SACD 輸入盤

交響曲第9番『合唱』 ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SFS0055
組み枚数
:
1
レーベル
:
Sfs
:
Europe
フォーマット
:
SACD
その他
:
ハイブリッド,輸入盤

商品説明

ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団のベートーヴェンの第九!
会心の「歓喜の歌」が高らかに響き渡る!


2011−2012シーズンで創立100周年を迎え、2012年11月の日本公演でも大成功を収めたマイケル・ティルソン・トーマスとサンフランシスコ交響楽団。第5番『運命』(SFS0037)第7番(SFS0054)、キーピング・スコア・シリーズでの第3番『エロイカ』(82193600312)に続く、アメリカ、ベイエリアが世界に誇るトップ・オーケストラのベートーヴェンは、交響曲第9番『合唱付き』!
 ティルソン・トーマスが振るベートーヴェンの第九では、アメリカとカナダの4人の名歌手たちをソリストに、合唱にはマーラーの交響曲全集でも素晴らしい歌声を披露してくれたサンフランシスコ交響合唱団を起用するなど、盤石の布陣が実現。アダムズ:ハルモニーレーレ(SFS0053)が第55回グラミー賞の「Best Orchestral Performance」に輝くなど、マーラー全集の完結後もさらに勢いを増すMTT&SFS。その音楽の力は、苦悩を突き抜けて歓喜に至ります!(東京エムプラス)

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

 エリン・ウォール(ソプラノ)
 ケンドール・グラーデン(メゾ・ソプラノ)
 ウィリアム・バーデン(テノール)
 ネイサン・バーグ(バス・バリトン)
 サンフランシスコ交響楽団&合唱団
 マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)

 録音時期:2012年6月
 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
重厚なベートーベン、今時第一線の指揮者で...

投稿日:2015/09/05 (土)

重厚なベートーベン、今時第一線の指揮者でこんな伝統的大編成の迫力を全面に出すベートーベンをやってくれるのはバレンボイム先生、ティーレマン先生(先月、バイロイトでトリスタン拝見して来ました、仰天の凄演!)ぐらいかな、と思ってましたが、うーん、素晴らしい、元祖草食系・永遠の青年、ティルソントーマス先生もそうだったんですね!でも暑苦しさはないんだな、これが。マーラー全集にも通じる透明感は確保されてるからでしょうね。

John Cleese さん | 静岡県 | 不明

4
★
★
★
★
★
他の方のレビューにもある通り、 低音とテ...

投稿日:2013/05/26 (日)

他の方のレビューにもある通り、 低音とティンパニがずんずんと団子気味に効いた迫力ある演奏です。 ロマン派と古楽派、双方の長所を取り入れたかのような演奏で、 80年代ごろまで主流だった「重厚長大路線」を踏襲しつつ、 近年の「オリジナル派」的演奏を同時に維持させています。 小難しい話はともかく、 録音も大変良く、演奏も迫力ある熱い演奏で、 最近出た第九の中では一番の大当たりでした。 これはもっと注目されていい録音だと思います。 第九好きの方は必須のアイテムだと思いますよ。

なにわん さん | 大阪府 | 不明

3
★
★
★
★
★
 最近の第9は、やけに“こじんまり”して...

投稿日:2013/03/25 (月)

 最近の第9は、やけに“こじんまり”してきたし、何だか“せっかち”になってきた。勿論、その中には個性的で、魅力的なものもある。だけど、やはり取り出す機会が多いのは“往年の”第9たちだ。  そんなとこに現れたのがM.T.トーマスの第9。正直、聴くのが怖かった。好きなコンビだけに尚更。M.T.トーマスからも“こじんまり”“せっかち”な第9を聴かせられることになるのか…。  杞憂だった…!冒頭からド迫力!低弦やティンパニの凄みといったら、私の知る中では最高・最強だ。第1、第2楽章に圧倒され、そして第3楽章。やはり“往年”たちに比べれば“あっさり”だ。しかし、美しい音楽が鳴っているのは確かで、抒情的ではありながら、前述の迫力は維持している。拳を握りしめつつ、感動に浸る風情。そしてハイライトの最終楽章。バス・バリトン、テノールのソロで「…?」となる。クレンペラーほどではないにしても、やけに自由に歌わせている。心なしか、男性陣2人とも楽しそうだ。やはり「…?」だけど、アメリカ合衆国の第9だ。自由で何が悪い?楽しそうで何が悪い?…とこんな感じ。ところが、その「…?」も、コーラスの登場で吹き飛ばされる。これまたド迫力!威圧感の一歩手前。素晴らしいを通り越えた凄いコーラス!  鄙びた感じの第9も、一服の清涼剤のような感覚で、たまにはいい。だけど、やっぱり第9はこうでなくちゃ!“往年”のヨーロッパものとは、一味もふた味も違うアメリカ合衆国の、迫力満点、パワー全開の第9だ。また、好きな第9がひとつ増えた。

masato さん | 新潟県 | 不明

9

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品