CD

交響曲第2番『復活』 バーンスタイン&ニューヨーク・フィル、ルートヴィヒ、ヘンドリックス(2CD)

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG4680
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

スタンダード・コレクション
バーンスタイン/マーラー:交響曲第2番『復活』(2CD)


20世紀最高の交響曲作曲家として人々から愛され続けているマーラー。この第2番は英雄の死と復活をテーマに、生きることの意味を追求する哲学的な内容を持った交響曲です。怖れと甘美さ、戦慄と優美な憧れといった両極の感情が作品に内在する作品で、終楽章は最後の審判と復活を描いた一大叙事詩となっています。
 バーンスタインが長く音楽監督を務め桂冠指揮者の称号を受けたニューヨーク・フィルハーモニックを指揮しています。(ユニバーサルミュージック)

【収録情報】
・マーラー:交響曲第2番ハ短調『復活』
 バーバラ・ヘンドリックス(ソプラノ)
 クリスタ・ルートヴィヒ(アルト)
 ウェストミンスター合唱団
 ニューヨーク・フィルハーモニック
 レナード・バーンスタイン(指揮)

 録音時期:1987年4月
 録音場所:ニューヨーク、エイヴリー・フィッシャー・ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

【ユニバーサル・クラシックス スタンダード・コレクション】
ドイツ・グラモフォン、デッカが誇る豊富な音源から厳選された名盤や、2010年&2011年のアニバーサリー作曲家、来日予定アーティストのアルバムなどをミッド・プライスで再発売!

第1回発売:10月6日 50タイトル(DG25タイトルDECCA25タイトル
第2回発売:11月10日 50タイトル(DG24タイトルArchiv1タイトルDECCA25タイトル

内容詳細

第2番はマーラーの声楽付き交響曲の第1作で、作曲家としての出世作となった曲でもある。生と死をテーマに、対照的な2つの感情、意識が交錯する。バーンスタイン独擅場の気宇壮大な物語が展開する。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   2

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
マーラー交響曲に関しては私は拾い聴きでも...

投稿日:2013/08/17 (土)

マーラー交響曲に関しては私は拾い聴きでも一応1960年代NYPOを振ってのバーンスタインLP盤はその血肉に迫った本物として扱っておりました。交響曲第2番「復活」については1963年収録された盤(演奏タイム@23’35A11’35B10’05C〜D39’25)だったのですが結構迫力があり当時としては有数の演奏に数えても差し支えないと思っておりました。あれから二十余年経ってバーンスタインが69歳となった1987年同じオーケストラNYPOを指揮してのライブ録音分が本LP,CD盤(同@24’52A11’58B11’23C6’15D38’33)で指揮者晩年のテンポスローが極端に出て高音弦の不安げなトレモロをバックにズシリと重低音で開始する第1楽章からもう有無を言わせない感じです。大体マーラーの交響曲群でその曲構成の分り良さ等から私が気に入っている一つにこの「復活」があり、今触れた第1楽章でのバーンスタインのアプローチは緩やかな部分での語りを絶妙に施しつつ管とティンパニーを強調して効果を上げて行きます。この楽章〆への攻め具合も段落移行時の引き付けを充分とりつつなので「凄み」に結びついて行くのです。又、この演奏の特徴として強音迫力だけではなく管弦の細長い弱音も灰色曇天の中に差し込む陽の光のような神々しさを与えてくれます。その辺りのニュアンスはバーンスタイン独自のものなのでしょう。一方、独唱を受け持つヘンドリックス(S、当時39歳)とルートヴィヒ(MS、同59歳)については年齢的な制約からちょっと「どうかな」とも思った箇所もありますがまぁ落ち着いてた運びと思います。風雲急を告げ終わりの二楽章に入って行きますが割りと丁寧な運びでこうした宗教世界とは無縁な我々にでも何か訴えが届く雰囲気で正しく曲の良さと演奏良さとの賜物かと思います。大体この曲は曲の音程・旋律がそう難しくなく最終楽章の壮大な合唱(本盤は名門ウエストミンスターCO)までとにかく引きずり込まれます。全体としてバーンスタイン年を取っただけの円熟味ある名曲「復活」交響曲で是非皆さんに聴いて欲しい最高ランク盤です。(タイムについては盤により多少異なる場合があります)

1
★
★
★
★
★
マーラーの交響曲第2番の優れた名演が、最...

投稿日:2011/03/19 (土)

マーラーの交響曲第2番の優れた名演が、最近相次いで登場している。昨年以降の演奏に限ってみても、パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送交響楽団、インバル&東京都交響楽団、そしてラトル&ベルリン・フィルが掲げられ、その演奏様式も多種多様だ。また、少し前の時代にその範囲を広げてみても、小澤&サイトウキネンオーケストラ(2000年)、テンシュテット&ロンドン・フィル(1989年ライブ)、シノーポリ&フィルハーモニア管弦楽団(1985年)など、それぞれタイプの異なった名演があり、名演には事欠かない状況だ。このような中で、本盤におさめられたバーンスタインによる演奏は、これら古今東西の様々な名演を凌駕する至高の超名演と高く評価したい。録音から既に20年以上が経過しているが、現時点においても、これを超える名演があらわれていないというのは、いかに本演奏が優れた決定的とも言える超名演であるかがわかろうと言うものである。本演奏におけるバーンスタインの解釈は実に雄弁かつ濃厚なものだ。粘ったような進行、テンポの緩急や強弱の思い切った変化、猛烈なアッチェレランドなどを大胆に駆使し、これ以上は求め得ないようなドラマティックな表現を行っている。また、切れば血が出るとはこのような演奏のことを言うのであり、どこをとっても力強い生命力と心を込めぬいた豊かな情感が漲っているのが素晴らしい。これだけ大仰とも言えるような劇的で熱のこもった表現をすると、楽曲全体の造型を弛緩させてしまう危険性があるとも言える。実際に、バーンスタインは、チャイコフスキーの第6、ドヴォルザークの第9、シベリウスの第2、モーツァルトのレクイエムなどにおいて、このような大仰なアプローチを施すことにより、悉く凡演の山を築いている。ところが、本演奏においては、いささかもそのような危険性に陥ることがなく、演奏全体の堅固な造型を維持しているというのは驚異的な至芸と言えるところであり、これは、バーンスタインが、同曲、引いてはマーラーの交響曲の本質をしっかりと鷲掴みにしているからにほかならない。バーンスタインのドラマティックで熱のこもった指揮にも、一糸乱れぬアンサンブルでしっかりと付いていっていったニューヨーク・フィルの卓越した技量も見事である。ヘンドリックスやルートヴィヒも、ベストフォームとも言うべき素晴らしい歌唱を披露している。ウェストミンスター合唱団も最高のパフォーマンスを示しており、楽曲終結部は圧巻のド迫力。オーケストラともども圧倒的かつ壮麗なクライマックスを築く中で、この気宇壮大な超名演を締めくくっている。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

9
★
★
★
★
★
バーンスタインのマーラーは、誰も踏み入る...

投稿日:2010/12/30 (木)

バーンスタインのマーラーは、誰も踏み入ることのできない前人未到の領域に達しているが、『復活』交響曲はバーンスタインに最も似合っている曲ではないだろうか?気宇壮大であり、劇的であり、何度聴いても心が高揚させられる。聴いているだけでバーンスタインがタクトを振り回し、指揮台で何度もジャンプしているのが想像できてしまう。演奏時間は93分も掛かっているが、全く遅いと感じない。バーンスタインの晩年の指揮は遅いものが多い。しかし、私はその遅さに違和感を感じたことがない。それどころかマーラーが表現したかった音楽と感情を、バーンスタインは力の限りに鳴らし、響かせ、そして語りかけている。バーンスタインのマーラーは遅いのではない。深いのである。だから聴き手の心が揺さぶられるのである。マーラーを聴きたいのであれば、まずはこのバーンスタインが指揮した『復活』を聴くべきである。音楽を聴いて心の底から喜びと感動を与えてくれる演奏はそうはない。

Straussist さん | 香川県 | 不明

8

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト