モーツァルト(1756-1791)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

ピアノ協奏曲第19番、第23番 ポリーニ、ベーム&ウィーン・フィル

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4779376
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DGオリジナルス
ポリーニ&ベーム/モーツァルト:ピアノ協奏曲集


1976年4月、ウィーン・ムジークフェラインザールでのセッション録音(ステレオ)。若きポリーニが巨匠ベーム指揮するウィーン・フィルと共演して話題となったディスク。超絶技巧ばかりが自分の音楽の魅力ではないことを証明したポリーニの端正で粒の揃った美しいソロ、楽員の自発的アンサンブルが音楽の息づきをニュアンス豊かに伝えるというウィーン・フィルならではの演奏が絡み合って感銘深いモーツァルト像が確立されています。バランス・エンジニアは名匠ギュンター・ヘルマンスが担当、アナログ完成期の落ち着いた良い音質でモーツァルトが楽しめます。

【収録情報】
モーツァルト
・ピアノ協奏曲第23番イ長調K.488
・ピアノ協奏曲第19番ヘ長調K.459

 マウリツィオ・ポリーニ(ピアノ)
 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
 カール・ベーム(指揮)

 録音時期:1976年4月
 録音場所:ウィーン、ムジークフェラインザール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 OIBPリマスタリング

収録曲   

  • 01. Mozart: Piano Concerto No. 23, K.488: I. Allegro [11:16]
  • 02. II. Adagio [07:17]
  • 03. III. Allegro assai [08:04]
  • 04. Piano Concerto No. 19, K.459: I. Allegro vivace [12:38]
  • 05. II. Allegretto [08:31]
  • 06. III. Allegro assai [07:28]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
良かったです。 ポリーニの剛腕を聴くよう...

投稿日:2020/04/16 (木)

良かったです。 ポリーニの剛腕を聴くような曲ではありませんが、ベーム・ウイーンのバックは本当に聴いていて安心できます。 このCDを聴いていると、ポリーニがカラヤンとの共演をしなかった理由が、素人の私にもわかるような気がします。 録音も優秀でした。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

1
★
★
★
★
★
ポリーニの中では最もマイルドな部類に入る...

投稿日:2018/11/18 (日)

ポリーニの中では最もマイルドな部類に入るのではないでしょうか?否定するようなところは全くないのですが、それが難ともいえます。ポリーニの顔が見えない印象で、それに比べベームとウィーンフィルがしっかり出ている感じです(私の好きな23番よりも19番のほうがポリーニの顔が見える印象)。こういっておきながら躊躇なく★5であるところがなんとも不思議な演奏です。そこにはただモーツァルトが居るだけなのかもしれません。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

1
★
★
★
★
★
SACDのシングルレイヤーを求めたが、オリジ...

投稿日:2013/04/15 (月)

SACDのシングルレイヤーを求めたが、オリジナルスのCDの方が、私のオーディオでは音が良い。演奏についてはLP時代からの愛聴盤で、ベームとウィーンとくれば悪かろうはずもない。

変ロ長調 さん | 京都府 | 不明

2

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト