホウスキー(テノール:2)
 ザハール・シクノフ(バリトン:2)
 サンクト・ペテルブルク室内合唱団(2)
 サンクト・ペテルブルク交響楽団
 ヴラディーミル・ランデ(指揮)

 録音時期:2010年1月9-11日(1)、2012年12月29-30日&2013年1月9-11日(2)
 録音場所:サンクト・ペテルブルク、聖カタリナ・ルター派教会レコーディング・スタジオ
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
※表示のポイント倍率は、
ブロンズ・ゴールド・プラチナステージの場合です。

featured item

交響曲第18番『戦争、これより残酷な言葉はない』、トランペット協奏曲第1番 V.ランデ&サンクト・ペテルブルク響、バリオ、他

CD 輸入盤

交響曲第18番『戦争、これより残酷な言葉はない』、トランペット協奏曲第1番 V.ランデ&サンクト・ペテルブルク響、バリオ、他

ヴァインベルグ(1919-1996)

ユーザー評価 : 5点 (1件のレビュー) ★★★★★

価格(税込) : ¥1,555
会員価格(税込) : ¥1,353
まとめ買い価格(税込) : ¥1,012

発売日:2014年06月24日
在庫あり

  • ポイント 1 倍
    欲しい物リストに入れる

%%header%%閉じる

%%message%%

featured item

3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ このアイコンの商品は、 3/26(火)まで!輸入盤CD5点以上で35〜50%オフ 対象商品です