覚悟の磨き方 超訳吉田松陰

吉田松陰

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784861139925
ISBN 10 : 4861139929
フォーマット
発行年月
2013年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
245p;20

内容詳細

13刷20万部のベストセラーです(2014年1月時点)。

<担当編集者のコメント>
日本史上、吉田松陰ほど「クレージー」を愛した人はいないでしょう。
松下村塾という小さな塾から、その強烈なカリスマ性をもって、高杉晋作、伊藤博文をはじめとする数多くの異端児たちを育てあげました。
この本には、30歳という若さでこの世を去った松陰先生が、命がけで残そうとした「願い」が集まっています。
それらを一つひとつ胸に刻むごとに、若き日々に置いてきてしまった「狂の心」が、ふつふつとよみがえってくるのです。

不安と生きるか
理想に死ぬか


外国の文明を学ぼうと、死罪を覚悟で黒船に乗り込もうとした。
幽閉の処分となると、小さな塾を開いて、高杉晋作や伊藤博文など、後の大臣や大学創設者になる面々を育てた。
誰よりも遠くを見据えながら、幕末を熱く駆け抜けた天才思想家・吉田松陰。

彼の「心」「志」「士」「友」「知」「死」日本史上、最も熱くてリアルな人生哲学が世代を超えて心に響く、強くてやさしい言葉でよみがえる。

各言葉の超訳は、主に次の文献を参考にさせていただきました。
講孟剳記:001~003/006~017/020/021/027/035/038~041/043~057/061/062/072/074/077~079/081/082/084~092/098~100/110/111/113/114/116~120/122~124/127/134/135/139/142~145/149~159/164/166~169/172・留魂録:004/148/174/176・従弟玉木彦介に与ふる書:005・野山獄文稿「士規七則」:018/058~060/083/096/105/125/126/146/154/170・同「太華山県先生に与えて講孟さつ(答にりっとう)記の評を乞う書」:129・松陰詩稿「彦介の元服を祝す」:019・同「五十七短古」:63/109・同「松下村塾聯」:128・浮屠清狂に与うる書:022・浮屠黙霖に復する書:036・松村文祥を送る序:037・七生説:023・未忍焚稿「人の忠を問へるに答ふ」:024/130・未焚稿「寡欲録」:025/140・同「兵学寮掟書条々」:066/067/131/132・将及私言:026/064/065/070/101・丙辰幽室文稿「久坂生の文を評す」:028/107/108/133/163・同「久坂玄瑞に復する書」:029/160・同「七生説」:102・同「又読む七則」:071・同「天下は一人の天下に非ざるの説」:103・同「人に與ふ二篇」:173・戊午幽室文稿「狂夫の言」:030・同「投獄紀事」:033・同「村塾の壁に留題す」:106・同「諸生に示す」:136・猛省録:031・兄梅太郎宛書簡:032/034/138・幽囚録:042/075・武教全書講章「籠城の大将心定めの事」:068/069・武教全書講録「財宝器物」:147・中谷賓卿を送る序:073・小田村伊之助あて書翰:076・獄中より家兄伯教に上る書:080・回顧録(松陰読本):093・松下村塾記「華夷の弁」:094・佐世八十郎に送った手紙:095・野山雑著:097・東北遊日記:104・赤川淡水の館中同学に与ふる書を読む:112・要路役人に与ふ:115・明倫館御再興に付き気付書:121・己未文稿「思父(品川弥二郎)を詰る」:137・諸生に示す:141・福堂策:161・馬島生に与ふ:162・中村道太に与ふ:165・妹千代あて書翰:171・照顔録:175

【著者紹介】
池田貴将 : 早稲田大学卒。リーダーシップ・行動心理学の研究者。大学在籍中に世界No.1コーチと呼ばれるアンソニー・ロビンズから直接指導を受け、ビジネスの成果を上げる「実践心理学」と、東洋の「人間力を高める学問」を統合した独自のメソッドを開発。リーダーシップと目標達成の講座を開始すると、全国の経営者・役職者からたちまち高い評価を得た。また安岡正篤、中村天風、森信三の教えを学び、東洋思想の研究にも余念がなく、中でも最も感銘を受けた吉田松陰の志を継ぐことを自らの使命としている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • tokotoko さん

    この本は、どのページもね、元気に満ちています。弱ったり、疲れてても、「大丈夫」っていう気持ちをいっぱいくれます。それだけじゃなくてね、「あっ!・・・こうしてみよっかなぁ!?」ってアイデアが湧いてきたりします。これってね、まるで「親友」です。もし時代が戻れたら、私、危険なことしようとする松陰さんを、思いっきり!!大迫力で!!とめたいです。それで、もっともっと長生きしてもらって、もっともっと松陰さんの言葉、聞きたいです。でも、ムリだから。176個の言葉、時々本を開いて聞かせてもらうね。だから、見守っていてね。

  • 吉本興業社長・寺 さん

    現代語に訳した吉田松陰語録。巻末の編訳者のプロフィールが多少胡散臭いのが気になるし、装丁からして『超訳 ニーチェの言葉』の二番煎じ丸出しである。だが自己啓発目指した松陰の良い言葉が並ぶ。松陰伝を数冊読んだ事がある私には、融通がきかな過ぎるほど自分の本気を押し通した松陰の幼児性を思い出して辟易する面もあるが、こういう本気を持った人に圧倒された弟子の気持ちもわかる。松陰はツッコミではなく大ボケなのだ。

  • みゃーこ さん

    もう、最高。理想に燃える松陰の熱さと生命力に感動。人生に情熱を。

  • ぱんにゃー さん

    「教える、というようなことはできませんが、ともに勉強しましょう」とは松田松陰さんが弟子たちに話しかけた言葉。ありがとうございます。(コ)

  • Satomi さん

    大河ドラマの影響を受け手に取った一冊。「超訳吉田松陰」松蔭の教えが平易な言葉で知る事が出来る。物足りないと感じてしまう程、分かり易い言葉の数々は初級編の自己啓発本の装い。30才という若さで逝ってしまった天才思想家。その志は生き続け、現在でも人々を魅了する。突然リーダーに抜擢され戸惑っている若者にオススメしたい!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品