中国料理と近現代日本 食と嗜好の文化交流史 慶應義塾大学東アジア研究所叢書

岩間一弘

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766426434
ISBN 10 : 4766426436
フォーマット
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
382p;22

内容詳細

なぜ、日本で独自の進化を遂げ、これほどまでに広まったのか?中国料理をめぐる政治・社会情勢に着目しながら、東アジアにおける食の文化交流の多様な軌跡をひもとき、新たな史実を究明する。

目次 : 日本の中国料理はどこから来たのか/ 第1部 近現代日本の中国料理(戦前期日本の「支那料理」―家庭での受容と「支那料理店」をめぐる状況/ 日本における中国料理の受容:歴史篇―明治〜昭和30年代の東京を中心に/ 日本における中国料理の受容:料理篇―明治〜昭和30年代の東京を中心に/ 日本の華僑社会におけるいくつかの中国料理定着の流れ―神戸・大阪を中心として/ 京都の中国料理―伝統の創造と料理の帰属/ 熊本の「郷土料理」としての中国料理「太平燕」から考える―素材と文脈、文化を「囲い込む」こと、開くこと/ 日本における中国料理の料理人の現地化と業界団体の変化)/ 第2部 越境する中国料理(料理人と料理教育者―台湾が日本に輸出した「中国料理」:1945年から1970年を中心に/ チャジャン麺ロード―20世紀東北アジア、チャジャン麺流浪の旅/ 朝鮮半島における「中国料理」の階段的受容―分断後の韓国までを視野に/ グローバル政治におけるディアスポラ汎中国料理の創出/ 中国教育と中国の「食文化」に関する考察―中国語テキストにおける事例を中心に)/ 第3部 中国料理の文化と政治(「中国料理」はいつ生まれたのか―『申報』に見える料理の語彙の分析を通して/ 1920‐30年代における上海の調味料製造業と市場競争―中国の味精と日本の味の素に着目して/ 太平洋戦争下の食と健康―中国の日本人俘虜は何を食べていたのか/ 北京老字号飲食店の興亡―全聚徳を例にして)

【著者紹介】
岩間一弘 : 1972年生。慶應義塾大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品