暮しの向付

辰巳浜子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784579304370
ISBN 10 : 4579304373
フォーマット
出版社
発行年月
2011年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,190p

内容詳細

戦争の厳しい生活をへて到達した心豊かな暮し、浜子60歳代の円熟の日々を綴る。自然の声を聴き、季に添って生きる、娘・芳子に引き継がれた思想の原点がそこに。鎌倉の自然の恵みを糧とした日々を描く随筆。

【著者紹介】
辰巳浜子 : 明治37年生れ。香蘭女学校卒業後、辰巳芳雄氏と結婚、一女二男を得る。その家庭料理が評判になり、各婦人誌、初期のNHKテレビ「きょうの料理」などに登場し、料理研究家のさきがけとされる。その生涯は『まごころの人 辰巳浜子』(辰巳芳子編 文化出版局刊)に詳しい。昭和52年、七十三歳で逝去

辰巳芳子 : 大正13年、芳雄・浜子夫妻の長女として生まれる。母の傍らで会得したものを更に越え、命を支えるスープの研究・指導、大豆を広め、確かな食材を伝える運動と幅広く活動し、発言している。著書多数、平成22年、NHK放送文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 雷華 さん

    【図書館】教科書を読んでいるような感覚にかられる、料理を中心とした生活のあれこれを語る本。古きよき時代の細やかな習慣や、戦後数十年後の経済成長期を憂うなど言葉は丁寧で分かりやすいのですが、いささか人を選ぶ内容かとおもいます。調理関連は呼んでてとても勉強になり、図書館の本なのに戦を引きたい衝動にかられてメモをいくつか…。現状をみたら、先生は更に嘆く世の中でしょう…

  • 夏みかん さん

    狭い狭い我が家の庭を眺めながら、広い広い庭が欲しいなと思いました。そして、今の日本には食べ物があふれているけれど本当に美味しいものはあまり残っていないんだろうなと思いました。清流で育った天然の鮎の味が懐かしくて恋しいです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

辰巳浜子

料理研究家。1904(明治37)年、東京生まれ。香蘭女学校卒業。1977(昭和52)年逝去。享年73

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品