生涯弁護人 事件ファイル 2 安部英 カルロス・ゴーン 野村沙知代…

弘中惇一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065261101
ISBN 10 : 4065261104
フォーマット
出版社
発行年月
2021年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
463p;20

内容詳細

安部英(薬害エイズ事件)、カルロス・ゴーン、野村沙知代・・・マスコミを騒がせた問題人物は本当に罪を犯したのか。「悪人」に仕立てられた人たちの知られざる素顔と事件の真相。絶対的に不利な状況から数々の無罪判決を勝ち取り、「無罪請負人」と呼ばれる弘中淳一郎弁護士が初めて公開する全事件簿。マスコミと刑事司法が作り出した虚構のストーリーの裏に隠された、知られざる物語に、あなたはきっと驚愕する。

村木厚子事件(厚労省郵便不正事件)、小澤一郎事件(陸山会政治資金規正法違反事件)、鈴木宗男事件、マクリーン事件、クロマイ・クロロキン薬害訴訟、医療過誤訴訟、三浦和義事件(ロス疑惑)などを扱った「事件ファイル1」も同時刊行。
目次

第一章 報道が作り出す犯罪
・安部英医師薬害エイズ事件

第二章 弱者と共に
・下館タイ女性殺人事件
・小学生交通事故死事件
1中野区スクールゾーン交通事故死事件
2 大型貨物車左折巻き込み事件

第三章 名誉毀損・プライバシー侵害と報道の自由
・名誉毀損・プライバシー侵害事件
1 野村沙知代事件
2 中森明菜プライバシー侵害事件

・プロダクションとの紛争事件
加勢大周事件

・記号化による人権侵害
中島知子事件
   
・「表現の自由」をめぐる訴訟
1「日刊新愛媛」事件
2「噂の眞相」名誉毀損事件
3「創」接見妨害事件

第四章 誰もが当事者に
・警察官による暴行事件
1 八千代台交番事件
2 川崎暴走族事件

・痴漢冤罪事件
1 K教授事件
2 H青年事件

第五章 日本の刑事司法の現実
カルロス・ゴーン事件

【著者紹介】
弘中惇一郎 : 弁護士。法律事務所ヒロナカ代表。1945年、山口県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1970年に弁護士登録。クロマイ・クロロキン事件ほかの薬害訴訟、医療過誤事件、痴漢冤罪事件など弱者に寄り添う弁護活動を続けてきた。三浦和義事件(ロス疑惑)、薬害エイズ事件、村木厚子事件(郵便不正事件)、小澤一郎事件(「陸山会」政治資金規正法違反事件)など、戦後日本の刑事訴訟史に残る数々の著名事件で無罪を勝ち取った(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ねお さん

    タイトルに「弁護人」と入っているため、刑事事件がメインの書籍かと勘違いする人もいるかもしれない(私もそうだった)が、特に2巻の半分は民事訴訟と国賠訴訟に関する事件が扱われている。弘中先生が民事であれ刑事であれ、弁護士としてどのような考えを持ってどのような弁護活動をされていたかを失敗や反省も含めながら丁寧に記述されており、50年という長い弁護士人生の中で出会った一つ一つの事件、一人一人の依頼者を大事に思っていらっしゃることが伝わる。医療訴訟・薬害訴訟が自分の専門分野だと思っていたところ、安部氏の弁護人を引き

  • Hiroo Shimoda さん

    1の方が被告と弁護人の一体感があり面白かった。サッチーやゴーンのエピソードはその辺少し弱いかな。どの事例も論点や社会課題が分かりやすく勉強になる。

  • なおぞう さん

    リアル99.9度:★★★★裁判ものはやはり面白いです。99.9というドラマはたった0.01%にひっくり返すという松潤のくだらないダジャレだけの裁判ドラマと思いきや実は真面目なドラマでしたが、検事がそこまでやるかい?と思っていました。でも実際検事が情報操作とかやるんだなと本を読んで知りました。また裁判は民意がかなり影響あり、自分もマスコミに影響されているなあと思いました。でも弘中さんもこの被疑者実は怪しいじゃないと思いながら弁護することもあるんだろうなあ。この本では全く怪しんでませんけど。

  • rinrinkimkim さん

    1と2を逆にしてた。1の方が断然面白いです。法廷での戦い方、検察のでたらめを崩すやり方。あと訴訟用?法曹界用語がバンバン出てきて、そのエッセンスが緊迫感を2割増しにしてる。村木さんが一番気になっていたので最初に読みました。確かに自分がハンコ持ってんだから偽造なんてしないで速攻で出しちゃえる。ってあたり、検察の人はボーっとしてたのでしょうか?チコちゃんに叱られます。あと三浦氏。氏の最期はあまりにも哀れでした。アメリカの弁護士調べっちゃった。1を読むと2はあっさりして、緊迫感に欠けるかも。

  • まなびと さん

    audible。誰もが知る事件の、弁護士による振り返り。2冊目は薬害エイズの安部医師やカルロス・ゴーンなど。安部医師は元々気性が荒めで厳しいのでマスコミでも極悪人のように描かれてしまった。血液製剤を投与した臨床医師が訴えられた例があるのは日本だけ。予見可能性があるかどうかが争われた。カルロス・ゴーンは日産と経産省、検察により陥れられた。日本は役員報酬の相場が低いため資産で購入したものが贅沢品扱いされてマスコミで悪意を持って紹介された。とにかく誰か1人を悪者扱いすることで責任を取らせる文化が強い日本。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

弘中惇一郎

弁護士。法律事務所ヒロナカ代表。1945年、山口県生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1970年に弁護士登録。クロマイ・クロロキン事件ほかの薬害訴訟、医療過誤事件、痴漢冤罪事件など弱者に寄り添う弁護活動を続けてきた。三浦和義事件(ロス疑惑)、薬害エイズ事件、村木厚子事件(郵便不正事件)、小

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品