fhana
新商品あり チケット受付中

fhana

fhana | CD、DVD、ブルーレイ(BD)、ゲーム、グッズなどを取り扱う【HMV&BOOKS online】では、コンビニ受け取り送料無料!国内最大級のECサイトです!いずれも、Pontaポイント利用可能!お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!

プロフィール

商品ユーザーレビュー

6件

すべてのユーザーレビューを見る(6件)

  • 2017年4月から放送中のTVアニメ『有頂天家族2』 のED...

    投稿日:2017/05/11

    2017年4月から放送中のTVアニメ『有頂天家族2』 のED曲「ムーンリバー」とカップリング曲「Rebuilt world」 というCD… とは言っても、自分は、前作の『有頂天家族』は全く縁がなくて視たことがなく、 原作小説も知らなくて…ただ、 数年遅れにはなったけど、最近fhanaの1stアルバム「Outside of Melancholy」 を買って聴く縁が個人的には巡って来て、 で、そこそこ満足度の高いアルバムで買った甲斐があったな、 という感じだったんだけど、ソレの収録曲の1曲「ケセラセラ」が、 fhanaの1stシングルであり『有頂天家族』のED曲でもある…ってことだったので、 ソコから逆に、『有頂天家族』って作品があったんだな、 と少し気になっていたところへ、今回、 『有頂天家族2』の放送直前スペシャルってので大体の作品世界観を知って、 『有頂天家族2』の第一話「二代目の帰朝」だけは… ネット配信で無料で視れたので、視たんだけど、 …最新話1週間無料とか、だったら継続視聴したけれど… 第二話からは有料配信だったんで、まぁ、縁がなかったかな…というか、 アニメはもう視ないで原作小説の文庫本を買って読むほうが安上がりかな… と思って、幻冬舎文庫の「有頂天家族」と 続編の「有頂天家族 二代目の帰朝」とを買って…あと、 アニメはもう縁がなけりゃこのまま視ないかも知れないけど、 OP曲とED曲のCDだけは買って聴こうかな、 と思って…因みに、OP曲のとセットで買う際に、予約注文のタイミングで[アニメ盤] が偶々完売しちゃってたんで[アーティスト盤]でいいや、みたいな… そんなこんなで注文したのが届いたんで実際に聴いてみて… 去年末くらいから縁があって何となく、 fhanaのシングルを 「calling [アニメ盤]」 「青空のラプソディ [アニメ盤]」 「ムーンリバー [アーティスト盤]」 と買って、あとアルバムも買ったりして聴いている感じからすると… ここで挙げたシングル3枚は、夫々別々のアニメ作品の、 ED曲やOP曲だったりするので、夫々の作品の世界観に沿った音楽で、 音的なメロディや曲調とかは全然違う感じに仕上がっていて、 でも、特徴的な女性ヴォーカルの歌声は同じで、そこを活かしつつ… というスタイルで…何だかんだで、 毎回コンスタントにいい仕事をして印象的な楽曲を創り出しているんだな、 という部分に感心したり…。 そんな中、今作を聴いていて印象に残ったのは…このfhanaの楽曲の全体的な印象 の内の1つは、ストリングスが大々的に使われている曲と、 そうでない曲っていうのに半々くらいに分かれているな、という印象で… まぁ、外部のストリングス奏者や楽団とコラボして大々的に使われている場合と、 クレジットには特にそういうストリングス奏者の名前はなくて、 でも、曲の背後に微かにストリングスっぽい音が含まれてる、みたいな曲もあって、 その場合は収録時の生演奏を録音した音源じゃなくて、 プログラミングによる打ち込みで入れているのかな…みたいな曲もあったり… アルバムとか聴いた感じだと、 アニメとタイアップしてるOP曲とかED曲とかの場合は、 大々的にストリングスが使われている曲が多いような傾向がある感じだけれど、 コレの表題曲「ムーンリバー」には、大々的にはストリングスは、 使われていなくて、でも、演奏音の一部に、ストリングスっぽい音も入ってる… みたいな感じで、かつ、クレジット表記にも、 ストリングス奏者名とかは出てないので…今回の楽曲では、 プログラムによる打ち込みで、とか、 編曲の過程で、サンプリングしたストリングス音をミックスして加えたのかな… みたいな、ソレは第1期のED曲「ケセラセラ」も、そんな感じなんだけど… そういう部分が印象に残ったりで… まぁ、毎回毎回、色々なパターンを駆使して創っているんだろうな… みたいな部分で感心したり。 で、歌詞内容まで含めた中味については…その、 表題曲の「ムーンリバー」は、 弁天という作中キャラをイメージした曲なんだろうな、 と漠然とは分かるんだけど、 自分は、アニメはまだほとんど視たことがなく、 大まかな粗筋や作品世界観は、第2期の放送直前スペシャルってのを視たんで、 多少知っているという程度で、かつ、原作は買ったけど、 読む時間を取れるのはまだ少し先になりそうなんで…とりあえず今、 届いてから5日くらいの間に30回あまり聴いたって段階だけど、 聴いてアニメの中味や展開と直結するようなイメージってのはないんだけれど… 後々に、原作を読む時とかに、 この曲を聴きながらとか思い出しながら読めば、何か、 イメージがリンクして膨らむような、そういう感じになるのかな、と… その時を楽しみに、今はとりあえず『有頂天家族2』 とは切り離した形で、まっさらな状態で、聴いているという感じ…。 なので、聴いていて、 アニメや原作とは関係ない部分で… 曲名が「ムーンリバー」で、歌詞の中に、 「漂流者」という言葉が使われているのが、この曲が、 映画『Breakfast at Tiffany’s』(1961/邦題:ティファニーで朝食を) でアカデミー歌曲賞を受賞した有名曲「Moon River」… とは言っても自分の中ではルイス・アームストロングがカバーしたバージョン が手許にあって何度も聴いているので、そっちの印象が強いんだけど… ともかく、 その有名曲から部分的にインスピレーションを得ている曲なんだろうな… と、想像したり…まぁ、聴いていて、 そんなことを連想したり思いを馳せたりっていうのも、曲の楽しみ方の1つだな、 と。 あと、カップリング曲の「Rebuilt world」は、 曲調的には、EDM系のバラード、みたいな歌唱曲で、こっちはこっちで、 澄んだメインヴォーカルとコーラス、 そしてピアノ系の音やEDM系の各種サウンド他が綺麗に印象深く融合していて、 美しい仕上がりの曲…そんな中、歌詞要素としては、 「終わりと始まりのループ」というフレーズが曲中で繰り返し繰り返し、 4回ほど出てくるんで耳に残るけど… 「ループ」とか「繰り返し」みたいなアレは、このバンドの他の曲の中でも、 よく出てくるテーマの1つ、って感じだよな、 と思ったり。 …まぁ、そんなこんなで、現状30回以上ずつくらい聴いた段階で、 現時点では、個人的印象では、 前作の「青空のラプソディ」は、聴いていて少しウルウルってなる感じだった、 そういう涙要素的なアレはない今作の2曲だけれど、 でも、 色々な観点から、聴きながら楽しめているし、 今後も、まだまだ繰り返し聴き続けても楽しめそうなので、 買った甲斐はあったな、と満足しています。

    ♂猫Junn-Junn さん |40代

    0
  • 2017年1〜3月期に放送されたアニメ『小林さんちのメイ...

    投稿日:2017/05/10

    2017年1〜3月期に放送されたアニメ『小林さんちのメイドラゴン』 のOP曲「青空のラプソディ」 とカップリング曲「Forest Map」 というシングルCD… 2月に注文していたんだけれど、 ちょっと一緒に注文した他のの入荷が遅れた影響で… 手許に届いたのが5月に入ってから、 になってしまったんだけど…ともかく、やっとじっくり聴ける、 と聴いてみて… 表題曲である1曲目の「青空のラプソディ」は、 曲全体を通して聴くと、 如何にも「ラプソディ」=「狂詩曲」って感じの賑やかな楽器演奏と歌声と、 でもその中で、 ヒロインのトールの想いに通じる心の部分が歌声から伝わって来る感じがして、 聴いていてウルウルっとなるのと… 元々は、OPのTVサイズの1分半のものを、放送当時毎週繰り返し視ていて、 音楽とOP映像とのマッチした相乗効果的なインパクトもあって印象が強く残っていた、 という感じだったけれど、初めて、フルコーラスで聴いてみたら… 1番、2番と同じメロディで来た後の、 2番の終盤以降の曲の展開が、 あぁこんな曲だったんだ!という驚きというか色々と音楽的に楽しい造りになっていて、 そういう部分も好印象だったな、と。 あと、20回以上聴いても、何度聴いても、個人的には、 サビの部分の最初の歌詞 「僕は君の翼に♪なれる勇気があるよ!」っていうところで、 やはり、ウルウルってなる感じで…心に、ぐっと来るモノがあるなぁ、と…。 曲全体としては「運命の出会い」とその「喜び浮かれる日々」… 「幸せな今の一瞬一瞬を噛み締めて生きる」…みたいな部分がテーマの曲なのかな、 と。 2曲目の「Forest Map」は、 何か、こっちも賑やかな曲調だけど、少しワールドミュージックっぽい音楽に、 仕上がっている曲だな、というのが第一印象。 表題曲に対してこっちのは「運命の出会い」を信じ待ち望む想いや祈り… からの、「人類愛」「世界平和」にまで膨らむ大きさを感じる、 そんな印象の曲… …で、表題曲のも2曲目のも、 全体的に華やかで賑やかな曲調の中での、メインのヴォーカルと、 コーラス部分の歌声とのハーモニーが、上手く機能していて、曲が持つ雰囲気や、 世界観が、聴いていて、こっちに広がってきて、 その中に自分が包み込まれる、みたいな…そんな音楽で…つまりは、 自分にとって魅力的な音楽だ、ってことかな… と。 …ところで、このCDが手許に来るのが遅れたんで、 後から注文したアニメのED曲「イシュカン・コミュニケーション」 とカップリング曲「A DAY IN THE DRAGON’S LIFE」 のCDのほうがずっと先に3月中旬頃に届いて、 既に60回以上聴いている、みたいな状況だったんだけど、 今回こっちのOP曲のほうのが届いて、 「青空のラプソディ」 「Forest Map」 「イシュカン・コミュニケーション」 「A DAY IN THE DRAGON’S LIFE」 と順番に4曲通して聴いてみると、夫々曲調とかは違っていても、 …あと、前の2曲と後の2曲とでは作詞者が違うけれど… 共通のテーマ性が感じられて興味深かったり、 音楽的なバリエーションというか、夫々違う曲調の4曲が、 夫々を互いに引き立て合っているような4曲の組み合わせなので… この4曲をセットで聴くことで、 より、楽しめる、みたいな…個人的には、そんな風に思ったりも。 …まぁ、そんなこんなで、現状、届いてから4日間で27回ずつ聴いた、 って段階だけれど… ED曲のほうのCDの2曲と合わせて、まだ当面繰り返し聴いて楽しめそうだし、 それ以降も、折に触れて聴いて末永く楽しめそうだな、 と思えているので、入手した甲斐があった、と満足しています。

    ♂猫Junn-Junn さん |40代

    1
  • 表題曲の「calling」は、 長い冒険や人生の旅路にも...

    投稿日:2017/01/02

    表題曲の「calling」は、 長い冒険や人生の旅路にも、束の間の休息(は必要)、 (休める内に)今は休もう、そしてまた共に旅を続けよう… という感じの、休息の歌、癒しの歌… …子守唄にもなりそう… という印象の曲で、ドラムス等のビート音も入ってはいるけど、 キーボードとストリングスとをメインとした感じの曲。 一方、 カップリング曲の「アネモネの花」は、 楽器演奏の音やリズム的には、 ドラムスやそれ以外のサンプリング音等での打楽器音(手拍子音も含む) とかが、表題曲よりも相対的に沢山使われているので、 …あと、ギターの聴かせどころもあるし… 表題曲よりも派手に賑やかに明るくカラフルに、 という感じの曲調で、僕は何があっても君を守るよ… という気持ちを伝える曲。 この曲は、特にアニメとタイアップしてる曲じゃないみたいだから、 より一般的な、広いイメージの曲だろうけど、 アニメのスレイとミクリオのイメージにも当てはまるような曲、 でもあるのかな、と。 どちらの曲も、 ヴォーカル担当の女性の人の声の伸びと、独特の高音部分の節回しというか、 そういう部分が特に印象に残る感じなのと、 逆に、 そういうヴォーカルの特性を活かすような曲作りが、されてるのかな、 という部分も感じたり。 聴いてると、何か、心安らぐ癒し系な歌声でもあありつつ、 実際に少し自分で声に出してみると、 全体的にはスローな曲調の曲だけど意外と、発散系というか、 高音部とかを強く出したり伸ばしたり、 みたいな部分で、歌うと気分がスカッとするような感じでもあり… そういう部分も曲の魅力の内なのかな、 と。 個人的には表題曲も、いいなと思うけど、 同じくらいにカップリング曲のほうも気に入って好きになったんで、 今後も、繰り返し聴いて末永く楽しめそうで、 そういう意味では、買った甲斐があったな、と満足しています。

    ♂猫Junn-Junn さん |40代

    0

既に投票済みです

ありがとうございました

チケット情報

チケット一覧

%%message%%