ザ・必殺術 プロの暗殺者のマニュアルで身を守る

M.h.ロン他

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784807402120
ISBN 10 : 4807402129
フォーマット
出版社
発行年月
2002年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
21cm,276p

内容詳細

「音をたてずに殺す21のテクニック」など殺し屋・暗殺者のノウハウを集大成!どんな危機にも対処できる最後の知識。

目次 : 究極の殺人技―武器を使わない殺人のテクニック(主な攻撃目標/ 格闘相手の身体的特徴/ 護身のための殺人技 ほか)/ 音をたてずに殺害する21のテクニック(手で操る武器/ スパイク/ ナイフ ほか)/ 殺し屋のマニュアル(ターゲット/ 刀剣類の武器/ 殺人用の短銃 ほか)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まーさん さん

    この本、予想以上に本気で人を暗殺しようとしていて、読み始めたときは正直戸惑った。それくらい物騒な内容がわかりやすい図と文章で記載されているので、資料にはよさそう。「暗殺者は栄光や報酬に対して無関心じゃないといけない」とこの本に記載されていて、もしそれが正しいとしたら、ジョジョ5部の暗殺チームの人たちはなんというかこう、根本的に暗殺者には向いてなかったのかもって思った。プロシュートなんて栄光にこだわりまくってたし、ボスに反感を抱いたのも報酬のせいだし。

  • サクシュン さん

    使ったら間違いなく捕まります(笑)非常時、あるいは知識に留めておくのがベストです。 しかし、推理ものや殺し屋を題材とする小説や漫画を書こうとしている人にとっては図も載っているのでいい資料になるかもしれません。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品