乳と卵 文春文庫

川上未映子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784167791018
ISBN 10 : 4167791013
フォーマット
出版社
発行年月
2010年09月
日本
追加情報
:
16cm,133p

内容詳細

娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取り憑かれている。緑子は言葉を発することを拒否し、ノートに言葉を書き連ねる。夏の三日間に展開される哀切なドラマは、身体と言葉の狂おしい交錯としての表現を極める。日本文学の風景を一夜にして変えてしまった、芥川賞受賞作。

【著者紹介】
川上未映子 : 1976年、大阪府生まれ。「夢みる機械」(2004年)「頭の中と世界の結婚」(2005年)などのアルバムをビクターエンタテインメントより発表。2006年、随筆集『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』をヒヨコ舎より刊行。2007年、初めての中篇小説「わたくし率 イン 歯ー、または世界」が第137回芥川賞候補となる。同年、坪内逍遙大賞奨励賞を受賞。2008年、「乳と卵」が第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』が中原中也賞を受賞。2010年、長篇小説『ヘヴン』が芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

3.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
すべて真夜中の恋人たち、ヘブン、の次にこ...

投稿日:2021/07/04 (日)

すべて真夜中の恋人たち、ヘブン、の次にこれを読んだのですが、途中で挫折してしまいました、、じっとりねっとりなんだか読み進められず、、忘れた頃にまた挑戦してみたいと思います。

くるりーむ さん | 福岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    第138回(2007年下半期)芥川賞受賞作。1文の長い饒舌体の大阪弁で語られる独特な話法。井原西鶴の文体がまさにそうであった。選考委員の池澤夏樹が樋口一葉へのオマージュを指摘しているが、同様に西鶴へのそれでもあるだろう。タイトルにとられている、乳と卵は女としての生物的な性(セックス)のシンボルだろう。そして、それはセックスであると同時にジェンダーでもある。豊胸に拘泥する巻子と、子どもを産みたくないという緑子。「ほんまのことなんて、ないこともある」―最後は生そのものの根源的な意味にまで遡及することになる。

  • absinthe さん

    読み始めるになかなか意味が解らんなぁ、この作家さんなかなか句読点打たへんな、文が長いな、と思いながら読み進め、これは女の体に起こる成長と加齢による変化の物語でそれを男性性を排除した3つの視点から書いているのやなぁと思いながら、消費期限の卵(たまご)を捨てようか悩む場面で、ははあこれは卵(らん)と卵(たまご)を掛けとんやなぁと感心し、クライマックスに至ってみたらいつの間にか面白くなってて、最後は通勤電車の中にも関わらずくすくす笑いながら、いい話読ませてもろたと感心したような感想。

  • 抹茶モナカ さん

    豊胸手術に取りつかれた巻子。筆談しかしない娘の緑子。3人の女性の風景。饒舌なようで、不器用な文体が、読んでいて、わくわくした。ただ、描かれる風景やイメージは、少し安直な感じもしなくはない。それでも、純文学していて、良かった。

  • 風眠 さん

    改行無しでえんえんと大阪弁で綴られる文章は、最初読みにくいなと感じたが、慣れてくるとじかにおしゃべりを聞いているような不思議な感覚になる。まるで音楽のようで、とても気持ちがいい。女同士のあけすけな会話の中に見え隠れする、成熟したくない娘の葛藤と、若く魅力的であり続けたい母親の葛藤。そこにがんじからめになるあまりに、二人は意思疎通を半ば諦めてしまう。女として生きることの苦しさと悲しさ、胸の内に秘めたプライド、じたばたする女たちの本音が描かれた作品だった。好みは分かれそうだけど、私は好きだな。

  • hit4papa さん

    主人公のもとを訪れてきた姉とその娘。姉は豊胸にご執心で、娘はそんな母との会話を拒否しています。そんな二人を前になすすべなしの主人公の、夏の数日が饒舌文体にて軽快に描かれています。大きな出来事は起こりませんが、日常の些細な一コマ一コマに、主人公の脳内を言葉が駆け巡ります。読み進めると会話の捉え方、ものの見方に主人公のひととなりが表れてくるのです。言葉の奔流に身をまかせると実に愉快な気持ちになります。ふふふ。収録作「あなたたちの恋愛は瀕死」は、旦那はん(阿部和重)が書いたかのような作品ですわね。【芥川賞】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川上未映子

大阪府生まれ。2007年、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21

プロフィール詳細へ

川上未映子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品