CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲第1番、第5番『トルコ風』、協奏交響曲 フラング、リザノフ、J.コーエン&アルカンジェロ

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
2564627677
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第5番、第1番、協奏交響曲
ヴィルデ・フラング、リザノフ、コーエン&アルカンジェロ


ウィーン・フィル等世界の著名なオーケストラとの共演を重ねるノルウェー出身のヴァイオリニスト。12歳でヤンソンス指揮オスロ・フィルと共演し神童として欧米で注目を集め、実力派として着実に活動を続けています。
 彼女にとって4作目となる今回のアルバムでは、2012年のアジア・ツアーで意気投合して以来共演を切望していたイギリスの若手指揮者ジョナサン・コーエンと、彼自身が設立した古楽とモダン楽器の両方を演奏するアンサンブル「アルカンジェロ」をバックに、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲を取り上げます。
 ここではオーケストラはモダン楽器を使用しピリオド奏法によって、ヴィルデ・フラングの技巧と豊かな音楽性が活かされています。

【収録情報】
モーツァルト:
1. ヴァイオリン協奏曲第1番変ロ長調 K.207
2. ヴァイオリン協奏曲第5番イ長調 K.219『トルコ風』
3. ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調 K.364

 ヴィルデ・フラング(ヴァイオリン)
 マキシム・リザノフ(ヴィオラ:3)
 アルカンジェロ(管弦楽)
 ジョナサン・コーエン(指揮)

 録音時期:2014年4月
 録音場所:ロンドン、St Jude-on-the-Hill, Hampstead Garden Suburb
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. 01-03. Violin Concerto No. 1 in B Flat K207
  • 02. 04-06. Violin Concerto No. 5 in a K219
  • 03. 07-09. Sinfonia Concertante in E Flat K364
  • 04. Violin Concerto No. 5 In A Major, K. 219: I. Allegro Aperto (Cadenzas - Joachim)
  • 05. Violin Concerto No. 5 In A Major, K. 219: Ii. Adagio (Cadenzas - Joachim)
  • 06. Violin Concerto No. 5 In A Major, K. 219: Iii. Rondeau [Tempo Di Menuetto] (Cadenzas - Joachim)
  • 07. Sinfonia Concertante In E-Flat Major, K. 364: I. Allegro Maestoso
  • 08. Sinfonia Concertante In E-Flat Major, K. 364: Ii. Andante
  • 09. Sinfonia Concertante In E-Flat Major, K. 364: Iii. Presto

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
第1番が一番ピリオド奏法っぽいです。第5番...

投稿日:2016/06/30 (木)

第1番が一番ピリオド奏法っぽいです。第5番はトルコ風の鳴り物があまり賑やかではありません。お目当ての協奏交響曲が一番満足できました。フラングとリザノフのアンサンブルがいいです。

ガメラ さん | 群馬県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品