Blu-rayオーディオ 輸入盤

『ジークフリート』全曲 ヤープ・ファン・ズヴェーデン&香港フィル、マティアス・ゲルネ、サイモン・オニール、他(2017 ステレオ)

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NBD0069A
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
Blu-rayオーディオ
その他
:
輸入盤

商品説明


ワーグナー:『ジークフリート』
ヤープ・ファン・ズヴェーデン&香港フィル
マティアス・ゲルネ、サイモン・オニール、他


2015年の『ラインの黄金』、2016年の『ワルキューレ』に続く、香港フィルハーモニーとヤープ・ファン・ズヴェーデンの『ワーグナー:ニーベルングの指環』ツィクルス第3回目。すっかりおなじみとなった演奏会形式によるこの上演は、ツィクルスの中でも最も登場人物の少ない『ジークフリート』の緊密で息詰まるやりとりを的確に伝えています。
 魔法世界の中で繰り広げられる英雄の成長物語を歌い上げるのは名手サイモン・オニール。それを見守るのは、現代最高のバス・バリトン歌手マティアス・ゲルネ。もちろんズヴェーデン&香港フィルの音色は重厚であり、ワーグナーの求めたであろう響きを的確に紡ぎ出しています。ズヴェーデンは2018年のシーズンからニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任することが決定しています。(輸入元情報)

【収録情報】
● ワーグナー:『ジークフリート』全曲


 ジークフリート…サイモン・オニール(テノール)
 ミーメ…デヴィッド・ケンジェロシ(テノール)
 さすらい人…マティアス・ゲルネ(バス・バリトン)
 アルベリヒ…ヴェルナー・ファン・メケレン(バス・バリトン)
 ファーフナー…ファルク・シュトルックマン(バス・バリトン)
 森の小鳥…ヴァレンティナ・ファルカス(ソプラノ)
 エルダ…デボラ・ハンブル(メゾ・ソプラノ)
 ブリュンヒルデ…ハイディ・メルトン(ソプラノ)
 香港フィルハーモニー管弦楽団
 ヤープ・ファン・ズヴェーデン(指揮)

 録音時期:2017年1月6-25日 ライヴ録音
 録音場所:香港カルチュラル・センター・コンサート・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

 AUDIO Recorded and edited in HIGH DEFINITION
 24-bit, 96 kHz PCM Surround
 Presented in HIGH DEFINITION 24-bit, 96 kHz
 5.1 Surround - DTS-HD Master Audio / 2.0 Stereo-PCM

 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。
 動画は収録されておりません。

【ブルーレイ・オーディオ】
「ブルーレイ・オーディオ」とは、動画ではなく音声が主役のブルーレイ・ディスクのことです。専用機器が必要な「DVDオーディオ」とは異なり、通常のブルーレイ機器があれば、そのまま再生できるので、ブルーレイ・レコーダーなどの普及率が高い日本の場合、実はもっとも手軽な高音質メディアといえるのかもしれません。
ブルーレイ・ディスクは、SACDの5倍以上という大容量の記録をおこなうことが可能なため、各種マルチチャンネル音声などにも期待ができるところです。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
ズヴェーデンはこの作品では全体にかなり微...

投稿日:2018/05/19 (土)

ズヴェーデンはこの作品では全体にかなり微温的かな。ティーレマンのような生粋のドイツ人の真正ワーグナー指揮者に比べると物足りない。「ラインの黄金」や「ワルキューレ」に比べるとあまり成功してるとは言い難い。ただ彼はもともと伝統的なドイツ流の重厚な音楽に背を向けて繊細かつ明晰な音楽作りを目指してるのだろうし、今風のワーグナーとしてはこういう行き方もアリなのかもしれない。歌手は過去にその役で定評のあるベテラン歌手は少ないが非常にハイレベル。特にマティアス・ゲルネはホッター以上。録音実演も含めて自分が聴いた最高のヴォータン(さすらい人)だろう。ハイディ・メルトンはこのツィクルスの「ワルキューレ」のジークリンデから今作ではブリュンヒルデに昇格。アメリカ人らしいが、かつてのヴァルナイを思わせるような豊麗かつ透明感のある声で非常に将来有望なソプラノだろう。主役のサイモン・オニールはリリックテノールそのものの声で、従来この役にあてがわれていたヘルデンテノールの力強い声を期待すると拍子抜けするが、ライブ録音ながら終幕まで疲れを見せず歌いきるのは立派。録音は5.1chはかなり不自然な音場なので2chステレオで聴いた。音質自体もさほどハイクオリティという程でもなく、Blu-Ray Audioの有難味はあまり感じない。将来CDで指環全曲まとめて廉価発売されるかもしれないが、そちらでも十分かも?

風とライオン さん | ZIMBABWE | 不明

2

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品