CD 輸入盤

交響曲第1番『巨人』、第4番、第5番、第6番、第7番、第9番、大地の歌 ハンス・ロスバウト&南西ドイツ放送交響楽団、ケルン放送交響楽団(1951〜1961)(8CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SWR19099CD
組み枚数
:
8
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ロスバウト、ドイツの放送局でのマーラー録音を集大成

SWRが進めるハンス・ロスバウト・エディションの第11弾。ドイツの放送局(SWR、WDR)で録音されたマーラーを全て集めた嬉しい企画です。このうち第1番、第7番、第9番、『大地の歌』などはこれまで他のレーベルからの復刻がありましたが、今回初めてSWRとWDRのオリジナル・マスターテープから新たにリマスタリングされてのリリースとなります。鬼才の残した特異なマーラーの全貌が、初めて明らかになります。(輸入元情報)

【収録情報】
Disc1
マーラー:
● 交響曲第1番ニ長調『巨人』


 南西ドイツ放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1961年9月11-16日、放送用セッション バーデンバーデン スタジオV(ハンス・ロスバウト・スタジオ)

Disc2
● 交響曲第4番ト長調


 エヴァ・マリア・ローグナー(ソプラノ)
 南西ドイツ放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1959年5月14日、放送用セッション バーデンバーデン スタジオV(ハンス・ロスバウト・スタジオ)

Disc3
● 交響曲第5番嬰ハ短調


 ケルン放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1951年10月21日、ライヴ 西部ドイツ放送(WDR)

Disc4-5
● 交響曲第6番イ短調『悲劇的』
(第2楽章:スケルツォ、第3楽章:アンダンテ)

 南西ドイツ放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1961年4月6日、放送用セッション バーデンバーデン スタジオV(ハンス・ロスバウト・スタジオ)

Disc6
● 交響曲第7番ホ短調『夜の歌』


 南西ドイツ放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1958年2月18,20日、放送用セッション バーデンバーデン スタジオV(ハンス・ロスバウト・スタジオ)

Disc7
● 交響曲第9番ニ長調


 南西ドイツ放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1954年1月7日、放送用セッション バーデンバーデン スタジオV(ハンス・ロスバウト・スタジオ)

Disc8
● 大地の歌


 グレイス・ホフマン(メゾ・ソプラノ)
 エルンスト・ヘフリガー(テノール)
 ケルン放送交響楽団
 ハンス・ロスバウト(指揮)

 録音:1955年4月18日、ライヴ 西部ドイツ放送(WDR)

 全てモノラル録音

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品