さむがりやのサンタ 世界傑作絵本シリーズ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784834004366
ISBN 10 : 4834004368
フォーマット
出版社
発行年月
2003年12月
日本
追加情報
:
26cm,1冊

商品説明

狭い煙突の通路に文句をいいながら、プレゼントを配達して歩くサンタのおじいさん。ほんとはちょっと気むずかしやで寒がりなんです。連続のコマ割りの絵は、大人も十分楽しめます!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

2.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
絵のタッチは好きなんですが、子供に読み聞...

投稿日:2012/12/30 (日)

絵のタッチは好きなんですが、子供に読み聞かせる本としては、内容がなかなか伝わりにくいと思いました。 次の機会に別のシリーズを読んでみたいです。

なつお さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • thayami さん

    目の前に近づくクリスマス!確かに寒いだろうなぁ。サンタさんも、たまには愚痴りたいこともあるよね!何かにつけて一言・・・。(汗)でも、その言葉とは裏腹に、いつも愛情が一杯という気がする。次男曰く、「今年はクッキーを置こう・・・。」とのこと。(笑)絵は、USコミック調。ただし、バッキンガム宮殿やBig Benなど英国が舞台。”食事休憩”の場面。「もう少し、頑張れ〜!」と応援したくなる。

  • Kawai Hideki さん

    寒がりのサンタが、クリスマスの前日の朝、起きてから、プレゼントを配り終えるまでの24時間強をつぶさに追う絵本。「やれやれまたクリスマスか!」「冬は嫌だよまったく!」と、悪態をつきながらも、トナカイに朝ごはんをやり、赤い服に着替え、産みたての卵で朝ごはんを作るなど、丁寧な暮らしぶり。ひどい天候の中ソリを走らせ、煙突やアンテナに文句を言いつつ、プレゼントを配り歩く。夜明け近く、牛乳配達のおじさんとすれ違い、イギリス女王一家に最後の届け物をしてお仕事終了。温かい風呂に入り、ビールを飲んで眠りに。お疲れ様でした。

  • mincharos さん

    もう何度目かな〜?大好きな絵本。でも漫画みたくコマ割りになっていて、文字もないところも多いので、読み聞かせには向かないなー。他の本とは違い、このサンタはひじょーーにクリスマスをめんどくさがっている。笑 なんだかすごくリアル。これがほんとのサンタさんなんじゃないか?と思う。一人暮らしのサンタさん。でもちゃんと丁寧に生活している感じが好ましい。毎晩の晩酌も!まあ愚痴は多いけども。笑 毎年クリスマスに読みたいな。「クリスマス」本棚作らなきゃ!

  • 藤月はな(灯れ松明の火) さん

    大学の書店のフェアで展示されていたので再読。小学2年の時、この本に出会った時は衝撃的でした。なぜなら、それまで見たこともなかった、漫画のような絵本という形式だったからです!寒さ嫌いなサンタクロースがぶつくさ、云いながらもプレゼントを運ぶ。しかし、煙突から入る定説に文句を言いながら入ったり、動物に優しく、挨拶したり、お菓子よりもお酒を好いていたりと人間味があるから、この絵本のサンタクロースは好きなんだよな〜^^このサンタクロースには是非、南半球のクリスマスを思う存分、堪能してもらいたいものである。

  • HIRO1970 さん

    ☆★☆名作です。これでエスカルゴ(カタツムリ)が食べられるのを知りました。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド