SACD

アランフェス協奏曲、ある貴紳のための幻想曲 イエペス、ナヴァッロ&フィルハーモニア管、イギリス室内管(シングルレイヤー)(限定盤)

ロドリーゴ(1901-1999)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCGG9050
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
SACD
その他
:
限定盤

商品説明

「SACD〜SHM仕様」シリーズ第24回発売
イエペス/ロドリーゴ:アランフェス協奏曲、ある貴紳のための幻想曲


音声は非圧縮で収録!
シングルレイヤー仕様により反射率向上!
SHM仕様により読取精度向上!
生産限定盤

アランフェス協奏曲の魅力を世界に広めた20世紀のギターの名手、イエペスによる1970年代後半録音のロドリーゴ作品をカップリグしたアルバムです。
 ドイツ・グラモフォンのオリジナル・アナログ・マスターよりエミール・ベルリナー・スタジオで2012年DSD化。(Universal Music)

【収録情報】
ロドリーゴ:
1. アランフェス協奏曲
2. ある貴紳のための幻想曲

 ナルシソ・イエペス(ギター)
 フィルハーモニア管弦楽団(1)
 イギリス室内管弦楽団(2)
 ガルシア・ナヴァッロ(指揮)

 録音時期:1979年4月(1)、1977年6月(2)
 録音場所:ワトフォード・タウン・ホール(1)、ヘンリー・ウッド・ホール(2)
 録音方式:ステレオ(セッション)
 ※SACD対応プレイヤーで再生できます。


「SACD〜SHM仕様」シリーズ

原音に限りなく忠実な再生を可能にしたSuper Audio CDに、SHM素材を用いた高音質仕様。超高サンプリングレートによる圧倒的な高音質を特徴とするSACDは、1999年に規格化されて以来、再生に際しては専用のSACD対応プレイヤーが必要となるにも関わらず、熱心な音楽ユーザーからの支持を獲得してきました。 この度の製品開発においては、さらなる高音質を追及すべく、「新素材」と「原点回帰」をコンセプトに次の4点に取り組み、マスター音源に近いアナログ的な質感とスケール感を再現致しました。(ユニバーサルミュージック)

「SACD〜SHM仕様」特徴

1.透明性と流動性に優れる SHM(R)素材をボディに使用 → 透明性の高い液晶パネル用ポリカーボネート素材を採用することにより、レーザーが反射膜までの距離をより正確に往復できると共に、正確なピットを形成する為に必要な流動性にも優れています。

2.シングルレイヤー方式の採用により、音楽情報を余すところなく読み取るに十分な反射率を確保 → 現在主流のSACDレイヤーの上層にCDレイヤーを併せ持つハイブリッド型ではなく、SACD層のみを有するシングルレイヤー型を採用することで透過性を排除します。 これによって音楽情報を余すところなく読み取るに十分な反射率を確保しました。 尚、SACD対応再生機以外では再生できません。

3.圧縮なしで2ch音声を収録 → 全ての作品において非圧縮データの収録を可能にすべく、SACD層を2chに特化(一般的なSACDでは、約半分のサイズに可逆圧縮した音声を収録)。

4.最良のマスター音源を厳選 → 既存のDSDマスターから、新たにアナログテープをダイレクト・リマスタリングしたものまで、最良のマスター音源を厳選しています。(Universal Music)

収録曲   

  • 01. アランフエス協奏曲 第1楽章:Allegro con spirito
  • 02. アランフエス協奏曲 第2楽章:Adagio
  • 03. アランフエス協奏曲 第3楽章:Allegro gentile
  • 04. ある貴紳のための幻想曲 T.ビリャーノとリチェルカーレ
  • 05. ある貴紳のための幻想曲 U.エスパニョレータとナポリ騎兵団のファンファーレ
  • 06. ある貴紳のための幻想曲 V.たいまつの踊り
  • 07. ある貴紳のための幻想曲 W.カナリオ

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 オープニングの弦の爪弾きから,もう耳が...

投稿日:2012/08/15 (水)

 オープニングの弦の爪弾きから,もう耳が釘付けになります。この“ウキウキ感”は,クラシックアルバムではめったに味わえるものではありません。1楽章でこの上なく幸せな気分を味わった後に,第2楽章のあの旋律が耳に飛び込んでくるのですから,もう幸せを通り越した“恍惚”の域です。ロドリーゴのこの2曲は,今までは芸術作品というより,いわゆる「ムード音楽」として私の中に存在していたのですが,これで一変。素晴らしい芸術作品として,立ち位置を変えてくれました。  それにしても,録音がいい…! 中央のイエペスの後ろに,正にホワーッとした感じでオケの音が広がる。そして時々,たまらなく魅力的な管楽器の音が,イエペスに負けじと自己主張。  このシリーズ,今まで気づけなかった部分や,見落としていた部分を,多く開陳してくれている。かなり高い(高額)けど,感謝しなければ…。

masato さん | 新潟県 | 不明

2
★
★
★
★
★
スペイン風の情感に満ち満ちた珠玉の超名演...

投稿日:2012/08/04 (土)

スペイン風の情感に満ち満ちた珠玉の超名演だ。スペインの盲目の作曲家ロドリーゴは、勇壮華麗なバレエ音楽などで知られるファリャなどとは異なり、情緒豊かなギターのための有名な協奏曲を作曲したことで知られる。中でも、本盤におさめられたアランフェス協奏曲とある貴紳のための幻想曲は、ロドリーゴ、引いてはスペイン、そしてギターのための協奏曲を代表する2大名曲とも評されているところだ。前世期最高のギタリストの呼び声の高いイエペスは、これら両曲を十八番としていたが、その中でも最も優れた名演は、本盤におさめられた1970年代後半に、ナヴァッロと組んでスタジオ録音を行った演奏であると言えるのではないだろうか。それにしても演奏は実に素晴らしい。イエペスのギタリストとしての技巧は申し分がない。どんな難所に差し掛かっても、難なく弾きこなしており、さすがは前世期最高のギタリストだけのことはあると言える。ただ、イエペスの演奏は単に技巧一辺倒にはいささかも陥っていない。イエペスは、ロドリーゴならではのスペイン風の若干哀愁に満ち溢れた旋律の数々を心を込め抜いて歌い抜いているところである。それでいて、いささかもお涙頂戴の陳腐なロマンティシズムに陥っておらず、常に格調の高さを失っていないのが素晴らしい。このように、イエペスによる本演奏は、いい意味での剛柔のバランスがとれているとも言えるところであり、その意味ではそれぞれの楽曲の演奏の理想像の具現化と言っても過言ではあるまい。加えて、ガルシア・ナヴァッロ指揮のフィルハーモニア管弦楽団、イギリス室内管弦楽団も、イエペスのギター演奏をしっかりと引き立てるとともに、スペイン風の情緒溢れる見事な演奏を成し遂げていると評価したい。いずれにしても、アランフェス協奏曲やある貴紳のための幻想曲には、様々なギタリストによって様々な名演が成し遂げられてきているが、本盤の演奏を、それぞれの楽曲の最高の超名演と評価するのにいささかも躊躇するものではない。音質は、1977年及び1979年の録音ということもあって従来CD盤でも比較的良好な音質であった。しかしながら、今般、ついに待望のシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD化がなされるに及んで大変驚いた。音質の鮮明さ、音圧、音場の拡がりのどれをとっても一級品の仕上がりであり、とりわけ、イエペスによるギター演奏が鮮明に再現されるなど、あらためてSACDの潜在能力の高さを思い知った次第だ。いずれにしても、イエペス、そしてガルシア・ナヴァッロ指揮のフィルハーモニア管弦楽団、イギリス室内管弦楽団による至高の超名演を、現在望みうる最高の高音質であるシングルレイヤーによるSACD&SHM−CD盤で味わうことができるのを大いに喜びたい。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

2

ロドリーゴ(1901-1999)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品