CD 輸入盤

『Revive〜オペラ・アリア集〜ヴェルディ、マスカーニ、チレア、他』 エリーナ・ガランチャ、ロベルト・アバド&バレンシア州立管弦楽団

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4795937
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

Revive〜オペラ・アリア集〜ヴェルディ、マスカーニ、チレア、他
エリーナ・ガランチャ、ロベルト・アバド&バレンシア州立管弦楽団


ラトヴィア出身のメゾ・ソプラノ、エリーナ・ガランチャ。現在最高の歌手の一人と評される彼女は、最初の頃はモーツァルト歌手として名声を誇っていましたが、もともとは2003年、ウィーン国立歌劇場で『カヴァレリア・ルスティカーナ』のローラ役を歌って評判となりました。彼女の声は美しいカンタービレを持ち、すでにオペラの世界で確固たる立ち位置を確保しています。彼女の歌は感情の表出がストレートで、女性の強さから弱さまでの全てを丁寧に描き出すことができます。彼女は日常生活の中での怒り、悲しみ、妬み、笑いを通じて、常に内面の世界を探究しています。
「人生はカラフルな長編小説のようであり、このアルバムに登場する女性たちの人生もそのどこかに帰属しています。」と語る彼女、多彩な女性を自由自在に演じるこのアルバムは、今日までの彼女のキャリアの頂点に位置する作品といえるでしょう。ロベルト・アバドとバレンシア自治州管弦楽団による演奏も彼女の強靭な声を存分に引き立てて、特に『運命の力』での緊張感溢れるやりとりは必聴もの。とは言え、彼女はまだ実際の舞台でヴェルディを演じたことがなく、こちらにも挑戦してみたいとのことで、これも実に楽しみです。(輸入元情報)

【収録情報】
● マスカーニ:歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より「母さんも知っているとおり」
● チレア:歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』より「苦い喜び、甘い責め苦を・・・」
● ベルリオーズ:歌劇『トロイアの人々』より「ああ! 私は死ぬのだ」
● ヴェルディ:歌劇『ドン・カルロ』より「ヴェールの歌」
● サン=サーンス:歌劇『サムソンとデリラ』より「サムソンは、私の居場所を求めて」
● ムソルグスキー:歌劇『ボリス・ゴドゥノフ』より「Kak tomitel’no i vyalo」
● チレア:歌劇『アドリアーナ・ルクヴルール』より「私は、芸術家の下僕」
● マスネ:歌劇『エロディアード』より「Venge-moi d'une supreme offense」
● トマ:歌劇『ミニョン』より「君よ知るや南の国」
● ヴェルディ:歌劇『運命の力』より「ラタプラ、ラタプラ」
● ポンキエッリ:歌劇『ジョコンダ』より「Ho il cuor gonfio di lagrime」
● マスネ:歌劇『ウェルテル』より「流れなさい、涙よ」
● レオンカヴァッロ:歌劇『ラ・ボエーム』より「これが運命なのだわ」
● サン=サーンス:歌劇『ヘンリー8世』より「Reine ! je serai reine」

 エリーナ・ガランチャ(メゾ・ソプラノ)
 ジェニファー・オローリン(ソプラノ)
 バレンシア州立管弦楽団&合唱団
 ロベルト・アバド(指揮)

 録音時期:2016年6月
 録音場所:スペイン、バレンシア、ソフィア王妃芸術宮殿
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
アラーニャとの「カルメン」を見て感心して...

投稿日:2018/04/04 (水)

アラーニャとの「カルメン」を見て感心して買ったが、まったくの期待外れだった。イタリア・オペラは全滅。特にヴェルディとの相性が悪い。声が前に出ないので、テンポの微妙な遅れにもつながり、音楽に付いて行けてない。彼女にとっても不名誉な出来だろうから、いつか雪辱を期して欲しい。

エンリーコ さん | 千葉県 | 不明

0

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品