脳リミットのはずし方 自分の限界を超えろ!

茂木健一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309248530
ISBN 10 : 4309248535
フォーマット
出版社
発行年月
2018年03月
日本
追加情報
:
208p;19

内容詳細

自分の限界は、自分がつくり出した幻想だと知ること。自分という枠から飛び出す勇気を持つこと。失敗を恐れずに、変化を心の底から楽しむこと。さあ、脳リミットをはずして、“脳力”を最大化しましょう!

目次 : 第1章 なぜ、私たちの脳は限界をつくってしまうのか?(自分の「脳リミット」を診断チェックしてみよう!/ ノーマルな脳にはリミットがかかっている! ほか)/ 第2章 脳リミットをはずす「安全基地」を手に入れよう(安心してチャレンジできる「安全基地」をつくり出そう!/ 学歴や肩書きは安全基地にはならない!? ほか)/ 第3章 脳リミットをはずす脳のトレーニングを始めよう(自分の限界を超えるための「セルフイメージ・トレーニング法」/ 客観的な自己評価「メタ認知」に磨きをかける! ほか)/ 第4章 脳リミットをはずすためのスキルを身につけよう(最後までやり抜く成功の鍵「グリット力」/ たとえ三日坊主でも、「ベストエフォート力」で乗り切る! ほか)/ 第5章 脳リミットをはずして人生を変えよう(「最初のペンギン」になって、チャレンジの海に飛び込もう!/ 勇気を持ってチャレンジしなければ何も変わらない! ほか)

【著者紹介】
茂木健一郎 : 1962年東京生まれ。脳科学者。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て、ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。2005年、『脳と仮想』(新潮社)で第4回小林秀雄賞、2009年、『今、ここからすべての場所へ』(筑摩書房)で第12回桑原武夫学芸賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さと さん

    「脳」を研究対象というより、「相棒」堪らない魅力を感じているのが伝わってくる。私たちの人生を生き辛くしているのも、限界だと思わせているのも自分自身で設けたリミットだという認識に基づくリミットの外し方、支えとなる考え方を伝えている。脳のメカニズムとご自身の経験を客観的立場で伝えてくれているので“こうすべき”とか“これはだめ”的な圧力は無い。完璧主義だった私にとって失敗に対する恐れが大きなブレーキ(リミット)になっていたのだが、「そもそも失敗って?」

  • はる さん

    限界だと感じているのを取り払って、もっともっとやりたいことをやっていこうという感じ。やりたいことやってると思うけど、もっと振り返ったり考えたりして、やれる範囲が広がるかも。やる気はいらない、やる気がダメにするというのは目からウロコだったな。

  • 舞人(maito) さん

    茂木さんの著書は結構勢いとノリの論調が多い(笑)この本も他の著書と内容が被っているものは多い。でも、その文調が好きで、モチベーションUPのために読んでいるという人多いんじゃ無かろうか?かくいう自分はその一人。読んでいてワクワクしてくるし、意欲が湧く。自分の能力とか性格をできない理由にせず、失敗や三日坊主を恐れずどんどんやってしまおう!読み終わったらすぐに何かをしたくなる1冊だ。

  • サラダ さん

    私はモチベーションをどうやって高く保つかを常に考えているので、「モチベーションは不要。やる気がチャレンジを妨げる」という考え方は斬新に感じました。限界だと思っているところは、実は自分で作り出した幻想。失敗を恐れずに勇気を出して自分の枠から飛び出そう。後悔しないためにも自分の可能性にかけてみよう。などなど心に響きました。新しいことを始めたくなっています。

  • スナフキン さん

    「自分にはムリ」「普通は」といった固定した考え方が脳リミット。それを解除するには深く考えすぎないことを意識しながらとにかくやってみる。その際大事なのは平常心・戦略・メタ認知・最後までやり抜く力・一度失敗しても再チャレンジする力・構想力・勇気・フットワークの身軽さなど。一度楽な方へと逃げてしまうと、「逃げグセ」がついてしまうので要注意。本書を読んで中断していた小説の執筆、英語の勉強を再開しようと思った。勇気とパワーを与えてくれる良書。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

茂木健一郎

1962年東京都生まれ。脳科学者。ソニーコンピュータサイエンス研究所シニアリサーチャー。東京大学理学部、法学部を卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻課程修了。理学博士。理化学研究所、ケンブリッジ大学を経て現職。「クオリア」(感覚の持つ質感)をキーワードとして、脳と心の関係を探求しつづけている

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品