ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD

交響曲全集 久石 譲&フューチャー・オーケストラ・クラシックス(5CD)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
OVCL00700
組み枚数
:
5
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


久石 譲、渾身のベートーヴェン・ツィクルス 完結!
〜ベートーヴェンは、ロックだ!〜


久石 譲が2016年より取り組んだベートーヴェン・ツィクルスは、かつてない現代的なアプローチが話題を集めました。作曲家ならではの視点で分析したベートーヴェンは、推進力と活力に溢れています。日本の若手トッププレーヤーが集結した「ナガノ・チェンバー・オーケストラ」は、2019年、久石 譲とともに「フューチャー・オーケストラ・クラシックス」と名称新たに、世界へ発信するオーケストラとして再スタートを切ります。

● 特別装丁BOXケース&紙ジャケット仕様。
● 豪華40Pブックレットには久石 譲ロングインタビューを掲載。
● 第4番&第6番は当全集にのみ収録。他の楽曲は再収録となりますのでご注意ください。(メーカー資料より)

【収録情報】
ベートーヴェン:交響曲全集


Disc1
1. 交響曲第1番ハ長調 Op.21
2. 交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

Disc2
3. 交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』
4. 交響曲第2番二長調 Op.36

Disc3 *初登場音源
5. 交響曲第4番変ロ長調 Op.60
6. 交響曲第6番へ長調 Op.68『田園』

Disc4
7. 交響曲第7番イ長調 Op.92
8. 交響曲第8番ヘ長調 Op.93

Disc5
9. 交響曲第9番ニ短調 Op.125『合唱』

【交響曲第9番のソリスト、コーラス】
 安井陽子(ソプラノ)
 山下牧子(メゾ・ソプラノ)
 福井 敬(テノール)
 山下浩司(バリトン)
 栗友会合唱団
 信州大学混声合唱団
 市民合唱団

 フューチャー・オーケストラ・クラシックス(旧ナガノ・チェンバー・オーケストラ)
 久石 譲(指揮)

 録音時期:2016年7月16日(1)、2016年7月17日(4)、2017年2月12日(2,5)、2017年7月16日(3)、2017年7月17日(6)、2018年2月12日(7,8)、2018年7月16日(9)
 録音場所:長野市芸術館 メインホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

 *Disc1,2,4,5は、久石譲(指揮)ナガノ・チェンバー・オーケストラ名義で発売済の音源と同一。

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
☆
☆
☆

1.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
第4番と第6番が単独リリースされていないよ...

投稿日:2021/05/21 (金)

第4番と第6番が単独リリースされていないようですが、聴けば理由はわかります。金管に輝きがない、木管は平板というオケでは、さすがにアクセントや勢いで誤魔化せない田園は辛いということだと思いました。 それより問題は第9の合唱団。意図的かどうかわかりませんが録音レベルを下げて粗を見せないように努力されているようですが、これでは第9になりません。 他の曲もそうですが、ヨーロッパのオケで(できればコンセルトヘボウの音で)この指揮者の演奏を聴いてみたいものだと切に願いました。 関係ありませんが、箱の装丁は立派でしっかりとしたものです。 ライナーノートに指揮者のロングインタビューが掲載されていますが、本当にこんなこと言ったの?と思うような頓珍漢な文章ですので期待されませんように。 CDで聴く演奏解釈そのものは素晴らしいです。特に第1番、第2番の両端楽章、第4番の1楽章など感服いたしました。

jin さん | 長野県 | 不明

0
★
☆
☆
☆
☆
バラで購入してきた者に対して,No.4 & No...

投稿日:2021/05/01 (土)

バラで購入してきた者に対して,No.4 & No.6 はバラで出さずに全集を買わせようとするような企業は,芸術を扱って欲しくないですね。 演奏内容はいいのに,残念です。 (★1つは,営業のやり方に対するもので,演奏は★5つ)

Poirot さん | 東京都 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品