生誕祭 上 文春文庫

馳星周

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167664046
ISBN 10 : 4167664046
フォーマット
出版社
発行年月
2006年04月
日本
追加情報
:
16cm,567p

内容詳細

六本木のディスコで黒服のバイトをしながら満ち足りぬ日々を送っていた彰洋は、偶然出会った幼馴染の麻美に不動産屋の美千隆を紹介される。時はバブル真っ盛りの八〇年代後半。おれはおれの王国を作りたいんだ―若くして成り上がった彼の言葉に魅せられた彰洋は、二十歳そこそこで大金を動かす快感に酔いしれていく。

【著者紹介】
馳星周 : 1965年、北海道生まれ。横浜市立大学文理学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーのライターに。96年、『不夜城』でデビュー。翌年の『鎮魂歌(レクイエム)不夜城II』で日本推理作家協会賞長編部門、99年、『漂流街』で第1回大薮春彦賞を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 遥かなる想い さん

    バブルの時代に踊る男女の生き様を描いた作品である。金至上主義の考えが 徹底され、 痛快である。堤彰洋と幼馴染 麻美を 軸に 夜の狂乱の時代が軽快に描かれる。 誰一人として 共感できる人物が いない中、上巻は 欲望のおもむくままに 進む。

  • ★グラスハート★ さん

    2.0 80年代後半のバブル絶頂期。地上げマネーゲーム。大金を動かす快感に酔いしれ、爺ちゃんの十字架の教えと欲望にまみれ真面目だった彰洋に変化が。 馳星周っぽさは後半どうなるか?どのようなドンパチになるのだろう…。

  • 巨峰 さん

    バブルの時代。騙し合い。男と女。成り上がり。銀行。ノンバンク。地上げ。組織暴力。セリカ。精液。高級ホテル。マハラジャ。嘘。嘘。嘘。金。

  • Tetchy さん

    狂乱のバブル絶頂期を舞台に億単位の金が躍る世界を描いた作品。金を動かし、金の魔力に憑りつかれ、金に溺れる人々の虚構のダンスが繰り広げられる。一癖も二癖もある人物たちの関係が複雑に絡み合い、欺瞞と憎悪と裏切りの黒いゲームが繰り広げられる。それは人心操作のヒエラルキーとでも云おうか。麻美は波潟を操り、美千隆に操られる。美千隆は麻美と彰洋を操り、波潟に真意を悟らせない。波潟は美千隆に大いに疑念を抱きながら彰洋を受け入れ、利用する。その3人に翻弄される彰洋。僅かに残っていた純粋さはすり減り、自我崩壊が進んでいく。

  • keith さん

    馳星周の最新作「復活祭」を読もうと思ったら、どうやらこの「生誕祭」の続編らしいとのことで慌てて手に取った。彼の文章はセンテンスが短くて、すごく読みやすい。物語はバブル期を舞台に欲にまみれたロクでもない奴らの騙し合い。長編だがそのことが気にならないほど面白い馳ノワールの世界。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

馳星周

1965年北海道生まれ。横浜市立大学卒業。出版社勤務を経てフリーライターになる。96年『不夜城』で小説家としてデビュー。翌年に同作品で第18回吉川英治文学新人賞、98年に『鎮魂歌(レクイエム)―不夜城2』で第51回日本推理作家協会賞、99年に『漂流街』で第1回大藪春彦賞を受賞。2020年『少年と犬』

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品