CD

Very Best Of Van Halen -The Best Of Both Worlds

Van Halen (ヴァン・ヘイレン)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCR11887
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD
その他
:
ベスト盤
追加情報
:
プラスチックケース

商品説明

ゲイリー・シャローンが脱退し、デイヴ・リー・ロス復帰か?とも囁かれていたが、結局サミー・ヘイガーが再加入することになったヴァン・ヘイレンの2枚組ベスト・アルバムが登場!新曲3曲の他に、デジタル・リマスターを施した数々の名曲を収録!また「Ain't Talkin' 'Bout Love」「Jump」「Panama」のライヴ・ヴァージョンも収録している。『Best Of Vol.1』で補えなかった曲も入っているので、入門編にも最適です!

内容詳細

サミー・ヘイガー参加の新曲3曲を含む、ヴァン・ヘイレンの2枚組ベスト。もちろんデイヴ・リー・ロス時代の代表曲も網羅した選曲は申し分なく、サミー参加の初期曲のライヴをはじめ、ロック・ギターの歴史を変えたエディの超絶テクが楽しめる決定版ベスト。(保)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
55
★
★
★
★
☆
 
25
★
★
★
☆
☆
 
6
★
★
☆
☆
☆
 
8
★
☆
☆
☆
☆
 
3
★
★
★
★
★
V.H.というバンドに表現者としての部分...

投稿日:2011/04/10 (日)

V.H.というバンドに表現者としての部分で譲歩させる事が出来たのは S.HAGAR だったからだ。彼は音楽産業が ジュークボックスから スタジアムで金を稼ぐ事が 主流に成ったショウビジネスの転換期を知っている 数少ないアメリカ人のROCK STARで、BANDの方向性を決定する説得力と 右翼思想にも似た強権的政治力をも持ち合わせていた。しかし彼の才能とインテリジェンスと云うモノは、その強権以上にその後のBANDの驚異的なセールスへと 反映された。S.HAGAR加入期の V.H. には駄作は無く、アーティスティクなエゴの部分 でBANDが譲歩をしていたとは誰も言わないが、その後の E.V.H.は この時期の心労がたたったのか 健康を害したのが個人的にはとても残念だ。

H.W.I. さん | 栃木県 | 不明

3
★
★
★
★
☆
デイブ復帰で、サミー時代の名曲がライブで...

投稿日:2010/12/29 (水)

デイブ復帰で、サミー時代の名曲がライブで封印されてとても残念。 サミーは歌いたくなかったろうけど、デイブ時代の曲も一応歌ってたから、デイブも檜舞台に戻ったのだから、サミー時代の曲を歌うべし!! ところで、このベストの新曲4曲のベースは、マイケル・アンソニーでないそうです。 彼はバック・コーラスでしか参加してないとか?可愛そう! 僕にとってベストは、サミー・マイケル・エディ・アレックスだな。

アクセル・アイ さん | 愛媛県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
SAMMYの僅かな復帰期間だったが躍動感溢れ...

投稿日:2010/11/19 (金)

SAMMYの僅かな復帰期間だったが躍動感溢れる新曲が入っていて、タイトルが示すとおりのまさにVERY BESTである。リマスターによりド迫力サウンドが愉しめた。新作が望めない状況の中、あとは後期の作品もリマスターでの再発も欲しいところ。

Mocha さん | 宮城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Van Halen

ヴァン・ヘイレンというと、世界中のギター・プレイヤーに衝撃を与えたライト・ハンド奏法はじめとするエディ・ヴァン・ヘイレンの超絶ギター・プレイに尽きる部分も、勿論あるが、一方で初代ヴォーカリスト、デイヴ・リー・ロスのショウビズ魂を生かしたポップ性の追求、二代目サミー・ヘイガーを擁して新たなるハード路線を模索する、といった意外にも柔軟なバンドとしてのヴァン・ヘイレンのユニークさも忘れてはならないところ

プロフィール詳細へ

Van Halenに関連するトピックス

ヘヴィーメタル に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド