CD

交響曲第6番『田園』、『レオノーレ』序曲第3番 ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団(1988)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCD4656
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ベートーヴェン:交響曲第6番『田園』、『レオノーレ』序曲第3番(1988年録音)
ゲオルグ・ショルティ&シカゴ交響楽団


ベートーヴェンの音楽的理念を、ショルティがシカゴ響の持つ機能美を最大限に駆使して明確に提示したアルバム。第6番における人間味あふれる巧みな自然描写が絶品。初出時のカップリングでの再発売。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:
● 交響曲第6番ヘ長調 op.68『田園』
● 『レオノーレ』序曲第3番 op.72b


 シカゴ交響楽団
 サー・ゲオルグ・ショルティ(指揮)

 録音時期:1988年5月
 録音場所:シカゴ、オーケストラ・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

ショルティによる二度目のベートーヴェン交響曲全集からの一枚。高い合奏能力で透明感あふれる響きを創り出した第6番「田園」、絶妙なバランスで描く「レオノーレ」を収録。CSOの機能美を最大限に駆使した演奏だ。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ショルティのベートーベン全集は第一回録音...

投稿日:2020/01/29 (水)

ショルティのベートーベン全集は第一回録音の方がより主張がはっきりしており、「これでもか」が本当に素晴らしかったのですが、唯一、田園のみは新盤の方を採りたいと思います。 この2回目の田園は、機能性あふれるオケの演奏の典型ともいえる名演でした。

古き良き時代 さん | 大阪府 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品