SACD 輸入盤

交響曲第8番『千人の交響曲』 ヤンソンス&コンセルトヘボウ管弦楽団(+BD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
RCO13002
組み枚数
:
1
レーベル
:
Rco
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド, Blu-ray Disc付き,輸入盤

商品説明

ヤンソンス&コンセルトヘボウ/マーラー:交響曲第8番
同内容の全曲演奏を収録した映像特典つき


ヤンソンス指揮コンセルトヘボウ管によるマーラーの第8交響曲がSACDハイブリッド盤で登場。演奏内容は、2012年秋にリリースされた『マーラー:交響曲全曲ライヴ映像』に含まれていたものと同じですが、このたびその映像もボーナス・ブルーレイディスクに収録されるという嬉しい配慮がなされています。
 マーラーの第8交響曲は、オーボエ4、イングリッシュホルン1、ホルン8のほか、チェレスタ、ピアノ、ハルモニウム、オルガン、ハープ2、マンドリンも擁する巨大オーケストラに加えて、児童合唱団や2組の大合唱団、さらには多くの独唱者たちというその特異な編成もさることながら、全曲の最初と最後に山場が置かれる独特の構成や、その間のさまざまな楽器の組み合わせによる多様なひびきのおもしろさ、カンタータやオラトリオをおもわせるセレモニアルな性格に特徴があります。
 また、そのいっぽうで、長丁場のドラマ作りが難しい作品ともいえますが、そこはヤンソンスのこと、中盤過ぎまで抒情的な部分が占める第2部では、埋もれがちな細部の掘り起こしにも余念がなく、第1部の冒頭主題が回帰する第2部終結部に至る道のりをていねいな音楽づくりで手堅くまとめあげています。
 このたびの第8番のリリースにより、第2番、第3番と併せて、ヤンソンスが交響曲全曲ライヴ・シリーズ中に担当した3曲すべてがすべてSACDで出揃うことになります。(キングインターナショナル)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第8番変ホ長調『千人の交響曲』

 クリスティーン・ブルワー(ソプラノ1:罪深き女)
 カミラ・ニルンド(ソプラノ2:贖罪の女)
 マリア・エスパダ(ソプラノ3:栄光の聖母)
 ステファニー・ブライス(アルト1:サマリアの女)
 藤村実穂子(アルト2:エジプトのマリア)
 ロバート・ディーン・スミス(テノール:マリア崇拝の博士)
 トンミ・ハカラ(バリトン:法悦の神父)
 ステファン・コチャン(バス:瞑想の神父)
 バイエルン放送合唱団
 ラトビア国立アカデミー合唱団
 オランダ放送合唱団
 オランダ国立少年合唱団
 オランダ国立児童合唱団
 ロイヤル・コンセルトへボウ管弦楽団
 マリス・ヤンソンス(指揮)

 録音時期:2011年3月4日、6日
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND

【Blu-Ray Disc】
 1080i HD 16:9 / Region All
 音声:LPCM ステレオ、24bit / DTS HD MA 5.0
 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。

収録曲   

  • 01. Veni, Creator Spiritus
  • 02. Imple Superna Gratia
  • 03. Infirma Nostri Corporis
  • 04. Accende Lumen Sensibus
  • 05. Veni, Creator Spiritus
  • 06. Gloria Patri Domino
  • 07. Poco Adagio
  • 08. Ewiger Wonnerbrand
  • 09. Wie Felsenabgrund Mir Zu Fssen
  • 10. Gerettet Ist Das Edle Glied
  • 11. Uns Bleibt Ein Erdenrest
  • 12. Hchste Herrscherin Der Welt!
  • 13. Dir, Der Unberhrbaren
  • 14. Bei Der Liebe, Die Den Fssen
  • 15. Neige, Neige, Du Ohnegleiche
  • 16. Komm! Hebe Dich Zu Hhern Sphren!
  • 17. Blicket Auf Zum Retterblick
  • 18. Alles Vergngliche

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ヤンソンス / RCO マーラー8番は SACD+BD...

投稿日:2021/03/27 (土)

ヤンソンス / RCO マーラー8番は SACD+BD の豪華でありがたいセット。ハイレゾ音源を綺麗な映像見ながら聴けるなんて、この上なく悦ばしい。この曲の演奏にありがちな、大風呂敷を広げるような表現ではなく、きっちりとした構成感のある美しい「千人の交響曲」に仕上げている。纏まりが良いと言ってもスケールが小さいわけではなく、朗々として恰幅のある音楽が鳴っている。ヘボウのアコースティックも味方して、柔らかく美しい極上の響き。独唱陣も豪華な顔ぶれで、このようなステージに、我が藤村実穂子の姿があるのは誇らしい限り。児童合唱の活躍は特筆もので、完成度の高い澄みきった歌声を聴かせている。録音も優秀で、音の分離が良く、オケの各楽器、独唱、コーラスも混濁することなく定位が良くわかる。このような規模の曲としては最優秀録音の部類。美しい響きに浸り、満足感の味わえる素晴らしい演奏。皆さんにおすすめしたい。

rela-cla88 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
とてもとても素晴らしい演奏です。私はロイ...

投稿日:2021/03/03 (水)

とてもとても素晴らしい演奏です。私はロイヤル・コンセルトヘボウのマーラー全集の映像で、このヤンソンスの8番を知りました。あまりの素晴らしさにCDもほしいと思い、購入しました。この商品にも同じブルーレイがついていますので、それは無駄になりましたが、それでも後悔はありません。 とてもいいですよ。私はラトルとベルリンフィルの演奏より、こちらの方が好きです。良し悪しは分かりませんが、こちらの演奏の方が私の耳にスッと入ってきました。もちろん好みだと思いますので、ラトルの方が良いという方もいらっしゃると思いますが、ヤンソンス好きの方には是非おすすめします。 ヤンソンスの多くのCDの中でもとても素晴らしい演奏だと思います。

よし さん | 不明 | 不明

0
★
★
★
★
★
私が聴いてきたなかで、最も美しいマラ8だ...

投稿日:2014/05/06 (火)

私が聴いてきたなかで、最も美しいマラ8だと思います。オーケストラ、ソロ歌手陣、合唱団のバランスが完璧。ヤンソンスの指揮ぶりの見事さが光ります。付属のBDがテレビ接続のBDレコーダーでは見られず、パソコンでの視聴のみとなったのがちょっと残念でした。

ワグネリアン中級 さん | 東京都 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品