あこがれ

川上未映子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784103256243
ISBN 10 : 4103256249
フォーマット
出版社
発行年月
2015年10月
日本
追加情報
:
248p;20

内容詳細

第一回渡辺淳一文学賞受賞!

みんな遠くへ行ってしまう。本当の自分を知っているのにね――。四年ぶりの長篇小説!

麦彦とヘガティー、思春期直前の二人が、脆くはかない殻のようなイノセンスを抱えて全力で走り抜ける。この不条理に満ちた世界を――。サンドイッチ売り場の奇妙な女性、まだ見ぬ家族……さまざまな〈あこがれ〉の対象を持ちながら必死で生きる少年少女のぎりぎりのユートピアを繊細かつ強靭無比な筆力で描き尽くす感動作。

【著者紹介】
川上未映子 : 1976年大阪府生れ。2007年『わたくし率イン歯ー、または世界』『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』で早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞、08年「乳と卵」で芥川賞、09年『先端で、さすわさされるわそらええわ』で中原中也賞、10年『ヘヴン』で芸術選奨文部科学大臣新人賞および紫式部文学賞、13年『水瓶』で高見順賞、『愛の夢とか』で谷崎潤一郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    王様のブランチで紹介されてから、予約したので大幅に出遅れてようやく読めました。小学校高学年の多感な時期の物語、自分が小学生に戻ったかのように感情移入できてしっくり来ました。「ヘガティー」と呼ばれても動じず、「銃撃戦」を愛する小学生女子に凄味を感じます。将来どんな大人になるのか楽しみです。紅茶の匂いのような屁とは食べるとバラの香りのう〇こになる健康食品に通ずるものがあるのでしょうか?

  • 風眠 さん

    もやもやとして言葉にできない想い。的確な言葉で言えないだけで、切なさや理不尽さ、淋しさや別離、といったデリケートなところを、子どもは大人よりも深く感じているのかもしれない。わからない分だけ純粋に、ダイレクトに感じ取っているのかもしれない。生きていく事の深みも、大人の事情も、大人に言えない淋しさも、全部、全部、小さな胸に抱えて、麦くんとヘガティーはこれから大人に近づいていくのだろう。バイバイ、またね、のかわりの合言葉は「アルパチーノ」。それはふたりの魔法の言葉。ほんの少し励まされるような、愛おしいような。

  • hiro さん

    『すべて真夜中の恋人たち』以来の久しぶりの長編。川上未映子作品といえば、あの句点がなかなか出てこない独特の文章を思い浮かべ、まずそれを探してしまう。麦くん(男の子)、ヘガティー(女の子)の友達同士の小学生ふたりがそれぞれ主人公となる二章からなる作品。麦くんはサンドイッチ売り場の店員ミス・アイスサンドイッチにあこがれ、一方、へガティーはひょんなこと知った自分の半分だけお姉さんにあこがれ、主人公達はあこがる人に会いに行く。この小学生のあこがれに対する行動が、とうにこんな気持ちを忘れてしまった自分の心に響いた。

  • なゆ さん

    なんだか、とても純粋なキラキラしたものに触れた気分。麦くんとヘガティーのおかげで。すごいな川上さん、こんな世界も書いてしまうんだ!麦くんは4年生のときに、ヘガティーは6年生になって、それぞれとても気になる人が現れて、その人に会いに行く。どう言ったらいいのかわからない感情、分け合う不安、一緒に一生懸命に考え合うふたり。ヘガティーの心の成長は鮮やかすぎて眩しいくらい。お母さんへの手紙なんて、涙なしには読めない。ああ、清々しい読後感。中学生のふたりも読めたらな。願いを込めて…じゃあまたね、アルパチーノ!

  • めろんラブ  さん

    四年ぶりとなる川上さんの長篇は、思春期以前の少年少女の想いをモノローグで綴った瑞々しい物語。モノローグゆえ、彼と彼女の想いがダイレクトに届き、胸がしめつけられる事しばしば。不条理に満ちた世界で、今もこの先も生きていくための拠り所を、各々があこがれの対象と対峙することで見いだす過程は、冒険・挑戦にも似て。ふたりの関係は成長に伴って変わっていくかもしれないけれど、心を寄せ合い共に過ごした記憶は、温かい灯火として残るよう願う。”あこがれ”という言葉に宿る甘美な純粋さを堪能できる一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川上未映子

大阪府生まれ。2007年、『わたくし率 イン 歯ー、または世界』が第137回芥川賞候補に。同年、第1回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞受賞。2008年、『乳と卵』で第138回芥川賞を受賞。2009年、詩集『先端で、さすわ さされるわ そらええわ』で第14回中原中也賞受賞。2010年、『ヘヴン』で平成21

プロフィール詳細へ

川上未映子に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品