LPレコード

Word Of Mouth<フュージョン・アナログ・プレミアム・コレクション> 【完全生産限定盤】(180グラム重量盤レコード)

Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPJR10066
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
LPレコード
その他
:
限定盤

商品説明

<FUSION ANALOG PREMIUM COLLECTION(フュージョン・アナログ・プレミアム・コレクション)>
好評「ジャズ・アナログ・プレミアム・コレクション」に続くシリーズ。ワーナーミュージックが誇るフュージョンの大名盤のオリジナル盤を忠実に再現した高音質のLPシリーズ。2回に分け全10タイトルをリリース!
●オリジナル盤を忠実に再現したアートワーク 
●オリジナル・マスター使用 
●カッティング&マスタリングは国内(ワーナーマスタリング)で行いプレスはドイツ
●180グラム重量盤 
●完全限定盤  

ベースの歴史を変えた天才ジャコの永遠の問題作。
ジャコ・パストリアス(b,syn.vo)ハービー・ハンコック(p)ウェイン・ショーター(ts)マイケル・ブレッカー(ts)トゥーツ・シールマンス(hca)ジャック・ディジョネット(ds)ドン・アライアス(perc)ピーター・アースキン(ds)ボビー・トーマス(perc)ヒューバート・ロウズ(fl)ジョン・パストリアス(vo)メリー・パストリアス(vo)オセロ・モリノー(ds)他
1981年作品
(メーカー・インフォメーションより)

収録曲   

Side A

  • 01. クライシス
  • 02. スリー・ヴューズ・オブ・ア・シークレット
  • 03. リバティ・シティ

Side B

  • 04. 半音階的幻想曲
  • 05. ブラックバード
  • 06. ワード・オブ・マウス
  • 07. ジョンとメリー

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
11
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
1982年だったかジャコはオーレックスジャズ...

投稿日:2010/08/31 (火)

1982年だったかジャコはオーレックスジャズフェスティバルに自らのビッグバンドを引き連れて参加。私はそのステージを見た後日に本作品を購入。 ライブでのすごさに較べて本作品は芸術的というか、もっとジャコらしい荒々しさが欲しかったかな。 当時のスィングジャーナル誌だっかの評で、「夏の昼下がりのプールの後の感じ」というのがありました。

30ラロッカ さん | 兵庫県 | 不明

0
★
★
★
★
★
マイルスとギル・エバンスの和声を正統に継...

投稿日:2009/05/14 (木)

マイルスとギル・エバンスの和声を正統に継承したのがジャコでした。実は緻密な楽理派であったジャコの実力が発揮された名盤です。

メルロ さん | 兵庫県 | 不明

3
★
★
★
★
★
個人的には、ビートルズの「サージェント・〜」、ジミ・ヘ...

投稿日:2008/06/29 (日)

個人的には、ビートルズの「サージェント・〜」、ジミ・ヘンの「エレクトリック・レディ〜」そしてジャコの本作という位置付けで聴いてます。後年に比べ、演奏力は問題なく安定していますし、逆に、G・エバンス指導のもと、アレンジャーとしての、オーケストレーション・テクニックは、飛躍的に成長したことを、A、Bで感じずにはいられません。バッハ作のCや、ビートルズのDの意外な選曲には、様々な受止め方があると思いますが、俺的にも、C、Dからフュージョン・ロックのタイトル曲Eへ、そして強い温か味が感じられるラストのFへの流れがドラマチックに思われて好感触大です。本作完成後、ジャコはまだ、W・R期以上の野心に燃えていたのだが...。

星影のステラー・リージョンズ さん | 宮城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Jaco Pastorius

 ジャズベースの歴史の中で最大の革命児は間違いなくジャコ・パストリアスに止めを刺すだろう。伝統的なビバップの要素を楽器としてのエレクトリック・ベースの音色、テクニックによって、異なった地平に押し上げ、ジャズの息吹を生かしつつコンテンポラリーなサウンドや表現に高めていった。 1975年には自身のアルバム『ジャコ・パストリアスの肖像』(Epic)を録音すると共に、パット・メセニーの初期の傑作『ブライト

プロフィール詳細へ

Jaco Pastoriusに関連するトピックス

フュージョン に関連する商品情報

おすすめの商品