海街diary 小学館文庫

高瀬ゆのか

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784094061659
ISBN 10 : 4094061657
フォーマット
出版社
発行年月
2015年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;15

内容詳細

大人気コミックの映画版を完全ノベライズ!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちゃかちん さん

    【やさどくイベント参加本】間違いなく優しい作品でした♡そして梅ジュースを飲みながらレビューを記しております。去年作の梅ジュースです❢お風呂上がりです❢ちょっと海街に浸っております♡「行儀がよすぎるくらいだったすずが、今はこんなに奔放にふるまっている。」ここで涙腺が崩壊しました(;O;)私の父親も浮気して家出騒動を少なくとも2回起こし、迷惑をこうむった思春期だった訳ですが、わかってしまったんですよねぇ。お母さんも悪いって。私でもそうするわって。父と本音で喋る様になった時そう言ったら嬉しそうに下向いてました…

  • ヤスギタちゃん さん

    以前に漫画の方を読み、映画ノベライズ本の方も偶然図書館で見つけ、読んでみた。漫画での場面を思い浮かべつつ読みすすめた。漫画も良かったが、小説版も読みやすく、内容も丁寧に描写されていて良かった。葬儀で出会ったのがきっかけで異母妹を引き取るのだが、季節が進み、お互いの優しさ、距離感、家族としての思い、成長、絆などが感じられ、出会いや別れがあり、姉たち皆がすずを家族として暖かく受け入れ、暮らしにすっかり馴染んでいる。「ここにいていいんだよ」の言葉が人との繋がりを感じさせる温かみのあるものだと強く印象づけられた。

  • nico さん

    「あたし、ここにいてもいいのかな」腹違いの3人の姉達と一緒に鎌倉で暮らすことになったすず。優しく見守ってくれる姉達につい遠慮しながら、すずは自分の「居場所」を探し求める……。親身になって叱ってくれて、すずが喜ぶ姿を一緒に喜んでくれる姉達の「妹」という自分の「居場所」に納得できて良かった!映画だけでは読み取れない姉妹達の微妙な心理も、この本で理解できた。物語に出てきたしらすトーストやアジフライが食べたい!そして縁側で自家製梅酒が呑みたい!すずちゃん、私の梅酒はすっぱめの濃いめでお願いね♪

  • いたろう さん

    原作コミックは読んでいないけど、映画が良かったので手に取った映画版のノベライズ本。ノベライズということで、映画以上のものはないけれど、映画の各シーンを思い出しながら読めたので良かった。また映画が観たくなった。コミックも読んでみようかな。

  • さよちゃん さん

    三姉妹が住む家に、腹違いの妹が一緒に住む事になり、その妹はまだ15歳なのに、必死でオトナになろうとしていた姿は、やっぱり、勝手なオトナ達のせいでオトナにならなければならなかった…三姉妹の長女、幸の姿でもあった…最後の数ページは、涙がとまりませんでした。とっても優しくて素敵な作品でした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

高瀬ゆのか

1982年香川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。第2回ライトノベル大賞ルルル文庫部門期待賞受賞でデビュー(鮎川はぎの名義にて)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド