「空気」を読んでも従わない 生き苦しさからラクになる 岩波ジュニア新書

鴻上尚史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784005008933
ISBN 10 : 4005008933
フォーマット
出版社
発行年月
2019年04月
日本
追加情報
:
189p;18

内容詳細

どうしてこんなに周りの目が気になるの?どうしてこんなに先輩に従わないといけないの?どうしてこんなにラインやメールが気になるの?それはあなたが弱いからではなく、すべて理由がある。そのヒミツを知れば、あなたはうんと生きやすくなる。

目次 : なぜ先輩に従わなければいけないの?/ どうして、人の頼みを断れないのだろう?/ 「世間」と「社会」/ 「世間」の始まり/ 「世間」を壊そうとする人達/ 根強く残る「世間」/ 「世間」は中途半端に壊れている/ 外国には「世間」はない/ 人の頼みを断るのがつらいヒミツ/ もし人から頼まれたら/ 敵を知るということ/ 「空気」ということ/ 「世間」のルール1 年上がえらい/ 「世間」のルール2 「同じ時間を生きる」ことが大切/ 「世間」のルール3 贈り物が大切/ 「世間」のルール4 仲間外れを作る/ 「世間」のルール5 ミステリアス/ 「世間」はなかなか変わらない/ 5つのルールと戦い方/ 強力な「世間」との戦い方/ 同調圧力/ 自分を大切に思うこと/ 仲間外れを恐れない/ たったひとつの「世間」ではなく/ 私を支えるもの/ スマホの時代に

【著者紹介】
鴻上尚史 : 作家・演出家。1958年愛媛県生まれ。1981年に劇団「第三舞台」を結成。2008年に「虚構の劇団」を旗揚げする。現在は、プロデュースユニット「KOKAMI@network」と、「虚構の劇団」を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • タカユキ さん

    鴻上さんが小中学生に向けて書いた一冊。でも社会人で立派な中年の自分にも役に立った一冊。「空気」や「雰囲気」に引っ張られて本当にやりたい事が出来なかった事がある人。生き苦しさを感じている人の為の一冊。特に為になったのは「世間話」と「社会話」の違い。たった一つの会社という「世間」にしか所属していなければ、その「世間」から追い出されそうになった時に、自分の居場所がなくなるけれど、ひとつは同時に他の「世間」に所属する事、もうひとつは図書館で知らない人と色々な話をする「社会話」が出来る事等々で落ち着く事が出来る。

  • コウメ さん

    日本には「世間」と「社会」という日本独自の文化がある!「世間」というのは将来関係のある人達のこと。「社会」というのは将来関係のない人と定義する!日本に世間という概念ができたのは江戸時代の頃、世間=村1番の理由は田畑の水です。稲が死んでしまったら村が滅びてしまう。その時にできた掟(ルール)が世間です。日本は長い時間をかけてねずいてきた。しかし外国には、世間がありません、世間という概念が存在しないのです。例えば恋人の話をする際「恋人をどこで作りますか?」と質問したさい日本人は勤務先、学校、バイトと世間を表し

  • takka さん

    令和最初の読破は僕の大好きな鴻上さんの著書です!この本は、以前卒論のために読んだ『「空気」と「世間』」のエッセンスを小・中学生のために分かりやすくまとめられた本です。非常に分かりやすく読みやすいため、日本人特有の世間や空気の同調圧力に悩まれている方は必読の本です! 最後に、個人的に一番好きな言葉を引用します。「自分の今の状況はたったひとつの正解ではないんだという考えは、生き苦しさから私達を救ってくれます。」

  • kmori299 さん

    Twitterで時々AERAの相談内容が流れてきて、いつも素晴らしい回答だなあと思っていた。その内容も出てくるんだけど、社会と世間という言葉を使って、日本人が世間を大事にしてしまう仕組みと、そこから生まれる息苦しさから少しでも自由になる方法を書いてある。主として中学生向きだろうか。是非とも子供に読ませたい本である。書いて下さったことに感謝したい。

  • コキュ熊 さん

    大人でも、とても分かりやすく納得できる内容だった。日本の文化と欧米の文化の違いからくる、考え方の違い。世間と空気のこと。そして、子どもの頃漠然と謎だった、sisterとbrotherが、なぜ姉でも妹でも、兄でも弟でも同じ単語なのか。 大人でも人間関係に悩むときや、退職後の人との関係に不安を感じることは当然あるので、何度も読み返したいと思った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

鴻上尚史

作家・演出家。1958年愛媛県生まれ。1981年に劇団「第三舞台」を結成。2008年に「虚構の劇団」を旗揚げする。現在は、プロデュースユニット「KOKAMI@network」と、「虚構の劇団」を中心に活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品