あっけらかんの国キューバ 革命と宗教のあいだを旅して

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784908260049
ISBN 10 : 4908260044
フォーマット
出版社
発行年月
2016年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
220p;19

内容詳細

日本人で唯一、現地の黒人信仰“サンテリア”の司祭になってしまった向こう見ずな大学教授が「格言」で読み解く、ゆるくてタフなキューバ人の素顔とは。

目次 : 序章 そして、司祭となる(「黒人信仰」の司祭)/ 第1章 庶民の叡智(ふたりの「イチ」/ 海賊テレビ/ 毎日が祝祭日だったら ほか)/ 第2章 すべては「ことわざ」に(眠りこける小エビ/ 牛の前の荷車/ 一枚のハンカチ ほか)/ 第3章 占いと儀式(サンテリアとは何か/ アロハキューバ人の宇宙観/ 太陽をあがめる ほか)/ 第4章 変わりゆく革命の国―2015(アメリカとの雪どけ/ 革命から観光へ/ 家族の解体と再生 ほか)/ 終章 遠くキューバから(紫の桜)/ 遠くて近い、近くて遠いキューバ―あとがきに代えて

【著者紹介】
越川芳明 : 1952年生まれ。明治大学文学部教授、専門は現代アメリカ文学。2009年にキューバの黒人信仰「サンテリア」に弟子入り。2013年に司祭の資格を取得(キューバ・ヨルバ協会公認)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • いのふみ さん

    貧しい、蒸し暑い、だるい。しかし、その中で日常を楽しく生きる。部分資本主義を利用して小商いをする。キューバ人のタフで、ユルく、ハードな、ナマの姿。コラムとしてこっそり挟まれ、キューバを相対化しているようにも見えるメキシコの姿も蠱惑的で、アブナくて、いい。「メキシコ編」を希望します。

  • さくは さん

    キューバの庶民の生活、ことわざ、黒人信仰「サンテリア」についてなど。それぞれの文章は2〜3ページで短くまとまっていて読みやすい。隣国メキシコでの体験を書いたコラムもあり。写真は白黒。

  • 乙ロック・ホームズ さん

    これからのアメリカとキューバに乞うご期待

  • てつこ さん

    キューバの市民の生活が少し垣間見えて面白かった。不便が不幸とは限らず、便利が幸福とも限らない。足りないものはあるもので、もしくはないと諦める。それができないのは大量消費に慣れてしまっている不幸なんだろうな。サンテリアという信仰も少しわかった。イファ占いはやってみたい。海外の情報は入ってくるが、国内の情報がどちらかというと不足、というのが興味深い。日本につてはおしんや座頭市がよく知られているとのこと。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品