ユヴァル・ノア・ハラリ

人物・団体ページへ

21 Lessons 21世紀の人類のための21の思考 河出文庫

ユヴァル・ノア・ハラリ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309467450
ISBN 10 : 4309467458
フォーマット
出版社
発行年月
2021年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
573p;15

内容詳細

驚異的ベストセラー『サピエンス全史』で全世界に衝撃を与えた新たなる知の巨人、ユヴァル・ノア・ハラリ。本書では、テクノロジーや政治をめぐる難題から、この世界における真実、そして人生の意味まで、われわれが直面している21の重要テーマを取り上げ、正解の見えない時代に、どのように思考し行動すべきかを説く。すべての現代人必読の21章。

目次 : 1 テクノロジー面の難題(幻滅―先送りにされた「歴史の終わり」/ 雇用―あなたが大人になったときには、仕事がないかもしれない/ 自由―ビッグデータがあなたを見守っている/ 平等―データを制する者が未来を制する)/ 2 政治面の難題(コミュニティ―人間には身体がある/ 文明―世界にはたった一つの文明しかない/ ナショナリズム―グローバルな問題はグローバルな答えを必要とする/ 宗教―今や神は国家に仕える/ 移民―文化にも良し悪しがあるかもしれない)/ 3 絶望と希望(テロ―パニックを起こすな/ 戦争―人間の愚かさをけっして過小評価してはならない/ 謙虚さ―あなたは世界の中心ではない/ 神―神の名をみだりに唱えてはならない/ 世俗主義―自らの陰の面を認めよ)/ 4 真実(無知―あなたは自分で思っているほど多くを知らない/ 正義―私たちの正義感は時代後れかもしれない/ ポスト・トゥルース―いつまでも消えないフェイクニュースもある/ SF―未来は映画で目にするものとは違う)/ 5 レジリエンス(教育―変化だけが唯一不変/ 意味―人生は物語ではない/ 瞑想―ひたすら観察せよ)

【著者紹介】
ユヴァル・ノア・ハラリ : イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう

柴田裕之撮影 : 翻訳家。早稲田大学・Earlham College卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mae.dat さん

    近未来。AIも活用の幅が広がるよね。ただ、シンギュラリティは(このままでは)到達しないと合意しつつも、AIの活躍の場を過大評価されている様に思われる節があり、前半はどうもピンと来なくて。フレーム問題は難しい話では無いので、それを踏まえた上で書き直して欲しい。儂の想像の翼が小さいかなぁ?AIが次のブレイクスルーを成し遂げる為には、“意識”の理解を深めなければならないと言う指摘は流石です。興味のある部分だけ読もうかなぁ〜。と、目次に目をやると、全部面白そう。そして読んでみると、それこそ真骨頂でした。後半強い。

  • アナクマ さん

    祝・文庫化。◉19章_教育。何が必要か。それは未来予測から始まる。「不確実性が欠陥ではなく特徴である世界で、どう生きればいいのか」→「人生の各時期の間の連続性がしだいに弱まる」「自分自身を何度となく徹底的に作り直す必要がある」その際に求められるのが「精神的柔軟性と情緒的なバランス」。一言でいうと、レジリエンス。とはいえ、知識伝達式の(過去のものとなった)教育の実用的な代案は「まだ考案できていない」。

  • アナクマ さん

    20章_意味。私たちを支えるさまざまなものは虚構だが、そうと分かっても人間は「物語」に頼る。理由は、個人のアイデンティティも集団の制度も物語の上に築かれているからで、そうして人間は「世界を征服した」。◉しかし「人生の意味や自身のアイデンティティについての真実を知りたければ、苦しみに注意を向け」よと結論します。物語はときにヒトを縛り苦難や争乱の元凶にもなり得るからなのでしょう、物語は答えではないのだと言い切ります。この辺り、虚構の取り扱いは要注意、意識的にならないといけない点だと思います。→

  • 楽毅 さん

    三部作の最新刊が文庫化されるとは思っていなかったので、書店で見た時に少し興奮。改めてイスラエルの若き碩学の見解には、深くて強い説得力を感じてしまった。宗教の部分は日本人に馴染みにくいかもしれないが、世界を理解する上では欠かせないファクターだ。科学の進歩が人間を支配し、自由主義の危機による世界分断の未来図は、絵空事とは言えない。気候変動への危機感が、ヨーロッパ人を中心に想像以上に強いことを改めて実感。多様な危機が迫る時代だからこそ、自分の心を真摯に見つめる必要性を説くあたりは、やはり並の知識人ではない。

  • ウゴ さん

    今日の社会情勢を言い当てた、現代人必読の書。共通の神話の消失した世界で、我々はどう生きればいいのだろうか?そのヒントは、本著作の中に隠されている。それにしても我々はとんでもない時代に生まれてしまったものだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ユヴァル・ノア・ハラリ

イスラエルの歴史学者、哲学者。1976年生まれ。オックスフォード大学で中世史、軍事史を専攻して2002年に博士号を取得。現在、エルサレムのヘブライ大学で歴史学を教えるかたわら、2020年のダボス会議での基調講演など、世界中の聴衆に向けて講義や講演も行なう

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品