乱世を生きる 市場原理は嘘かもしれない 集英社新書

橋本治

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203189
ISBN 10 : 4087203182
フォーマット
発行年月
2005年11月
日本
追加情報
:
18cm,238p

内容詳細

バブル崩壊後、どう生きていけばいいのかわからなくなった日本人は、「勝ったか、負けたか」の結果で判断するしかなくなった。しかし…。一筋の光明に向かって力強く語る、橋本治流ビジネス書、待望の第3弾。

【著者紹介】
橋本治 : 1948年、東京生まれ。作家。東京大学文学部国文科卒。77年『桃尻娘』で講談社小説現代新人賞佳作受賞。以後、小説、評論、戯曲、古典現代語訳、エッセイ、芝居の演出等で幅広い創作活動を続ける。『宗教なんかこわくない!』で第九回新潮学芸賞、『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で第一回小林秀雄賞、『蝶のゆくえ』で第十八回柴田錬三郎賞を受賞している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • さきん さん

    今まで日本の歴史は中央の腐敗から地方から新勢力の勃興を繰り返してきた。しかし、今回は中央が爛熟し、腐っていっても、地方自体が中央に人材を吸い取られているので、同じような歴史展開を期待できない。本当に中央の統制が効かなくなって地方が自立しなくてはいけなくなった時は何か動きが起こるかもしれない。勝ち組、負け組の考えは2017年の時点だと、2000年前半に比べて弱まっていると思う。ごく一部を除いてみんな共倒れに近い経済状態だからだ。これから経験する世の中は乱世なのか未知数だ。

  • おおにし さん

    今の日本は価値体系が崩れて機能しなくなった、知的な「乱世」であるという認識は納得できる。乱世だからこそ「今の日本の社会のあり方はおかしい」と思う人は他人に答えを求めるのではなく自分の頭で考えなさいと橋本治さんはこの本で言っている。ここに書かれたことはあくまで橋本さんの考えた途中経過であり、「この後よろしく」とのこと。乱世を生き抜くために私もこの本から得たヒントを元に続きを考えていきたいと思う。

  • ちくわん さん

    主題が難しいのか、途中から全く頭に入ってこない。ただ、改めてタイトルを見ると、確かにこれを語っていた。私が壊れかけなのか、こういう本(著者)なのか、実に不可解。まっ、再読回し。

  • nori さん

    Stop reading. How positive meaning existed between Japanese 15 century and modern economic world. Also, it may not be universally accepted for 春秋戦国 which did not have authority like Japan. There was monarch of 周 dynasty still alive.

  • 仲本テンカ さん

    市場原理。お金の時代。必死で働くこと。勤労は美徳。金を稼げない奴はヘボ。金を稼げる奴は立派。現在は知的な乱世。勝ち組・負け組。自由競争という名の経済成長。そして、年金の破錠…。それらは、嘘かもしれない。本当かもしれない。橋本さんは、考える。「考えすぎ」なんて言葉を、まるで知らないかのように。本書では、橋本さんの「考えすぎ」に付き合うことになります。付き合うのは大変です。けれども、私は、付き合ってみて良かったと思っています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

橋本治

1948年東京生まれ。東京大学文学部卒。77年『桃尻娘』で小説現代新人賞佳作を受賞しデビュー。小説・評論・古典の現代語訳・イラストなど幅広い分野で活躍。96年『宗教なんかこわくない!』で新潮学芸賞、2002年『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』で小林秀雄賞、『草薙の剣』で野間文芸賞を受賞。201

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品