ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

人物・団体ページへ

SACD 輸入盤

音楽へのセレナード、ピアノ協奏曲、他 ピーター・ウンジャン&トロント交響楽団、ルイ・ロルティ、エルマー・イーゼラー・シンガーズ、他

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
CHSA5201
組み枚数
:
1
レーベル
:
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明


ピーター・ウンジャン&トロント響
ロルティの弾くRVWピアノ協奏曲!


東京クヮルテットの元第1ヴァイオリン奏者であり、指揮者への転身後はカナダのトロント交響楽団を復活させるなど、オーケストラ・ビルダーとしての高い手腕を発揮したことでも知られるピーター・ウンジャン。リムスキー=コルサコフの『シェエラザード』以来となる、Chandosでのウンジャン&トロント響のレコーディング第2弾は、様々な独唱者、独奏者が活躍するヴォーン・ウィリアムズの協奏的作品を収録した管弦楽作品集。
 トロント響の首席奏者を務めるサラ・ジェフリー(ob)、テン・リー(va)の他、カナダのカリスマ・ピアニスト、ルイ・ロルティやエルマー・イーゼラー・シンガーズ、世界オペラ歌唱コンクール「新しい声」2017で第2位に輝いたエミリー・ディアンジェロを始めとするカナダの一流アーティストたちが参加。ピーター・ウンジャンが、「おそらく英国でもっとも重要な、そして個人的にお気に入りの作曲家」と語る、ヴォーン・ウィリアムズの素晴らしき作品群です。
 トロント交響楽団とは30年以上にわたって強い絆を深めるピーター・ウンジャン。1981年にヴァイオリン独奏者としてトロント響デビューを果たし、1998年に指揮者として登壇。2004年にはトロント交響楽団の音楽監督へ就任し、財政危機を迎えていたオーケストラを見事再建させ、その功績はドキュメンタリー映画にもなっています。音楽監督就任から10余年を経るウンジャンとトロント響、充実のヴォーン・ウィリアムズにご期待ください。(Photo by Sian Richards)(輸入元情報)

【収録情報】
ヴォーン・ウィリアムズ:
1. 4人の独唱、合唱、管弦楽のための『音楽へのセレナード』
2. オーボエと弦楽のための協奏曲イ短調
3. ヴィオラ独奏と小合唱、小管弦楽のための組曲『野の花』
4. ピアノと管弦楽のための協奏曲ハ長調


 カルラ・フータネン(ソプラノ:1)
 エミリー・ディアンジェロ(メゾ・ソプラノ:1)
 ローレンス・ウィリフォード(テノール:1)
 タイラー・ダンカン(バリトン:1)
 サラ・ジェフリー(オーボエ:2)
 テン・リー(ヴィオラ:3)
 ルイ・ロルティ(ピアノ:4)
 エルマー・イーゼラー・シンガーズ(1,3)
 トロント交響楽団
 ピーター・ウンジャン(指揮)

 録音時期:2017年11月15,16日
 録音場所:トロント、ロイ・トムソン・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
演奏以前に録音評になってしまいますが、シ...

投稿日:2018/10/17 (水)

演奏以前に録音評になってしまいますが、シャンドスなのに録音がハイ下がりでローファイに聞こえて驚いたのでエンジニアを調べてみたら、かの悪名高いSoundMirrorのエンジニアを起用していたようです……(この会社のエンジニアは、Reference Recordingsの一部でも同様のレーベルの看板に泥を塗るような録音をしていましたね)。ピアノ協奏曲とか、ロルティのピアノは素晴らしいのに、本当に録音で損をしている。もったいないの一言に尽きます。残念。

Seiru さん | 千葉県 | 不明

0

ヴォーン・ウィリアムズ(1872-1958)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品