温泉天国 ごきげん文藝

角田光代

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309026428
ISBN 10 : 4309026427
フォーマット
出版社
発行年月
2017年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

は〜、極楽、極楽。みんな温泉につかって名作が生まれた32篇の温泉エッセイ。

目次 : 湯のつかり方(池内紀)/ カムイワッカ湯の滝―落下する滝、流れる川すべてが純ナマの温泉(嵐山光三郎)/ ぬる川の宿(吉川英治)/ 湯船のなかの布袋さん(四谷シモン)/ 花巻温泉(高村光太郎)/ 記憶9800円×2(角田光代)/ 川の温泉(柳美里)/ 美しき旅について(室生犀星)/ 草津温泉(横尾忠則)/ 伊香保のろ天風呂(山下清)/ 上諏訪・飯田(川本三郎)/ 村の温泉(平林たい子)/ 渋温泉の秋(小川未明)/ 増富温泉場(井伏鱒二)/ 美少女(太宰治)/ 浅草観音温泉(武田百合子)/ 温泉雑記(抄)(岡本綺堂)/ 硫黄泉(斎藤茂太)/ 丹沢の鉱泉(つげ義春)/ 熱海秘湯群漫遊記(種村季弘)/ 湯ヶ島温泉(川端康成)/ 温浴(坂口安吾)/ 温泉(北杜夫)/ 母と(松本英子)/ 濃き闇の空間に湧く「再生の湯」和歌山県・湯の峯温泉(荒俣宏)/ 春の温泉(岡本かの子)/ ふるさと城崎温泉(植村直己)/ 奥津温泉雪見酒(田村隆一)/ 別府の地獄めぐり(田辺聖子)/ 温泉だらけ(村上春樹)/ 温泉で泳いだ話(池波正太郎)/ 女の温泉(田山花袋)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    好きな作家が多く含まれているので、読みました。激寒の今の季節に最適な湯情をそそる温泉エッセイ・小説・漫画アンソロジーです。オススメは角田光代の『記憶−9800円×2−』、太宰治の『美少女』、田山花袋の『女の温泉』の3本です♪未体験の方は、是非、露天風呂付き客室(出来れば離れ)を恋人or新婚の配偶者or愛人とお試し下さい!エロ満載で最高に欲情(浴場?)します。私はもう大分遠ざかっていますが・・・

  • 九月猫 さん

    「おいしい文藝」に続く新シリーズ「ごきげん文藝」第一弾。テーマが温泉のせいか、文豪と呼ばれる作家さんたちの作品の収録が既刊より多い、かな。その中にあって、印象に強く残るのは角田光代さんと漫画の松本英子さんの作品。どちらも母娘ふたり旅を描いていて、“おかん”って どこのおかんもこんななのかー!?と共感しつつ笑いつつ、私はこんな親孝行は出来ないなぁと凹みつつ。岡本綺堂の「温泉雑記」は抄録で綺堂らしい怪談話なのだけど、割愛された前半部分の方がこのアンソロジーには合っている気がして惜しい。

  • そうたそ@吉 さん

    ★★★☆☆ 「おいしい文藝」シリーズには一区切りをつけたのか、新たに「ごきげん文藝」シリーズがはじまった模様。温泉がテーマとあっては手に取らないわけにはいかない。古きから新しきまで様々な作家が綴った温泉についてのあれこれが収められる。都会の喧騒に疲れて鄙びた温泉宿でまったりって想像するだけでも素晴らしい。名だたる文豪たちも温泉で疲れを癒していた様が想像できて微笑ましい。混浴文化が当たり前だった頃のものもあったりして今と比べて驚くばかり。温泉という特別感。何だかよく分からないがとにかく素敵である。

  • 山猫 さん

    太宰という男はどこまで失礼で下品で助平なんだろうか?最低である。種村季弘も川端もだ。狂気を匂わせるほど目ばかりギョロギョロで病的に痩せ衰えてる姿やぶったるんだケツや出っ張った腹を棚に上げて、たまたま見かけた素人女性の裸体や容貌をあれこれあげつらうなどセクハラを通り越して、人間として下の下である。井伏鱒二は旅館で気の毒な目に遭っていて同情を禁じ得ない。武田百合子の「良質は重曹泉」は「泉質は」か「良質な」の誤植か?池内紀氏が風呂場でのうるささを戒める良識派なのは、サウナ文化の長いドイツ生活経験故だろうか。

  • むつこ さん

    温泉にまつわるエッセイ集。どの作品も温泉気分にトリップできる。あー、久しぶりにあのクサイ硫黄の温泉入りたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

角田光代

1967年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。90年「幸福な遊戯」で「海燕」新人文学賞を受賞して本格的に作家デビュー。主な小説作品に、『まどろむ夜のUFO』(野間文芸新人賞)、『ぼくはきみのおにいさん』(坪田譲治文学賞)、『キッドナップ・ツアー』(産経児童出版文化賞/路傍の石文学賞)、『空中庭園』(婦人

プロフィール詳細へ

角田光代に関連するトピックス

  • 映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD2019年10月25日発売決定... 角田光代のみずみずしくも濃密な片思い小説を、“正解のない恋の形”を模索し続ける恋愛映画の旗手、今泉力哉監督が見事に映... HMV&BOOKS online|2019年08月06日 (火) 12:30
    映画『愛がなんだ』Blu-ray&DVD2019年10月25日発売決定...
  • 角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化 二人の人気作家がこれまで手にした小説、絵本、詩集、料理本に登場する「食」を、100篇のエッセイとしてまとめた『私的読... HMV&BOOKS online|2015年11月20日 (金) 19:05
    角田光代&堀江敏幸の連載を書籍化
  • 角田光代の珠玉のエッセイ集 愛すべき、私たちのしょっぱい日常。恋愛の苦み、読書の深み、暮らしの滋味…膝を打ちたい気分で人生のあれこれを語ったエッ... HMV&BOOKS online|2015年06月16日 (火) 14:09
    角田光代の珠玉のエッセイ集

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品