想い事。 幻冬舎文庫

Cocco

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344417458
ISBN 10 : 4344417453
フォーマット
出版社
発行年月
2011年10月
日本
追加情報
:
16cm,149p

商品説明

バレリーナを夢見た幼い日、否定も肯定もできない沖縄の基地、勝手に持ち出したママの傘、愛することがすべてだった頃に出会った大切な人・・・・・。過ぎた時間の中で、なくしたもの二度と戻らない。しかしそれを「想う事」で明日へとがっていける。歌手として独自の存在感を放ち、絵本や小説などでも才能を発揮するCoccoによる写真エッセイ。

Spinning Spring…4月/楽園…5月/6月23日、黙祷…6月/雨が降ったら…7月/藍に深し…8月/花から花へ…9月/明日へ…10月/ひめゆりの風…11月/A Song for You…12月/Human being…1月/愛してる…2月/夢ものがたり…3月

内容詳細

バレリーナを夢見た幼い日、否定も肯定もできない沖縄の基地、勝手に持ち出したママの傘、愛することがすべてだった頃に出会った大切な人…。過ぎた時間の中で、なくしたものは二度と戻らない。しかしそれを「想う事」で明日へと繋がっていける。歌手として独自の存在感を放ち、絵本や小説などでも才能を発揮するCoccoによる写真エッセイ。

目次 : Spinning Spring…4月/ 楽園…5月/ 6月23日、黙祷…6月/ 雨が降ったら…7月/ 藍に深し…8月/ 花から花へ…9月/ 明日へ…10月/ ひめゆりの風…11月/ A Song for You…12月/ Human being…1月/ 愛してる…2月/ 夢ものがたり…3月

【著者紹介】
Cocco : 1977年沖縄県出身。歌手(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
以前発売された単行本の文庫化。 コンパク...

投稿日:2012/02/02 (木)

以前発売された単行本の文庫化。 コンパクトになってちょうど良いサイズです。 coccoの詞のような文体が読んでいて心地よく、 少ない言葉数の中に著者の想いが詰まっています。 新たに年表部分に加筆されたのとcoccoのあとがきが付いているので 今から手にするなら文庫版をオススメします。

toft さん | 兵庫県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 蓮子 さん

    読友さんの影響で聴くようになったCocco。今では大好きなアーティストになりました。本書は才能多彩なCoccoによるフォトエッセイ。沖縄で撮影された美しい風景。その裏にあるのは、戦争で虐げられ、傷ついた悲しくて辛い沖縄の歴史。基地がある限り、癒えることがない傷跡。でも彼女は、諦めてない。歌うことで思いを届け、愛を届け、決して愛することをやめない。強く、しなやかに、生きていく。「基地のない沖縄を見てみたい」この思いは私も同じ。どうか一日も早く沖縄が基地という鎖から解放されますように。祈りを込めて。

  • ちゃこ さん

    文庫で再読。この本を書いた頃のCoccoの年齢に近づきつつある。生きていくために、人間は鈍感になっていかざるを得ないんじゃないかと最近思う。人は深呼吸をするためにタバコを必要とするんじゃないかと考えていた頃がわたしにもあった。「20才を過ぎて煙草にあきた。でも夏の終りや冬のにおいには けむりが欲しくなった。ゆっくり息をするために煙草は必要であると想った。んなアホな。」

  • にゃあ さん

    儚くて、脆くって壊れそうでも、芯があって、強い生命力のようなものを感じる。写真を見るとどこか寂しげで、それでも諦めることを許さない何かがある。まっすぐに進めなくても、それもいいなと思える。心が綺麗な人っていうのはこういう人のことをいうのかな。それでもいいよ、大丈夫、一緒に生きていこうよ…と誰かに伝えたくなった。『…さぁ また声高らかに。行け私、行け!愛するために生まれてきたそんな愛しい人でいっぱいの世界愛するために行け私、行け!』

  • じょり さん

    僕は8月15日生まれだ。だからと言って戦争に対して、平和に対して深く考えたことはない。沖縄の基地の問題についてもニュースで聞くばかりで詳しくは知らない。この著書を読むことで、そこに住む人でしかわからない思いの一部を少しは知ることができたのではないかと思う。

  • あけさと@ぷに さん

    coccoのエッセイ。沖縄の美しい写真、悲しい歴史、彼女の生い立ち。胸が締め付けられる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

Cocco

沖縄に生まれたCoccoは、1997年3月にシングル「カウントダウン」で衝撃のデビューを果たした。沸騰寸前のエモーショナルな歌声とセンセーショナルな歌詞、そして自爆寸前の焦燥を映し出したメロディーに重圧なギターリフという、彼女のスタイルはいつでもかわらない。楽曲から伝わってくる彼女の痛みや恨み、怒りや喪失感といったプリミティヴな叫びを共有することで、彼女は誰よりも特別な存在となっている。そして、そ

プロフィール詳細へ

Coccoに関連する商品情報

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド