伊藤計劃記録

伊藤計劃

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784152091161
ISBN 10 : 4152091169
フォーマット
出版社
発行年月
2010年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,391p

商品説明

昨年三月に三四歳の若さで亡くなった著者の短篇及びエッセイ、インタビュー、映画評等を集大成。遺作長篇が昨年の星雲賞・日本SF大賞を受賞する等、今なお注目される思考の軌跡を辿る決定版。

<伊藤計劃>1974年10月東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」第1位に輝いた。2008年、人気ゲームのノベライズ『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』に続き、オリジナル長篇第2作となる『ハーモニー』を刊行。同書は第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門を授賞した。2009年3月没。享年34歳。

内容詳細

2007年6月に長篇『虐殺器官』でデビュー、日本SF大賞受賞作『ハーモニー』を遺して2009年3月に死去した作家・伊藤計劃。2年に満たない作家生活の中で、彼はエンターテインメント小説の在り方を変えた。SFマガジン発表の中篇2作「The Indifference Engine」「From the Nothing,With Love.」ほかの創作から、敬愛する小島秀夫監督、『ディファレンス・エンジン』についてのエッセイ・解説、盟友・円城塔との対談やインタビュー、そして未完長篇『屍者の帝国』までを集成。また、作家デビュー以前の1998〜2004年に個人サイトで発表し続けた膨大な映画評「Runnnig Pictures/Cinematrix」から31本を精選収録する。

目次 : 小説(The Indifference Engine/ セカイ、蛮族、ぼく。/ From the Nothing,With Love./ 屍者の帝国)/ 散文(Writings―for Hideo Kojima エクストラポレーション礼賛/ MGSシリーズへと受け継がれるポリスノーツ/ 小島秀夫―我ら神亡き時代の神の語り手として/ Writing―for SF&Others/ 伊藤計劃氏の心の一冊『ディファレンス・エンジン』/ 解説『ディファレンス・エンジン』伊藤計劃&円城塔/ 侵略する死者たち/ 人という物語/ SFの或るひとつの在り方―最高に精度の高いセンサで、現在を捉えること。)/ インタビュー(「Anima Solaris」著者インタビュー/ 伊藤計劃×円城塔「装飾と構造で乗り切る終末」/ 伊藤計劃インタビュー)/ 映画評

【著者紹介】
伊藤計劃 : 1974年10月東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」第1位に輝いた。2008年、『ハーモニー』を刊行。同書は第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門を受賞した。2009年3月没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    伊藤計劃氏は小説という媒体を使って「人間を自分の中に存在する地獄へ叩き込む自我は本当に尊いのか/いるのか?」を問いかけた。映画評論は取り上げている映画を全て見ていないので伊藤計劃氏の視点と比べられなくて理解しづらい・・・。しかし、ギブソン小説を訳した黒丸氏へのリスペクトや映画『ファイトクラブ』、『指輪物語』、『ハンニバル』への視点は興味深かったです。それにしても『虐殺器官』で紹介されていた『プライベート・ライアン』って嘔吐確実映画だったんか・・・(笑)

  • まじゅ さん

    伊藤計劃はロジックを披露する為に小説を書いていたようだ。ただ楽しむ為の読書をしたい私には相容れない。彼にとっては知っていて当然らしい書物も知らないし、説明不用らしい論理も解らない。本書を読んでいる間、自分がとてつもなく頭が悪いと言われ続けている気がした。穿った見方をすれば 伊藤計劃は実存に拘った哲学書の代わりに、より多くの人が手に取るだろう小説で己をこの世に残したかったのではないかとさえ思う。映画の評論ブログは、若者の小賢しさが鼻につくものの素直で読みやすく、くだけていて面白い。

  • 里愛乍 さん

    既読の短編小説。そして未読の散文、インタビュー、映画評。小説とは違ってこれらは伊藤計劃氏の思考で言葉で、砕けたような語り口調やインタビューの受け答えは妙に生々しく感じてしまう。彼がギブスン好きなのは初めて知ったんですが、うん確かに黒丸さんの文体ほんとカッコいいですもんねぇ。積読になってる「ディファレンス・エンジン」すぐにでも読みたくなりました。エッセイの「人という物語」はかなり興味深く、これだけでも読んでよかったと思える一冊です。

  • マウリツィウス さん

    【伊藤計劃の記録集成】映画論の設置した記号論序説を緩和したアニメSFを辛辣批判した伊藤氏は『メタルギア』超時空位相により古典的文学像を破壊、総べられた空域とは破綻と破断、ジャンル境界=幻想を具体視したパースペクティヴは古代史論としての終末観を否定していく。前提は誤解=「SFはSF」稚拙意見を永遠回帰する文壇こそが愚であり真実の見えない器だと見切った彼の視点は国文学像が芥川以降歪めた視点を断罪していく。佐藤亜紀共鳴連鎖により既成世界文学削除方法が確立し文学越境はディック以来の変革と変容を遂げていく稀少記録。

  • Tadashi_N さん

    生粋の近未来SF好き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

伊藤計劃

1974年生まれ。2007年に『虐殺器官』(早川書房)で作家デビュー。2009年没

プロフィール詳細へ

伊藤計劃に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド