レーモンド・ブリッグズ

人物・団体ページへ

ゆきだるまストーリー・ブック 児童図書館・絵本の部屋

レーモンド・ブリッグズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784566003279
ISBN 10 : 4566003272
フォーマット
出版社
発行年月
1994年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22×23cm,1冊

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Kawai Hideki さん

    先週の日曜日は雨が降っていて、娘を連れて行くと面倒なので、つい、「お父さんが一人で図書館に行ってくるわ」と言ったところ、娘が目に涙をいっぱいためて、「雪だるまの絵本がいい」と言ったので借りてきた。雪だるまを作った男の子が、夜中に起き出して雪だるまと遊ぶお話。家ので一緒に遊んだり、月明かりの空を一緒に飛んだり、まさに夢のような体験。朝になって目を覚まし、急いで庭に雪だるまを見に飛び出すと…切なすぎる結末!

  • ゆきのひ さん

    「元の絵にお話を添えました」とある。絵数を少なくし、文章も簡潔で読者の想像力を壊さず、余韻を残してくれる。

  • サウスムーン さん

    物悲しい結末。その分、特別なひとときの価値が際立つ。お話が添えられると子どもたちには良さそう。

  • 遠い日 さん

    「もとの絵にお話をそえました」ということばがある。文章はなくとも、十分に絵からにじむ物語は読み取れるのだが、ことばがあっても、このお話の優しさ、夢、そういったものは薄れはしない。ジェームズ少年の、雪だるまと過ごした、楽しかった一夜の思いが、温かく残るお話だ。

  • kazu_tea さん

    図書館へ行ったのが暑い日だったため寒さに誘われて思わず借りてしまいました。絵は、お馴染みのスノーマン。そして、作者による短い文章が付けられています。胸おどる楽しくて優しい時間と、その後に訪れる切なさ・・・。じんわりと心に染みるファンタジー。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド