百田尚樹『日本国紀』の真実

別冊宝島編集部

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784800297464
ISBN 10 : 480029746X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
255p;19

内容詳細

目次 : 01 『日本国紀』は「トリックの多い書」である/ 02 書店人が読んだ『日本国紀』/ 03 無断修正のオンパレード!『日本国紀』の「全正誤表」と「パクリ事例」/ 04 デビュー作『永遠の0』に見る「パクリ」のルーツ/ 05 「触らぬ百田に祟りなし」?研究者たちの『日本国紀』批評/ 06 『殉愛』法廷に見る百田尚樹「虚言」の検証/ 07 スター作家・百田尚樹を作り壊した幻冬舎・見城社長の「製造者責任」/ 08 安倍政権と百田尚樹「権力の代弁者」の末路/ 09 「もう出ない」と意気消沈 百田尚樹「朝まで生テレビ」デビュー戦プレイバック/ 10 作品、政治、歴史からメディア、著作権まで―百田尚樹「発言集」20

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    4年前に読んだ「百田尚樹『殉愛』の真実」に続いて、百田尚樹の批判本を読みました。幻冬舎VS宝島社のバトルは、面白くなくはないですが、いずれにしても低レベルな気がします。もともと百田尚樹は胡散臭さが漂う作家なので、高尚なことを求める方に無理があります。賢い読者は、あまり百田尚樹を信用していないと思いますが・・・

  • TheWho さん

    ベストセラーになった百田直樹著「日本国紀」の批判本がある事を知り、どの様な論点で批判するか興味があり手に取った1冊。結論から言うと本著は、「日本国紀」の内容に違見を述べている本ではない。百田直樹個人を罵倒をする内容だった。唯一秦郁彦氏の南京大虐殺と、自虐史観を植え付けたWGIPの異論のみであった。その異論も左翼思想異論だが。また正誤表や出典無しのパクリと断罪する点も悪あがき的に見え、それ以外は、終始百田攻撃のみであった。パ翼本もここまで落ちたかと認識した1冊です。

  • tellme0112 さん

    長い文章が苦手で、テレビ討論も苦手。だったら本人が書いてないってことかなあ〜。筋書きに沿った資料をつなぎ合わせるというところがテレビでの仕事の延長なのか…?一冊の中で矛盾することを書いているという指摘。「同じ人が書いたと思えない」百田自身が書いたわけではない、ということもあるのか、と。いろいろな方の視点が読めたのが良かった。

  • そーすけ さん

    256*本当に、ろくでもない百田尚樹。どうせ、自分で本を書いてないんだろ? 百田が酷すぎるから、一気に読んでしまった(笑)。内容以前に、まさかのWikipediaからコピペしまくりという時点で、作家として終わっているでしょ。『永遠の0』でも、パクったようだから、そういう人物なのでしょう。『殉愛』裁判の件も、本当に酷い。書籍の内容と異なる内容の証言を法廷でしているのだから、やはり本人による執筆ではないのだろうな。

  • 紫 さん

    発売直後からWikipediaなどからのコピペ+事実誤認の多さでインターネット上で騒がれた『日本国紀』批判本ということで読んでみましたが……うーん、これはもったいない。騒ぎの割に大手メディアはちゃんと批判しないし、だったら、ウチが最初にやっちゃうよ?てな感じで各方面からの批判を集めて一冊作りましたよといったお手軽な内容であります。初版と9刷を比較した修正箇所一覧も修正箇所をほぼ列挙するだけという調子で、個々のケースの問題を詳しく解説してくださいよ……。『日本国紀』の杜撰さを批判する本が杜撰ではね。星4つ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品