人生を変える「質問力」の教え 思考を深めて、人を動かし、最高の結果を出す方法

谷原誠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784866212289
ISBN 10 : 4866212284
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
谷原誠 ,  
追加情報
:
239p;19

内容詳細

人に質問し、答えてもらったときにすぐ●●するのは避ける。「なぜ?」の質問を続けてはならない本当の理由とは?「どうしてダメなんだ?」はNG。ではどう質問すればいいのか?―情報収集から説得や交渉、議論にも勝てる「質問力」を養う!

目次 : 序章 質問力で人生は変わるのか/ 第1章 相手と自分の思考をコントロールする/ 第2章 思いのままに相手から情報を得る/ 第3章 質問で相手の自尊心を満たす/ 第4章 質問する側になって議論を制する/ 第5章 交渉にも質問を駆使する/ 第6章 質問で相手の価値観を変える/ 第7章 過労交通事故裁判に質問力で挑む

【著者紹介】
谷原誠 : 弁護士。1991年、明治大学卒業。1994年、弁護士登録。みらい総合法律事務所代表パートナー。テレビのニュース番組等の解説でも活躍する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まゆまゆ さん

    質問力を身につけて成功を目指す若い弁護士を主人公とした物語。人は質問されると、反射的にその質問に答えようとして思考し考えてしまう生き物である。考えるということは、自分に質問すること。自分に質問し続けることで目標をより明確にすることができる。質問によって相手をコントロールすることも可能だが、相手をよく知り自尊心を尊重したうえで質問しなければ遺恨が残る。好かれる質問力を身につけなければ。

  • ふしん さん

    普段から質問をする時に意識してる事もあれば、なるほどと思う事もあり、質問の奥深さを感じた。物語仕立てのため分かりやすいが、一方で深堀してほしい所がサラリと書かれていたりする。そこは、物足りなさを感じた。

  • maca339 さん

    質問で相手の思考を縛る。物語形式の実践型本。

  • しまちゃん さん

    弁護士谷原誠氏が書いた本は、具体的で理解しやすいです。肉体のトレーニングも質問力を学ぶことも日々の反省と改善が大切であると説いています。質問には4つの力がある。・質問は思考を発生させる・質問は思考の方向を限定する・質問は答えを強制する・質問に対する答えは相手を縛る。質問力を得れば、・自分をコントロールする・思いのままに情報を得る・人に好かれる・人をその気にさせる・人を育てる・議論に強くなることができる。そして、議論や答弁では冷静になること。自分が何に価値を置いているかということを意識することが大切です!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品